十分な教育資金と老後資金のために


 今の私は負のスパイラルに陥っています。

 といつものネガティブな愚痴ではなく、
 少し前向きに考えねばならないと思っています。


 負のスパイラルとは冴えない足元のパフォーマンスのことではなく、
 銘柄発掘の取り組みにおいて、
 よくない循環が起こっているように感じています。


 (1) 現保有銘柄が売却基準に引っかからない

  これはよい意味でも悪い意味でもかもしれません。
  つまり、想定した成長シナリオが崩れたと判断されるような
  決定的な材料が出ない一方で、
  成長性が顕在化するまでに時間を要すとともに、
  それが市場の評価を受けることもなかなかなく、
  結局、目標株価に近づくような値上がりも演じてくれないわけです。
  となると、結果的に売ることが出来ないことになります。

  長期投資を心掛ける者としては、
  これは基本的には歓迎すべきものなのですが・・・。


 (2) 現金比率が逼迫して機動性に欠く

  現金比率はその時々に許容できるリスクへの対処という観点で、
  敏感になっておくべきです。
  ですから、決して現金比率を無視して、
  買いたい時に安易に買い進むというのは、
  結果がうまくいけばいいですが、そうならなかった時に
  目を当てられなくなります。

  その時々の自分のパフォーマンス、
  市場の状況などを総合的に判断して、
  上下双方向のリスクに対して、
  現金比率が適切かよく考える必要があります。

  そして、一定の基準でPFを構築し、
  あとはその構築作業がある程度落ち着いてしまうと、
  やることはなくなります。ファンダメンタルズは常に念頭に置きつつ、
  放置を決め込むことになります。
  そんな中、(1)のように売却するものがないと、
  現金比率も一定の基準で低い状態が維持されることになります。

  まして多少なりとも値上がりしていくと益々その影響は顕著になります。
  すると益々現金比率が下がり、結局新たな銘柄を買い増すなんて
  なかなか難しいものになります。


 (3) 新規銘柄の発掘モチベーションが低下する

  本来は、既存のPFの各銘柄よりも更に有望な銘柄を探し続けること、
  広くアンテナを張り、どん欲によりよい銘柄を探すことは、
  自然になされるべきです。
  しかし、ある程度PFが落ち着いており、
  現金比率も低下している中で、
  ちょっと有望な銘柄を探したところで、
  どうせすぐには買えないし・・・という残念な発想になってしまうのです。



  私の場合はこれに加えてPFの銘柄数が肥大化しており、
  ただでさえもう少し絞らないといけない状況である中で、
  なかなか的を絞れないという固有の問題も抱えています。

 

 思い返すと、投資を始めた頃、
 手探りで四季報を買い、
 PERって何?とかそんなところから独学で勉強しました。

 何を買っていいのかわからず、
 トヨタ自動車とかよく知っている銘柄の記事をチェックしていました。

 そして徐々に割安性を重視して見るようになり、
 将来の業績が安定していそうでありながら、
 割安な銘柄を探すようになります。

 全く何を買っていいかわからないわけですから、
 とにかく貪欲なわけです。
 当時の四季報は今でも私の本棚に眠っていますが、
 もう辞書のように真っ黒になっていて、
 当時の必死さがよくわかります。

 そんな中良い銘柄にも出会いつつ、
 そして適度に銘柄を入れ替えつつ、
 今ではだいぶ肥大化こそしていますが、
 それなりに安定したPFになってきたと自負しています。

 そうなると、皮肉なもので四季報を開く機会も減り、
 どん欲さがなくなっているように思います。
 実際に四季報が真っ黒になることも最近はありません。

 あまり本質的なことではないかもしれませんが、
 (四季報を読み込めばパフォーマンスが上がるわけではない)
 しかし、自分が上記のような負のスパイラルに陥っていて、
 どこかにどん欲さがなくなっているようにも思うわけです。


 これは大きな危機感にもなっていて、
 自分を奮い立たせるために、
 敢えて四季報夏号はCD-ROMを買おうと思っています。
 7000円という超高額(私にとって)ですが、
 そういう投資をしてそれを活用しようという
 方向にもっていきたいと思っています。

