十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


読者の方から、9090丸和運輸機関についてコメントを頂きました。

ここに、私なりの所感を交えてご紹介したいと思います。
(頂いたコメントはそのまま茶色文字で抜粋しました)



1. 丸和の強み・独自性
一言でいえば、「愚直」「誠実」「真面目」と言ったところでしょうか。
決算説明会の資料のみで分析しましたが、
資料からも昭和を思わせるような
写真、語句の使用も「硬派」を感じます。
本業を愚直に追及する姿勢が読み取れ、
人を大切にする、社風だと感じました。
また、企業支援でも支払いサイトを短くするなど、
真に社会貢献を考えている企業だと思います。



「硬派」というのは的確な表現だと思います。
私はこれまで、当社のことを「体育会系」と表現してきました。

とにかく泥臭く、しかし顧客満足のために、
誠実な対応をしている会社であると強く感じています。
これは、先日の株主総会 の時にも実感しました。
私は当社にとって顧客ではなく、
株主という立場での接触でしたが、
ステークホルダーに対しての対応という意味では同じです。
きっと顧客に対してもこのような誠実な対応をしているのだろう、
そう思うと、顧客にとっても安心して任せられる、
また色々お願いしよう、そう思うのだろうと思いました。

こういう若気溢れる活気ある従業員がおり、
またその人財育成が適切に実施されているところが、
物流業界というきついと言われる業界の中で、
とてつもない競争優位性の源泉であるのだと考えています。

私はビジネスのことだけを考えると、
例えば支払いサイトを短くするというのは、
それだけ当社がリスクを負うやり方なので、
短期的な目線ではあまり歓迎できない動きだと思います。
しかし、長期的な目線に立つと、
長期的に良好なお付き合いをしたいという
当社としての心意気のようなものであり、
顧客との密接なアライアンス強化の戦略だと認識しており、
その限りにおいては、
このようなリスクテイクも歓迎してもよいと考えています。
社会貢献は、投資家にとっては正直二の次だと思っていますので、
もし単に「顧客のため」という社会貢献的な
視点が先行し過ぎるようであれば、留意が必要だと思います。


2.成長性について
上記の強みを活かせば成長性は十分にあると思います。
また、個人的にはネットスーパーに注目しました。
これから、高齢化が進み買い物出来ない方が多くなると聞きます。
社会の問題点を解決し、利益にも繋がるビジネスだと思います。



当社にとってネットスーパーは重要ですね。
大手のスーパーはイオン系もヨーカドー系もそれぞれ、
独自に外注なども交えて対応されているところですが、
まだまだ地方の中堅スーパーでは過渡期となっています。
イトーヨーカドーのネットスーパーでは、
当社の手掛ける桃太郎便が活躍しているわけですが、
こういう実績を携えて地方中堅への拡充が、
当社の成長ビジネスの根幹になると思います。
特に生鮮品では即日個配が重要となりますが、
当社の即日個配のノウハウはスーパー事業だけでなく、
ニトリなど他業態の小売りでも実績を作っています。

スーパーなどの生鮮品の物流で活躍する
いわゆる低温物流で売上比率を50%に伸ばすという戦略も、
ニーズが広がるという感触とも合致しており、
私はいけるのではないかと漠然と考えています。

利益面では、決して高い利益率は取れないと思いますが、
適正な利益を得て、そして顧客満足度を一定程度維持出来れば、
スイッチングコストを考えても末永くお付き合いしてもらえる
安定ビジネスへと繋がるので、当社にとっても大変よいものだと考えます。


3. 株価について
私はチャートが好きなのですが、一般的な指標(PER、四季報の理論株価)ですと普通であると思います。


何をもって普通であると判断するかは、
難しいですが、私は18.3期予想EPSを強気に380、
その時点の評価PERは控えめに12倍としており、
2年前後先を見据えた場合の目標株価は4560円としています。
ですので、ざっくり20%程度の上値余地はまだ残されていると考えます。

一方で、先日のIRセミナーの件を、
まろぴこさんが記事にして下さっていますが、
その時にEPS350、PER25倍という目標感を示されているようです。

参考:まろぴこさんの記事


これを真に受ければ、目標株価としては8750円となり、
まだ2倍以上の上値余地があることになります。

私は自分の目標株価に対してPER12倍はやや控えめ過ぎる印象もあり、
少し見直しを検討しようとも思っていましたので、
(といっても25倍はさすがにすぐには難しいと思いますが)
まだまだ今の業績推移のトレンドが続く限りは、
投資妙味は高いと判断しています。

当社の属する物流業界は
なかなか成長産業として評価されにくかったり、
財務体質などが相対的にあまりよくないということもあり、
PERも低めの評価でありますが、
それを割り引いても、まだまだ評価不足だとは思います。


4.その他
SBSと異なり愚直すぎるので、利益を度外視して、
人情に流されないか心配です。。。
一方、株主への配当を考えているので、
株主にやさしい会社だと思います。



利益を度外視して人情に流されたとまで言いませんが、
それに近いと私は認識したのが、
15.3期の1Qです。
つまり、先日の増税反動減が出た期です。

この期の決算があまりに醜いと感じたもので、
IRへ電話突撃をして色々お話を聞いたことがありました。

その時の記事はこちら

詳細は割愛しますが、
結局顧客至上主義に則った時に、
先日の株主総会でも社長が名言していましたが、
顧客にトラックがない、人がいないということで、
仕事を断るようなことはしないということに全てが込められています。

