十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



 前回の記事では築地での食材の仕入れは、
 投資の判断を下すことと共通的なことが多いと感じたことを
 ご紹介しました。


 築地といえば、やはりおいしいものが頂ける食事でしょうか。

 そして多くの人が思い浮かべるのは寿司でしょうか。
 確かに築地市場には多くの寿司屋があります。


 築地市場には、場内市場と場外市場とがあって、
 場内市場は元々はプロの仲卸しや仲買人が取引をする場所です。
 そんな場内の食堂街も元々は彼らの
 食事や休憩のために営業されていたのです。
 ですから、寿司はもちろん喫茶店やラーメン、カレー屋、
 吉野屋牛丼など、多種多様なお店が連なっています。
 今では観光客も多く、一部の店はとても人気があるのです

 場外市場は観光客などを主にターゲットとしたお店が多く、
 そのため、落ち着いて食事が出来るお店や
 商品バリエーションに富んだ店など、
 こちらはこちらで魅力です。
 チェーン店なども多く、認知度も高く大変な行列の店もあります。


 築地で行列といえば、まず海鮮丼です。
 そして寿司屋ですね。

 確かに場内の寿司屋といえば、寿司大鮨文大和寿司などが有名です。
 いつ行っても大行列ですね。

 海鮮丼の大江戸仲家などもいつも大行列です。

 私も一通り頂いたこともあるのですが、
 確かにどの店もとてもおいしいと思います。
 ただ2時間、3時間並べないときもあり、
 もっと他にもおいしいお店が沢山あるのです。

 だいたいこういうお店はメディアにもたくさん露出していて、
 海外からの観光客のガイドブックにも
 掲載されているので殺到しているわけです。

 しかしそんな軒を連ねているお店の中には、
 行列がないお店もあります。
 寿司といっても例えば岩佐寿司などは特に貝好きにはたまらないお店です。

 また寿司ではありませんが、魚料理が頂ける高はしなどはほぼ行列はありません。
 ここのあんこうや穴子もまた絶品です。

 また揚げ物の八千代は最近はチャーシューエッグという限定メニューが特集され混んでしまったのが残念ですが、
 一昔前は行列とは無縁でした。
 ここのレアに揚げられたホタテ貝柱のフライは絶品ですし、
 身がふっくらしっとりのアジフライも常識が覆ります。
 寿司だけではない築地の食の奥深さを実感できます。
 そしてこの店が行列なので、同じように揚げ物メインの小田保に最近デビューしました。
 待ち時間0分ですよ。
 そしてここのカニコロッケは、
 当然本物のズワイガニの身が沢山入っていて、
 感動しました。
 いや寿司もいいですが、このカニコロッケを
 みんな食べないでいいのか!?と本気で思うわけです。 

 この小田保はたまたま最近メディアに露出していないのか、
 それとも他のお店の露出が支配的で光が当たらないのかわかりませんが、
 こういうお店を発掘するのがまた楽しいなと思うのです。
 (もっとも、小田保だって有名店なのでそもそも発掘という程レアなお店ではないですが)


 ちょっと強引かもしれませんが、
 こういう光景も投資に見られることに通ずると思うわけです。


 メディアに多く露出しているお店は、
 確かにそれなりの高い質があって満足度もあります。
 しかし、費用対効果という点では決して値段も安くはなく、
 かつ相当時間を並ばないとなりません。
 寿司や海鮮丼というイメージ先行もあり、
 それを食べないと始まらないと思いがちです。

 投資銘柄の選定でも雑誌やラジオなどで
 アナリストレポートなどで露出している銘柄は、
 確かにある面では質も高く、
 一定のリターンももたらしてくれる可能性もあるのだと思います。
 しかし、そういった思惑で株価も大きく動くこともあり、
 バリエーション的に納得して買える水準であることは少なく、
 少しジャンピングキャッチしないといけないかもしれません。
 イメージ先行でセクターや規模も気が付けば
 主力大型銘柄に偏り、それらを買わないと始まらないと思いがちです。


 築地に行くとついつい、メディア露出の店や寿司か海鮮丼かという
 思考に陥りがちですが、(それはそれでとてもいいのですが)
 それだけではなく、和食でも揚げ物でも「おいしいもの」は沢山あるのです。
 行列が出来ているとかイメージだけでお店を決めてはもったいないかもしれません。

 ちなみにもうひとつのお気に入りは築地のおにぎりです。
 豊丸という場外のお店です。

 最近、少しテレビに出てしまい(?)混雑しているのが残念ですが、
 具材がとてもバリエーション豊かで、築地らしいものも多いです。
 穴子はとろけるようにおいしいですし、
 ツナもきちんと良質なマグロを処理しています。
 エビ天もプリッと新鮮なエビの揚げたてです。

 本質的においしいものはなにか、
 そのためにどれだけお金を支払うか、
 そのバランスで満足感、納得感が高いお店は、
 決して人気投票だけでは決まりません。
 行列がないお店でも、とてもよいお店はあるのです。

 そういうお店を探して小さな感動を得ることは、
 中長期銘柄を自分で見つけて感動する感覚と近しいなと思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/520-97fd1a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り