 四季報CD-ROMは非常に凝ったスクリーニングなども可能ですが、
 それを使いこなすにも事前に十分勉強しておく必要があります。

 ちょうど1年前に初めてCD-ROMを買いましたが、
 その時は使いこなせませんでした。
 ですからリベンジです。

 夏号は3月期決算が反映されますから、
 年に1回買うにはよいタイミングです。

 ちょうどこういう停滞期(?)にあるからこそ、
 どん欲に勉強していきたいと思います。

 ただ、今のPFを軽視するとか、
 流行りものを探すとかそういうことではなく、
 今まで以上に厳格に精査して本当に意味のある入れ替えとなるか、
 そんなことを考えながら進めていきたいと思っています。

 最近、様々な指標を評価するための様式作成を進めていますが、
 これもこういう銘柄チェック機能をより自分の中で定型化したいためです。


 このような取り組みはその努力もほとんどが形にはならず、
 結果として実になる確率はとても低いですが、
 結果だけでなくこういうプロセスも大事にして、
 長期的な自分のスキルへと昇華させていきたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、漠然とした不安に駆られておられるようですね。

自分もNKの上昇を前に、PFがふるわず歯がゆい思いをしています。

ただ、こういうときは悪い方に考えて、
無理に行動を起こそうとするよりは、
寝て待つのがいいのかもしれません。

気のもちようだけで結果が変わることもあるのではないかと考えています。
2015/04/23(木) 22:43 | URL | fhiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
まるのんさん

まるのんさんの分析力は、周りの方から依頼をいただけるレベルで、全く問題ないと思います。

私から見ると、成長の視点と運が少し足りないだけだと思っています。

私も思うように成果が出ない時期がありましたし、今はついてるだけだと思っています。

努力は裏切りません。もっと自信を持っていきましょう。
2015/04/23(木) 23:11 | URL | すぽ #-[ 編集]
(1) 現保有銘柄が売却基準に引っかからない
(2) 現金比率が逼迫して機動性に欠く
(3) 新規銘柄の発掘モチベーションが低下する

上記3点は痛いほどよくわかります。私も同じ思いです。
私のPFも日経に連動しない、長期成長銘柄で打線を組んでいますので、最近の日経の上昇の恩恵ははっきり言ってゼロです。
悔しくてすべてを投げ出したくなりますが、ここは我慢の時で、自分を信じるのみなのでしょうね。
日経が下げるときにだけ連れ安するのは我慢なりませんが。
それにしてもキャッシュポジションがある程度あるとはいえ、今から5月が怖いです(笑

2015/04/23(木) 23:23 | URL | komomo #-[ 編集]
>fhiyoshiさん
こんばんは、fhiyoshi さん。

私も今日は横ばいということで、
全くもって日経平均2万円越えなど実感が持てません。

相場が好調に推移している時には
置いて行かれ、そしてちょっと市場全体が調整となると、
それに輪をかけて下落するというお約束のパターンです。

無理に行動を起こそうとするのはよくないことだと、
私もよく認識をしているつもりです。
その上で、無理に行動を起こすのではなく、
最近元々自分で銘柄発掘をする、
どん欲によい銘柄を探す、自分にとって出来る範囲でそれを
愚直にやっていくという原点を改めてよく
認識をする必要性を感じています。

その上で、自分の原点に合理的に、
無理なく行動することが、
例えそれがすぐに結果には結びつかないとしても、
大事なプロセスだと考えています。

気持ちの持ちようで変わるというのは、
私も含めて市場参加者の多くが
メンタル勝負ということなのでしょうね。

私もいつも自分に卑屈にネガティブなことばかり連ねていますが、
逆境の時だからこそ、何が自分の原点なのか、
それに回帰するためにポジティブに前向きに、
今できることをやろうと思った次第です。

色々、示唆に富むご意見を頂きましてありがとうございます。
2015/04/24(金) 00:10 | URL | まるのん #-[ 編集]
>すぽさん
こんばんは、すぽさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

私の分析力などまだまだとても及びませんが、
自分の頭の整理のためにもどんな指標を大事に考えて、
どんなプロセスで自分自身が考えるのが一番しっくる来るか、
そういう整理のためにも定型化を進めています。
こちらはいずれこのブログでも恥を忍んで公表しますので、
また個別具体的なご意見など頂けると勉強になりますので、
ぜひ、今後とも、よろしくお願いいたします。

