十分な教育資金と老後資金のために

 先週、3179シュッピンの通期決算の発表がありました。
 同時に発表された中期数値目標が好感されたのか、
 高PERによる期待を超える内容と評価されたようで、
 いわゆる出尽くしで売られることはありませんでした。

 銘柄分析シートをUPしました。

 こちら よりご参照ください。
 (PDFファイルが開きます)


 銘柄分析シートを確認する前に、
 過去の予想との答え合わせです。
 重要なのは、事前の予想の精度ではなく、
 そのGAPから自分が見据えていなかった事象が起こりえていないか、
 評価をすることです。
 想定より悪化した場合はもちろんですが、
 良化した場合も、その理由や今後の見通しも評価する必要があると思います。

 ◆2015/4/17 予想記事
  売上高     : 19,082百万円
  営業利益   :     943百万円 (4.9%)
  純利益     :     590百万円 (3.1%)
   ※()内は各利益率です


2015/1/13 予想記事
  売上高     : 18,927百万円
  営業利益   :    862百万円 (4.5%)
  純利益     :     541百万円 (2.9%)
   ※()内は各利益率です


◆会社予想
  売上高     : 17,828百万円
  営業利益   :     800百万円 (4.5%)
  純利益     :     499百万円 (2.8%)
   ※()内は各利益率です


◆実績
  売上高     : 19,166百万円
  営業利益   :     886百万円 (4.6%)
  純利益     :     563百万円 (2.9%)
   ※()内は各利益率です


 以上から、最新の予想(4/17)と実績を比較すると、
 売上は月次情報もありほぼ合致したものの、
 やや強気としていた利益はそこまでは伸びずという結果でした。
 もともと、過去の四半期単位の利益率のトレンドを元に、
 えいやーで利益率から算出していたのですが、 
 それでも会社予想よりは若干は利益率も上ブレとなりました。
 売上高の伸長率が高いために、
 利益額では会社計画より大幅に上ぶれとなりました。
 そしてむしろ利益では1月の時の予想の方が高い精度でした。
 ですが、冒頭にもある通り、そもそも精度が問題ではありません。

 売上が想定通り伸長したこと。
 利益はやや強気設定の水準までは達しなかったものの、
 計画比で高い水準であることに変わりはないこと。
 そして、今後も継続性を持って成長していけるという自信、
 それが、短信の文面にも中期目標にも、
 ストックオプションの厳しい行使条件設定にも、
 随所に垣間見れます。


 さて、冒頭の銘柄チェックシートを作成しましたが、
 やはりこれまでの成長が改めて確認できます。
 そして実は極めて順調であるため、ここで終わってもいいくらいです。
 ただ、雑感として以下メモを残します。
 内容が薄いので、時間がない方は、読み飛ばして頂ければと思います。


 当社の戦略である販管費率の低減が収益性の評価で確認できます。
 17.4%から12.8%ということで5%弱の改善がみられます。
 一方で粗利益率は2%悪化していますが、
 これは新品販売が徐々に拡大してきたわけなので、
 当然の結果です。
 全体として営業利益率は向上しております。
 当社は収益性においては、経常利益率を重視していますが、
 営業利益と経常利益に大きな率の差はありませんので、
 その重視している指標は1.9%から4.5%に改善してきています。
 それは、今期予想においても0.3%の改善を計画しており、
 その水準は過去のトレンドからも無理もしておらず、
 P3のグラフを見ても線型に成長継続というラインで、
 実現性も高いと思います。

 一方、財務は現金は少なく、棚卸資産が少ないために、
 在庫がゴミ化すればそれは大変な事態になります。
 その点では小売業としてのリスクと中古品を扱うという点で、
 それなりのリスクを認識すべきですが、
 カメラや時計といった資産性の高い資産であることと、
 ある時に急に資産価値が目減りすることはないのです。

 例えば、キヤノンのEOSのフラグシップといえば1D系ですが、
 それが急に資産がなくなるなんてことはないはずです。
 もちろん絶対はないですが、
 カメラ愛好家として考えてもそれは必然のことです。

 というわけで、相変わらず棚卸資産が多いわけですが、
 今後の回転に期待したいと思います。


 キャッシュフローは可もなく不可もなくでしょうか。
 特筆すべきことはありません。


 それより、BS上のソフトウェア仮勘定が
 急増しています。
 何か新たなサイトでも開くのでしょうか。
 もしくは新たな機能改善を行うのでしょうか。
 少し気になる動きだと思いました。


 中期数値は文言通り、インバウンド消費を織り込んだそうで、
 売上、利益水準共に1年前の開示内容から
 上方修正されており、より意欲的なものになっています。

 今回の上方修正分は、インバウンド消費という、
 まだ一過性に終わるのか、今後も数年にわたり継続していくものなのか、
 不透明と認識していますから割り引いておく必要はあるかもしれませんが、
 やはり今の株価水準を見ても魅力的です。

 実績を基点にすれば4年後に利益で3.5倍成長です。
 仮にEPSも同水準で成長するとすればEPSは165位ですから、
 現在の株価水準ではPER10倍ちょうどくらいになります。

 現時点ではPER30倍ですから、
 普通に考えると割高だなと評価されがちですが、
 必ずしもそうではないかもしれません。

 もちろん上記の4年後のEPSを元に評価するのも、
 あまりに将来の見込みを織り込み過ぎた危ない評価ではありますが。。。


 4月月次を見ても、月初のECサイトの不調があったにも関わらず、
 脅威の伸び率となっています。
 前期に増税反動減があったので、前期比の結果は割り引いて評価しなければなりませんが、
 それにしても好調です。

 ECサイトの会員数も順調に増加を辿っており、
 どこまでこの認知度向上による成長性が続くのかなと思っています。

 もちろんカメラ人口等マクロなデータから算出されたデータも、
 当社から開示されていますが、
 そんな漠然としたマクロ環境をどう捉えているかも、
 今後合間時間で思いを巡らせてみようと思います。

コメント
この記事へのコメント
ワクワクですね。
2015/05/18(月) 08:07 | URL | 沖縄から #-[ 編集]
>沖縄からさん
こんばんは、沖縄からさん。
ワクワク100%ならいいのですが、
実際にはどこかにドキドキがあったり、
ハラハラだったりがないわけでもありません。

本当に自信があるのなら、
ハラハラなんてないはずなのですが、
やはり自分が100%正しいなんてことはなかなかありえないので、
どこかでハラハラもありますが、
それも含めてワクワクしたいものです。
2015/05/18(月) 22:28 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/513-986c1ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り