十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


 今日は保有株で優待変更が相次いで発表されました。

 まず朝の寄り付き直前にひらまつが優待変更をリリースしました。

 ひらまつの優待変更リリース (PDFファイル)

 内容としては、オンラインショップでのワインが2割引で購入できるという、
 従来の制度に追加された改善となります。

 正直、私はアルコールは体質が弱くあまり頂けないですし、
 そもそも元値がとても高いワインばかりなので、
 恩恵には預かれないと思います。

 そんなことより、リリース文の中に
 以下のセンテンスがあります。


************************
日本で唯一高級レストラン群(ブランドポートフォリオ)をもって公開した当社グループは、「株主様=顧
客」という基本概念を一貫して推し進めております。高級レストランとは、いかに顧客数を確保するかが経
営の生命線であり、株主様に顧客となっていただくことを我々の目標
にしております。
今回の変更につきましては、従来よりいただいておりましたご要望にお応えすることに加え、より幅広く
投資家層の拡大をはかり、ヨーロッパの料理文化において重要な位置を占めるワインをもっと身近に感じ
ていただくことを目的としております。
株主様におかれましては、顧客であると同時に私たちのファミリーであることをご理解いただけましたら
幸いです。
************************

 
 優待の内容云々の前に、
 私はこのセンテンスに注目をしました。


 私のように新たに株主になり、
 そしてひらまつのブランドに魅力を持ち、
 一度優待フェアに足を運んでみようという方が増えれば、
 それがファンの拡大となり、そして顧客数を確保することに繋がるわけです。
 当社の安定的な成長に必要なものを改めて認識させてくれる内容です。
 そしてそんな秀悦な料理と西洋文化に触れて、
 それに共感するファンとして株主には、
 ファミリーであるという認識をしていると記載されています。
 当社は株主還元をはじめ、株主への配慮がみられますが、
 それをファミリーという表現でリリース文に記載しています。
 これは私の中ではワイン2割引より遥かに嬉しい内容です。


 なお、当リリースがどう影響したかなど知る由もありませんが、
 本日はこの日経平均の暴騰局面でありながら、
 3%超の強い調整(下落)となっています。

 なお、ひらまつは今後レストラン事業に加え、
 ホテル事業へも参画することになりますが、
 ワインの直販についても進出を発表しています。

 従って、そのワイン直販のファンも作るという意思を感じましたので、
 今後のホテル事業についても恐らく優待を拡充させると思います。

 ただ、今のレストランの優待フェアと同様、
 それなりの値付けをして、株主でありながらも
 ファンを増やし顧客として適正な利益を計上するようなスキームになるでしょう。
 相当高級レストランのようですから、
 さすがに私が理由出来る機会はないと思いますが、
 そういう配慮が嬉しいなと思いました。

 株価のボラティリティが大きく、値動きを追いかけていると、
 一喜一憂することになりますが、
 私はこういうリリース文の中にみえる戦略やメッセージを感じ、
 成長シナリオが継続していけそうか、そんなところに注目したいと思います。



 さて、引け後にもう1銘柄、優待の変更の発表がありました。
 BS11からのリリースです。

 BS11の優待変更リリース  (PDFファイル)


 こちらにも変更の理由が記載があります。


************************
従来より株主優待制度を実施しておりますが、株主の皆様の日頃のご支援に感謝すると
ともに、当社株式への投資の魅力を高め、中長期的に保有していただける株主様の増加を図ること
を目的として、株主優待制度を変更いたします。
************************

 投資の魅力を高め、中長期的に保有してもらえるようにするためとあります。

 これは逆に、現行の通販ショッピングで使える1000円券では、
 魅力は低く、中長期で保有してもらうに足るものでないということを、
 遠回しに認めていることになります。

 揚げ足を取るような言い方ですが、
 きっとホルダーの皆がなんとかしてくれ、
 この使えない優待という声なき声を拾ってくれたわけです。

 しかも中長期的に保有すると更に増額されることも発表されています。

 商品券が使えるのはビックカメラですが、
 BS11の親会社です。
 なぜこのタイミングだったのか、どういうプロセスがあったのか、
 色々考えも及びますが、まずはポジティブに評価されると思います。
 なにせ、今回の優待込みの配当利回りは4%を超えてきます。
 丸和運輸のような感じですね。

 ただPTSで7%程度上昇していますが、
 これは眉唾だと思っています。
 確かに優待の変更(実質新設のようなものと評価されるでしょう)で、
 ここまで騰がるのは理解が出来ません。
 しかし、こういうリリースを通して、
 銘柄の認知度も上がるきっかけにはなるでしょう。
 こういう時に、出遅れているパフォーマンスも
 なんとか復調してくれるといいなと思います。



 さて、優待については、私はあまり取り上げたことがありませんでした。
 そもそも優待は投資の中では完全に「おまけ」であると理解しています。

 確かにもらえれば嬉しいですし、
 意識しないわけではありませんが、
 優待の有無が投資判断には左右されないようにしたいなと思っています。
 (これはスタンスの問題で、桐谷さんのように優待投資で成功される方も多数いますね)

 業績の成長こそ株価の上昇の本質的理由であり、
 その他の需給や優待有無・内容などは付随的なものと扱い、
 これからも本末転倒のようなことにならないようにしたいものです。

 ちなみに優待は現時点の優待で以下のようになります。 
(私の弱小保有比率に応じた内容)

2686 ジーフット 商品券 10,000円
4245 ダイキアクシス なし
9090 丸和運輸機関 なし
3179 シュッピン 優待券  5.000円
9787 イオンディライト トップバリューレトルトカレー2,500円相当分
3277 サンセイランディック 非常食用パン3種
2352 エイジア 1000円クオカード(議決権行使でオリーブオイルかクオカード500円)
9467 アルファポリス 自社製品2冊?
3844 コムチュア なし
3079 DVx クオカード2,000円
9414 日本BS放送 ビックカメラ商品券3,000円
2384 SBSHD なし
1413 桧家HD なし
2139 中広 なし
2764 ひらまつ 優待フェア、各種割引券

コメント
この記事へのコメント
いつもブログ拝見させていただいております。
まるのんさんは今年エイジアの株主総会に参加されますか?参加されるなら内容をまたブログにアップしてただけると嬉しいです。
2015/06/24(水) 08:12 | URL | ヒロ #-[ 編集]
>ヒロさん
こんにちは、ヒロさん。
いつも当ブログをご覧頂いているとのこと、ありがとうございます。
またコメントを頂戴しましてありがとございます。

エイジアはぜひとも参加したいと思っていましたが、
どうしてもこの時間帯は本業のサラリーマンとしての予定があって、
これがどうにも調整が出来ず、今年は出席ができません。

私も動向を生の声で、そして質問をたくさんしたかったのですが、
残念でなりません。

どなたか参加される方がいれば、
私もぜひレポートを拝見したい次第であります。

お役に立てずに申し訳ありません。
2015/06/24(水) 23:47 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/537-db321da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り