十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


 私はマクロ経済のことなど疎くて、
 正直、先行きを読むことなんて不可能だと感じています。

 先行きの経済状況を読むことは不可能と知らぬ存ぜずで、
 「我がPFに影響はなし」と、投資家の心理戦とは無縁でありたい、
 基本的にはそのように考えています。

 しかし、一方で、ここまで「リスク」に対して無防備でよいのか、
 そう考えてもいるわけです。

 このような不確実性が高い時に、
 それをリスクが高い状況と言われますが、
 本来、こういう時に冷静かつ尖った選力眼で
 投資を行うからこそ、リターンも大きく得られるわけです。
 ですから、今のこのリスクが自分にとって受容出来ると判断すれば、
 積極的にリターンを狙っていくべきなのだと思います。

 まさに実力が試される時なのだと考えます。

 では、私はそんな今のリスクに対して、
 受容出来るのかどうかという話になります。

 「我がPFに影響はなし」は、今の私の中では、
 半分は冷静な銘柄毎のアウトルックで判断をしている部分もあります。
 しかし、どこかで放置していてもいいだろうという
 打算的な考えがないわけでもありません。

 シュッピンに対して、
 元々、国内のEコマースの成長性を評価して投資・保持しているわけですが、
 では、中国の今のリスクの高まりを
 全く無視してよいのか、ここは判断が難しいところです。

 冷静に考えれば、Eコマースの成長性だけで十分投資妙味があるわけですから、
 今のリスクなど積極的に取っていってもいいとも思います。

 しかし、中国のリスクなど、そこまで大きくはならないだろうという、
 打算的、感覚的な判断がないともいえません。

 ここでリスクを取るということに対しては、
 合理的な判断と非合理的は判断の半々くらいといった感覚なのです。

 では、その受容した際のリターンについてですが、
 確かに私はTOPIXにも負け、
 多くの優秀な投資家の皆様にも水をあけられている状況です。
 しかし、現時点で年利回りの目標は達成しています。
 来年以降の継続的な資産増を展望して、
 リスクを取ることを絶やしてはなりませんが、
 無用なリスクを積極的に取ることもないわけです。

 まして、「なんくるないさ」とリスクを「放置」するような、
 知らぬ存ぜずなど、言語道断なわけです。

 私は自らが冷静かつ尖った選力眼を持ち合わせているとは考えていません。

 ですから、半分の自分がきちんと認識出来ているリスク分は、
 そのままリスクを取りリターンを求めていく、
 一方半分のやや「放置」ともいえなくもない打算的なリスク分は、
 ヘッジしておくべき、そんなことを考えるようになりました。

 今の私の行動がヘッジしていることになっているのか、
 そこは判断も難しいところですが、
 まずはドル建てのETFを半分現金化し、
 現金比率を高めるために個別銘柄を少し売っています。
 そして更に、インバースETFを組入れるという
 私にとっては禁じ手にも手を染めてみました。
 
 目標株価に達していないものを一部売ってみたり、
 値動きを読むようなETFを取引してみたり、
 自分のルールを逸脱しているわけですが、
 前述のリスクとリターンの状況から
 チャレンジしてみようと思って対応してみました。


 どうなるかわかりませんが、
 自分がどういうリスクを受容して、
 そしてそのリスクに見合ったリターンをきちんと得られるよう、
 今後も頑張っていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/545-31268df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り