そういう姿勢は、視点を変えると、
利益度外視ということになりますが、
これは短期的には確かに合致すると思いますが、
そういう姿勢がきちんと次に活かせている、
中長期的なアライアンス強化にきちんと繋げられていることは、
むしろ投資家として見ても評価すべきことと判断しました。

実際に前期は見事1Qをリカバリして、
堅調な業績で着地してくれました。



さて、最後によくない部分についても私なりに残しておきます。

まずはこの体育会系的な規律正しい体制が持つリスクです。
どうしても社長のワンマンになりがちですし、
こういう宗教的な企業体質は、
一歩間違えるとガバナンスの問題へ進展したり、
どこかで歪が爆発するなどの危険性も孕んでいると思います。
私も株主総会で敢えて社長のリーダシップに期待しつつも、
取締役会などが適正に運用されているのか正す質問もしました。
今東芝が会計操作で騒がれていますが、
NOといえる企業文化がないと問題が大きくなりがちです。


また当社経営陣から感じるのは、泥臭さであり、
誠実さであるわけですが、戦術的な経営判断が出来るのか、
未知数な部分もあります。

社会情勢や景況感など、
マクロで動きがある時に、
適格な経営判断が出来るのかです。

コンサル会社出身でバリバリの頭の切れる
戦略立案者というようやニュアンスの人財が
ぱっと見た印象では少ないと思います。
ですから、本質的な経営手腕は未知数で、
社長の強力なリーダシップがこれまでの成功の素ですが、
それが今後も継続するかどうか、
ここはまだ未知数ともいえなくもないとも思います。
コメント
この記事へのコメント
この業界だとハマキョウレックスなんかも大分安いですよね
2015/07/27(月) 00:08 | URL | #-[ 編集]
>名無しさん
ハマキョウレックスは足元では増資による影響で、
株価は調整していますが、
長期的に見ればよい買い場のようにも見えますね。
私は既に物流業界の銘柄を買っているので、
これ以上、新たな銘柄を追加する予定はありませんが、
当社は利益率も高いように感じていますし、
中計でもそれなりの成長性がありそうですので、
きちんと調べれば面白いかもしれませんね。

コメントを頂く際には、
お手数ですがお名前を記入頂けると
円滑なコミュニケーションが出来ますので、
ご協力をお願いいたします。
2015/07/27(月) 00:43 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのんさん

お礼遅れて申し訳ありません。
SBSも丸和も大変勉強になりました。

また、私の分析に共感頂き、大変うれしく思います。

それよりも、私の記事の文字数より数倍のコメントを頂き恐縮です。

東芝についてコメントさせて下さい。

東芝は長く名門企業でクリーンなイメージがあったので本当に驚きました。。

ただし、この件は他人事とせず自分のことと考える必要があります。

いわゆる「サラリーマン文化」、上司に
物を言えない風土ではどこでもありえると思います。

また、東芝は委員会設置会社?、制度としてはガバナンスが効く、制度を導入してていたようですね。

以下が大切だと思います。

いくら立派な制度を導入しても「魂をいれないと意味がない」ということです。
これは、本件に限らず、どんな、制度、ルールでも同様だと思います。




2015/07/27(月) 07:55 | URL | とし #-[ 編集]
>としさん
こんばんは、としさん。
お礼のコメントを頂きまして、
大変恐縮です。ありがとうございます。

私自身も、としさんから頂いたコメントを元に、
改めて考えるきっかけになりました。
こちらこそ、そのような機会を頂きありがとうございます。

東芝についてコメントを頂きました。
私は当件については表面的にしか理解出来ていませんが、
としさんの仰るように、
制度やルールは例え、それがどんなに精緻なものであっても、
それを運用する「人間」がしっかりしていないと、
本質的には何もリスクは軽減出来ていないと考えます。
むしろ、制度やルールを制定したことに安堵し、
肝心の「人間」への配慮を怠るようだと、
むしろリスクが高まると考えます。

例えば、企業の個人情報の漏えいなど問題などでも、
PCを持ち出さないとか、持ち出しルールを徹底するとか、
外部メモリーを物理的に使えないようなクライアントソフトを導入するとか、
監視カメラを付けるとか色々な対策を講じるわけです。

しかし、実際に、そのような制度やルールを時に逸脱して、
悪意がある者がその気になれば、
情報の持ち出しなんて出来てしまいます。

もちろん未然の防止策としてのルールや制度は
効果があると思いますが、
最後は運用する「人」の問題だと思います。

今回の会計ルールについても、
いくらガバナンスだとか叫んでみても、
内部の人間関係に歪があれば、
それを適切にフォローしないと、
このような事態になってしまうのだと思います。

投資家としては、そういう兆候がないか、
よく観察したり、時に経営者に質問をしてみたりとする中で、
人を大事にしているかどうかという尺度で評価して、
そのリスクを軽減するしかありません。

ですから、私は投資をするときには、
あまり意味はないかもしれませんが、
可能な限りで「人」を見るようにしています。

としさんの仰っていることは私もとても共感するものでした。
2015/07/27(月) 23:41 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/560-293d36c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り