十分な教育資金と老後資金のために


 私はなかなかのドケチ生活を送っています。
 
 日常のスーパーで買い物をする場合、
 我が家では原則として半額の割引品しか購入しません。

 今日の夕飯にお肉を食べよう!と肉を買いに行ったはずが、
 半額の割引又はそれに準ずるグラム単価でなければ、
 お肉は購入出来ません。
 気が付くと半額に値引きされた切り身の魚を買って帰って、
 その日の食卓は焼肉のはずが魚のムニエルになっているなんてことも、
 日常茶飯事です(笑)

 各スーパーごとに値引きの時間帯は異なりますが、
 概ね傾向がありますので、だいたいスーパーに行けばだいたい
 何かは予算内で購入することが出来ます。
 万が一、お目当てのものがなければ、
 何も購入せず帰宅することもあります。
 その場合は、多少は買い溜めて冷凍してある食材を使います。

 これを家族で楽しくやっています。
 ゲーム感覚ですね。
 月の食費の封筒からちびちび使っては、
 いかに効率的な買い物が出来たかを競っています。

 私も仕事からの帰りにパトロールと称して、
 帰路のスーパーを巡回しています。

 このように楽しく出来ているから長く続いているのです。
 投資でも節約でもダイエットでもなんでもそうですが、
 楽しく出来ないと長くは続きませんからね。


 しかし、なんでもかんでも節約すればいいとも思いません。

 例えば料理をきちんとする時に大事なのは、出汁(だし)です。
 ご馳走を頂くためにはこの出汁をひくことが肝ですが、
 こういう本当に大事な基礎にはきちんと投資すべきだと思っています。

 ですので、出汁のために必要な鰹節や煮干しには拘ります。
 はっきりいって出汁さえきちんとひいていれば、
 どんな食材でもたいていはおいしくいただけますからね。


 そして拘った鰹節や煮干しをゲットするために、
 私は築地市場まで出掛けます。
 質と価格の両面で納得性があるものを買いたいからです。

 ただ、築地市場は良くも悪くも様々な思惑が入り混じった、
 思惑の街でもあります。

 観光客向けに価格を高めに設定(それでも一般的にはちょっとお得ですが)している店もあれば、
 魚の鮮度や質も感心出来ないものもあります。
 質は極上ではあるものの、価格も極上のものもあります。
 ですので、ここでもゲーム感覚ですが
 質の高い納得できるものを、
 それなりの納得価格で購入するのを楽しんでやることになります。

 私は場内市場(プロが売買する仲卸し)で小売り対応してくれる店も多いので、
 そういうところで話を聞きながら自分なりの尺度で吟味していきます。

 質と価格のバランスを熟考して、購入判断をしていきます。

 ちなみに場内市場では値切りはご法度とも言います。
 私も地元のスーパーでは半額値引きを好むように、
 とにかく値引き大好きではありますが、築地に行った時には、
 プロが適正価格をつけているので、それを疎かにはしません。
 ただ、納得しなければ買いません。

 鰹節ではあれば、質の高いものであれば1Kg3000円台後半位が相場です。
 これより安ければなぜか考えます。お店の人と話すとだいたいは理由があります。
 理由とその価格GAPに納得できれば買いますし、
 理由がよくわからないけど何故か安いというものは怖いので見合わせます。
 この自分の相場観を頼りにあとは個々に判断をしていきます。


 煮干しでも同じです。
 煮干しの場合は瀬戸内の内海のものか外海のものかでまず値段が変わります。
 内海のものはよりすっきりとした出汁がひけますし、
 外海のものはしっかりした出汁がひけます。
 そんな産地や特徴なども念頭に置きながら購入判断をしていきます。


 こういうただの買物なのですが、
 投資にも通ずるところがあるな、と思うのです。

 銘柄でも鰹節でも煮干しでもいいのですが、
 まずは自分の投資スタンス又は食材使途に応じて、
 何を重視するのか、どんな質に拘るのか、
 その時の価格はどの程度が適正なのか、
 市場からも仲卸からも値引きは要請出来ない、
 それは市場又は仲卸がきちんと値付けをしているという前提があるからです。

 そしてそれが自分にとって購入に値する価格かを、
 自分の尺度で判断していくわけです。
 その時には相場も気にします。
 株価でいえばPERかもしれませんしROEかもしれませんし、
 配当利回りかもしれません。
 食材でいえば、それぞれの食材に存在している相場です。
 天候がよくなれば相場も下がりますし、天候不順が続くと一時的に相場が急騰します。
 市場でも市場参加者の心理が好転すれば買われますから相場もあがり、
 ハリケーン級のショックが来ると一気に相場は冷え込みます。

 日常の消費の現場においても、
 投資で株式を売買する場合でも通ずるものがあるなと思いました。
 


 なお、築地市場に行けばお楽しみは食事です。
 買い物が終われば空腹を満たすためにお店に入ります。
 いつも行く店はばらばらですが、築地にはおいしいお店が沢山あって、
 いつも悩みます。
 そしてそんな時にまた投資に通ずることを思うことがあるのです。

 長くなったのでまた次回の記事にします。
 
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん おはようございます。

私のブログのコメントでのコーヒーとドーナッツの話とマーケティングもそうですが

スーパーの半額品と築地市場までも、自身の(投資の)選別眼を磨く要素にしているところが、さすがは、まるのんさんですね!

