十分な教育資金と老後資金のために

 2352 エイジアの15年3月期の通期決算が発表されました。

 本日は時間がないので、
 まずは、新たな銘柄チェック様式へ実績データ等最低限を反映しました。
 詳細の分析は改めて決算説明資料の開示を受けて整理をしたいと思います。
 本日は第一印象だけにとどめます。

 【銘柄分析シート】2352_エイジア


 今回の決算で一番懸念していたのは、
 15年3月期の未達ではなく、16年3月期の見通しでした。

 はっきりいって15年3月期は全く期待しておらず、
 私も未達を予想していました。
 そしてその予想は的中し、大幅な減益決算となりました。
 これは短信の中でも触れられており、
 私が以前にIRへ照会した内容と同等で納得性のあるものでした。
 私が事前に納得出来ていたのですから、
 市場も織り込み済でしょう。

 懸念しておりかつ注目していたのは、
 この15年3月期の不調の要因となった、
 小売り・サービス業を中心とした当社の顧客のシステム投資意欲が、
 どの程度長期化するのか、
 つまり、16年3月期にどの程度の影響があるのかということです。

 今回の決算はまだ考えが整理出来ておらず、
 決算説明資料並びに社長のプレゼン資料を待ちたいと思いますが、
 第一印象としてはまぁまぁかなといったところです。


 大型案件が15年3月期に投資抑制で見送りとなった分が
 16年3月期に繰り延べとなって16年3月期でV字回復を期待していましたが、
 現時点の見通しとしては、
 当社が何かと十重要指標としている営業利益ベースでは最高益には達しないようです。
 これではV字回復とはいえませんね。
 この点はやや残念な印象ではあります。

 ただ、16年3月期はレンジ開示ではありませんね。
 この理由はぜひ聞いてみたいところですが、
 大型案件のブレ幅を反映していたはずが、
 今期はそうではないといった時、
 色々なことが頭をよぎります。

 そもそも16年3月期に業績を左右する大型案件がないためにレンジ開示が必要ないということなのか、
 または、開示ポリシーが変わり、保守的に見積もっておいて、
 後から修正を出すというシナリオなのかですね。
 だとすると、EPS予想の71.58もやや上ブレ要素があるような気もします。

 結局レンジ開示をしていても15年3月期のように、
 想定外の一過性問題によりこのような結果になったことを踏まえてのことかもしれません。
 私の予想も現時点では一旦会社予想を採用しますが、
 実際には75~80くらいはいけるのではないかなと妄想しています。


 それからもうひとつ気になったのは、
 「オートメーション化」の話題についてです。
 私は当社のIRでこの話題が出たのは初めてのことと認識していますが、
 米国でのBtoBにおいて爆発的な成長が顕在化している点と、
 これを当社の事業に活用させる準備をしているということで、
 詳細は今後調査をしないとなりませんが、
 何かのイノベーションの元になってくれるといいなと思います。
 
 どうしても数値だけで評価を下そうとしてしまうと、
 こういう定性情報がなおざりになりがちですが、
 数値はこういう定性情報が実を結んで初めて形になるので、
 やはりこういう定性情報から深堀してみる必要がありそうです。

 そもそもオートメーション化の件は少し自分でも調べてみようと思います。


 短信についての感想としてもう1つだけですが、
 売上継続性と大型案件依存度でマトリックスを作成して、
 そこに経営成績を出しています。
 IRが伝えようとしている姿勢が前面に出ていて、
 個人的には大変嬉しいポイントです。



 最後に、冒頭の銘柄チェックシートを簡単にサマリしておきます。

 まず収益性については、トップラインこそなんとか増収でしたが、
 利益は減益という結果に終わりました。

 ただ利益率は依然として高い数値を保っています。
 しかも新卒採用も含めて費用先行という状況もあってのことです。

 こういった人財投資を先行投資とみれば、
 今回の短信の見た目よりは悪くないのかななどと思ったりもしています。


 また財務やキャッシュの安全性については、
 これは全くコメントがありません。
 よく安定的に事業運営されているなということで、スルーします。


 バリュエーションがEPS予想が更新され、
 現時点のPERは14倍ということです。

 今期予想を基点として、向う3ヶ年の成長性をざっくり、
 17%としておきます。
 (元々は18%成長としていたので、やや保守的にしました)

 すると18年3月期予想EPSは95になります。
 PERは17倍と現状+α程度の評価にしておきます。
 すると、1615円となります。

 従来の暫定目標株価は1620円でしたので、
 ほぼ変更なしという結果でした。
 今回は自信度を一旦管理外のEとしていましたが、
 C(中立)へ戻したいと思います。


 冒頭にも記載の通り、改めて動画などが開示されたタイミングで、
 仕切りなおして記載したいと思います。

 ただ、一言、売りの判断をするような悪材料がなくよかった、
 いや、むしろ16年3月期以降に貢献される(はず)の、
 各種施策や数値が開示されてよかったです。

 株価はどうなるかわかりませんが、
 特に動きなしではないかと思います。

 まぁ下がっても上がっても、
 特に私は今回の決算で見通しは大きく変えていませんから、放置するつもりです。

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/509-870f5e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り