運は確かにあるかもしれません。
ただ自分が逆境の時に、単に運がない、
今は自分の風ではないんだくらいに受け流せるほど、
私にはまだ経験も実績も自信もないわけです。
こういうものはいずれもある程度長い期間を経て、
失敗も成功も積み重ねて手に出来るものなのだと思うので、
今後もみなさんのご意見も頂きながら、
自分自身も成長していきたいと考えています。

そして、成長性の視点については、
私は一番重要であり、
かつ今の自分の評価プロセスで一番しっくりきていない部分です。

過去の業績などから推測したりもしますが、
結局最後はえいやーで成長率予測15%とか20%とか言っちゃっていますが、
もう少しここに他の視点からの仮説に立脚したものであるとか、
ビジネスモデルや競合分析などを通した詳細な検討、
又はマクロな市場動向・業種の流れなど、
マクロ、ミクロそれぞれの視点でもっとロジカルにするべきと、
課題になっています。

すぽさんは特に「ビジネスモデル」を大変大事にしており、
私もこれが大きなヒントなのだろうと考えています。
読者の方との議論などを通してその視点をよく勉強させて頂き、
私も自分流の成長性評価の手法を確立させられるよう頑張ろうと思います。

努力が報われるよう、
今回頂いたコメントも励みに頑張ろうと思います。
2015/04/24(金) 00:19 | URL | まるのん #-[ 編集]
>komomoさん
こんばんは、komomoさん。
(1)から(3)については、
正直あまり共感を呼ばないかなと思いましたが、
共感して頂けて嬉しいです。
(嬉しがっている事態ではないのですが・・・(笑))


しかし、今の日経平均の大台越えについて、
自分だけが置いてけぼりとも思っていましたが、
komomoさんも含めて案外そういう方が多く、
まぁそんなものなのかもしれないなと思えるようになりました。

結局日経平均が騰がっているといっても、
追加緩和期待とやらで金融や不動産銘柄の上昇が目立っているようですし、
どうもきな臭い、セルインメイの序章かもしれないなと、
私も警戒はしています。

ただ、こういう警戒はすべては私にとってはロジカルなものではなく、
その単なる予測を元にして、ポジションをいじることは、
せっかく投機ではないポジションを構築してきたのに、
そこに投機的な要素を入れてしまうことになります。
ですので、もしセルインメイが来るのであれば、
それはそれで甘んじて受けていこうと思っています。
(実際にはまた卑屈な記事が連投されることになりますが(笑))


本当に上手な方は、追加緩和期待とやらを先行して織り込み、
例えば三菱東京UFJなどを仕込んで、
短期で10%越えを取っていくなどと、
うまくやるのでしょう。

それはそれで結果論かもしれませんが、
憧れないわけでもないですが、
私がそんな上手な手法を持ち合わせているとも思えませんし、
そもそも自分の投資スタンスとも異なります。
(あくまで私のスタンスと違うというだけで否定をしていません)


やはりkomomoさんも仰るように、
自分自身の投資スタンスを元に導かれた
今の自分のPFを「信じるのみ」というのは仰る通りだと思います。

私も全く動かない、いやむしろ逆行安している
弱い銘柄など、一旦さよならして、
とりあえずレバレッジETFでも仕込んでおくかとか、
色々邪念が生まれますが、
これも自分のスタンスという原点に立ち返ることで、
なんとか自分自身を制御している状況です。


5月も怖いですし、追加緩和が肩すかしに合うことによる失望も怖いです。
ギリシャがまた騒がれるかもしれませんし、
ドローンがやらかしてくれるかもしれません。
全てあるかもしれないという可能性であっても、
色々なリスクと隣り合わせです。

そういう心理面で振り回されそうな時に、
うまい方は機動的にやっていってもらえばいいですが、
私のようにうまくない者は予め定めた、
自分のスタンスやルールに愚直に従い今後も精進していきたいと思います。

今後も貴重な様々なご意見を引き続きコメントでお寄せ頂けますと
大変嬉しく励みになりますので、お時間許す限り、
今後もお付き合い頂ければと思います。


2015/04/24(金) 00:35 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/500-4dd1718f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り