すごいこだわりだな、と感じましたけど考えてみたら、良いものを本当に適正な量を適正な価格(または割安な価格)で買いたいと思うのは皆、同じわけなんですが

実際はそれが出来ておらず、見かけだおしの安売りマジックや、お得か疑問のまとめ買いセール、奮発して買ってみたが期待はずれの高級品などを掴んでしまっているのも現状なわけなので

あらためて、しっかりと定まった自身の尺度で物事や価値を判断することの大切さを感じました。

にしても、まるのんさんと築地に行ったらいろいろ解説してもらえそうで、楽しそうなので 笑

是非いつか、ご一緒したいものです(^^)
2015/05/27(水) 06:14 | URL | カイト #-[ 編集]
おはようございます。
まるのんさんは買い物の際にも「本質的な価値」を見出しているのですね。
私もかみさんも、半額セールや割引商品を買うことは大好きですが、
半額だからと思考停止して買うかみさんに対し、
私は「本当に必要なのか?」や「半額って書いてあるけど元々の値段が高くて半額でもまだ高い」と懐疑的な目で見てしまいます。
そもそも、何故安いのか?と考えると、大半は消費期限が近づいているからですが、ごく稀に供給量に対して需要があまりなく、叩き売られている場合もあります。
そういうものを安く買えると、非常に嬉しい気分で店を後にできます。

投資で培った感覚が買い物のときに使えるのか、買い物や節約でのテクニックが投資でも活きるのか、どちらだろうかと考えるのは卵と鶏のどちらかを論ずるのに等しいと思いますが、いずれにせよ日々の生活に役立ちますね。

こういう価値観は、幾つになっても大切にしたいものです。
2015/05/27(水) 07:52 | URL | 遅咲きの桜 #-[ 編集]
今年の初めに、初めていきましたが、
ターレとかが走ってて、外国みたいでした。

仲家で、おすすめの海鮮丼を食べて満足感に浸りました。

ただ、市場はそろそろ豊洲に移ると記憶しています。
今、会社が築地と割合近いところにあるので、少し残念です。
2015/05/27(水) 16:41 | URL | fhiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
>カイトさん
こんばんは、カイトさん。
選力眼としているという程、高尚なものではありませんが
通ずるところがあるなと思って記事にしてみました。

私は自分では拘りを持つ部分とそうではない部分は明快なのですが、
その拘りも、少なくても自分の中では合理的だと自己満足しています。

仰るようにマジックもあることから、
きちんと自分の中で割安なのかどうか判断基準が必要ですね。
こういったところも株式投資と似ていますね。
自分の尺度をきちんと持つことがどれだけ大事か、
改めて私もカイトさんのコメントを通して感じました。

築地はぜひ機会があればと思いますが、
本当に詳しい人はもっと詳しいですから、
そういった方から比べれば私だって全然素人ですけどね(笑)。
2015/05/27(水) 21:57 | URL | まるのん #-[ 編集]
>遅咲きの桜さん
こんばんは、遅咲きの桜さん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

仰るように半額だから安いというわけではないのですよね。
私は半額になった後の単価で必ずチェックします。

国産生の天然本マグロなどといえば、
赤身では800円程度であれば適正と考えますが、
元値が2000円で半額となっていても、
それは決して破格というわけではないのですよね。

結局その赤身の価値が800円がフェアバリューと考えた時、
(ってそもそもマグロを前にそんなことを考えませんが(笑))
一見割引されて安いのでは!?と飛びつくのではなく、
本当にその価値とのGAPを見て投資判断をすべきなのですね。

単なる需給の不均衡でたまたま消費期限間近となったもので、
割引されているものは、中小型株の需給が悪化して、
安値で放置されているようなものですから、
非常に嬉しい気持ちになりますよね。

株式を買うのも食材を買うのも、
考えてみればある価値に対して資金を投じるという意味では
同じことですから、共通項があるのは当然のことなのかもしれませんね。
2015/05/27(水) 22:08 | URL | まるのん #-[ 編集]
>fhiyoshiさん
fhiyoshiさん、こんばんは。
今年、築地デビューされたのですね。
そして仲家に行かれたとかで、とても人気があるので、
並ばれたでしょうかね。
ちょうど、昨日書き溜めていた記事で、
今日UPした記事の中にも仲家が登場します。
おいしいお店ですよね。実家が仲卸なんですよね。

ターレーはとても危ないですが、
そもそも築地がプロの職場であるために、
我々部外者がむしろ遠慮すべきだとも思いますから、
お仕事の邪魔にならぬように楽しみたいものですね。

豊洲に移る件は色々諸問題も顕在化していますが、
今のうちに築地の市場を十分堪能したいと思います。

実は私の会社にも築地の事業所があるのですが、
ここに配属されることを本気で願っています。
毎日のランチがとても楽しいでしょうね。
ただ金欠になりそうですが・・・。
2015/05/27(水) 22:11 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/519-0eb15a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り