十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


 相場の格言のひとつに、
 「噂で買って、事実で売れ」というものがあります。

 私が株式投資を始めた頃、なるほどなと思ったものでしたが、
 今となってはだいぶ違和感があります。

 株式投資を始めた頃は、
 顕在化していないような好材料を事前に把握し、
 それが噂である頃に仕込みを行い、
 そしてそれが事実となって他の投資家が群がるように買いに来た時に売るというのは、
 なるほど、そうやってやるものなんだと妙に納得したものです。

 どこかから、A社は有望な○○事業を始めるらしいとか、
 B社は今度C社をM&Aして成長軌道が加速するとか、
 そういった目先の憶測を重ねては、
 よしこれが知れ渡る前に仕込んでおこう、
 そしてこれが事実として公表されたら売り抜けよう。
 そんな思考回路だったのです。 


 しかし、そもそも噂として私が認識出来るような材料は、
 事前に把握出来ていると思っているのは自分だけで、
 周知の事実と認識した方がよいと考えています。
 むしろ、なぜ自分だけが先行してその情報を入手出来ていると考えられるのか、
 多くのプロや関係者などがいる中で、
 まして自社のことでもないのにそのように都合よく捉えられるのには、
 我ながら驚きます。
 しかし、真剣に対峙しようと前のめりになっていると、
 それが私の中で空回りしてしまい、
 そういう都合のよい解釈をしてしまいがちになります。
 これは気を付けなければなりませんね。

 そしてこういった噂というのはあくまで目先の話が中心であり、
 中長期投資を心掛けようしているスタンスとも矛盾をしています。
 目先の材料で買ったり売ったりという判断をするのではなく、
 もっとマクロな視点で、なぜその会社が競争優位性を持っていて、
 それが今後も長きにわたり継続しそうなのか、
 それが利益とかEPSという形で定量的に伸長していけるのか、
 そういうことを考えるようになってくると、
 もはやこんな噂や目先の材料の推測ゲームなどしている暇はありません。

 そんな感じで、「噂で買って・・・」という箇所に
 まず違和感を覚えるようになりました。

 あくまで買うのは、目先の材料の推測やどこかから仕入れてきて、
 もはや周知の事実である噂を元に判断するわけではなく、
 その会社の成長性や安全性を鑑みた際の適正価値とのGAPに対して、
 リスクを取るに足ると判断した場合に下す投資行動の結果なのです。

 また事実で売るということですが、
 例えば、D社が20%の増益を果たすだろうという
 噂があったとして、実際に通期決算でその通り、
 又はそれを超える結果を出した、つまり事実となった場合に、
 確かに株価も高騰するでしょうが、
 ではここで格言通り事実になったから売るのでしょうか。

 事実化されたら売るというのは、
 一見人とは違う行動をしているようで、
 それが大事なことだと思わなくもありませんが、
 やはりその事実から新たな中長期的なシナリオが浮かび、
 それでもなお、投資継続していることが合理的と思えれば、
 ホールドすべきだと思います。
 むしろずっと安定的な成長を続けている会社の場合、
 きっとその先も成長し続けられる可能性は高いと認識しており、
 結果、余程の高い評価にならない限り、
 そのまま継続保有するという判断になることが多いように思います。

 好材料の事実が出たら、
 まずはそれが自分の想定シナリオの中で織り込んでいたか、
 織り込んでいたものであれば、
 あぁ順調な成長を続けているなと噛みしめればいいわけです。
 そして自分の想定以上の評価になっていないか確認すればあとは放置です。
 また自分の想定と頃なるシナリオで上ブレ着地した場合は、
 ただ喜べばいいわけではなく、その理由や背景をよく整理する必要があります。
 想定外のことが何であったか、それは今現在投資しているシナリオに、
 何か変調を及ぼすものであるか、そのように精査をしていき、
 結果、シナリオに変調がなければ、あとは放置でよいわけです。

 悪材料の事実の場合も同様で、
 まずは自分のシナリオ通りの結果なのか、
 そしてその時の下方修正ではなく、中長期的な成長シナリオに変調があるのか、
 それによって行動を決めればよいのです。

 単に事実化されたから売るというのはあまりに短絡的だと、
 私は認識しています。

 ということで、冒頭の格言である、
 「噂で買って、事実で売れ」には大変に違和感があります。

 私はシンプルに
 「中長期的な視点に立って、割安だったら買って、割高だったら売る」
 当たり前のことですが、こういうスタンスで臨みたいと思います。


 ちなみに蛇足ですが、これを書いている(14日)のザラ場では、
 3276日本管理センターが高騰しています。
 理由はわかりませんが、13日の引け後に開示された、
 月次数値の好調さが影響しているかもしれません。
 某掲示板で月次がいいはずだという噂を耳に買って、
 今日のような事実で売れば、
 確かに格言通りにお小遣いゲット!ですが、
 こういう自分のスタンスに背くことはせず、
 私はどっしりと構えていたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
市場の反応もまちまちなので、自分も目先の材料に乗っかるのは避けています。
ただ、時代のニーズを捉えた材料で、中長期的な成長シナリオが描けるのであれば検討しますが。
2015/04/15(水) 20:26 | URL | fhiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
>fhiyoshiさん
こんばんは、fhiyoshiさん。

目先の材料などに振り回されることなく、
中長期の展望に立って投資判断を下すことが、
私の投資スタンスの根底にあるものです。

もちろんこのやり方が、
一般的に一番優れていると思っているのとは違い、
今の私にとっての最適であり、
また今の私に出来ることはこの手法だということですが。

fhiyoshiさんの仰るように、時代のニーズと捉えた材料や、
目先ではなく、数年後にイノベーションが想像できるような、
そんなシナリオが描けるのであれば、
それに基づいた投資判断を下すことこそ、
私の投資スタンスそのものと認識しています。

ですから、中長期的シナリオが描ける場合、
私は前向きに投資判断を下していくことになると思います。

問題は、その成長性シナリオの予測が難しいことと、
たいていはそれが今の相場においては、
ある程度株価に織り込まれているので、
バリュエーションと成長性とが納得できるレベルのものが、
なかなか見つからないという問題があります。
2015/04/15(水) 23:02 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/494-cac9c167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り