十分な教育資金と老後資金のために

 あぶく銭と聞くとあまりいい印象がないですが、
 株式投資で手にした利益をあぶく銭という方は結構いらっしゃいます。

 あぶく銭とは、苦労せずに手に入れたお金は、
 自分の身に付かず泡のように消えてしまうということで、
 あぶくはあわぶく(泡沫)の略語が語源だとも言われているようです。
 (諸説あるかもしれませんが・・・)

 確かに宝くじが当たったというような、
 棚からぼた餅状態で手にしたお金は、
 ちょっと気持ちも大きくなって、
 普段ならまず起こさない消費行動を起こしてしまったりします。

 しかし、私は自らの株式投資で手にした利益というのは、
 あぶく銭ではないと認識しています。
 まず、語源の「苦労せずに手に入れた」というのは、
 個人的には非常に引っかかる表現でして、
 いやいや、これだけ苦労していますよと言いたいです。

 外から見ると、
 その評価額とかパフォーマンスという結果だけが見えるので、
 単に博打に勝ったようなもの、
 つまり苦労せずに転がってきたお金と見えるのかもしれませんが、
 実態はそんなことはなくて、
 銘柄探し、銘柄分析、そして取引タイミングの見極めに至るまで、
 自分としては相応の労力をかけているつもりです。
 そして何より、日々の我慢料のようなものも含まれています。
 いくら自分が信念を持って行動しているつもりだとはいえ、
 目の前で思うようにパフォーマンスを発揮してくれない銘柄達を前に、
 ストレスを感じないわけはありません。
 それだけ自分のメンタルが弱いだけなのかもしれませんが、
 そういう日々を過ごすというわけですから、
 棚からぼた餅、苦労せずに手に入れたというのは違和感があります。

 そして身に付かず泡のように消えてしまうというのも、
 確かに出金を繰り返す又は、その利益分を預金口座から払出しをして、
 本来計画していない消費行動を頻発させるようなことをしていては、
 それは泡のように消えていることになるかもしれませんが、
 私は長期での資産形成を目的に投資をしていますから、
 日常生活は質素なものです。

 今日は株価も上がったし、
 A5ランクの和牛ステーキ肉でも買っていこう、
 そんな思考にはならず、まぁ半額に値下げされた
 豚肉のコマ切りともやしで済まそうかということになります。
 株価の上下で日常の食卓もレジャーもなんら変わりません。

 結局投資スタンスの違いで、それがあぶく銭なのか、
 そうでないのか決まると思います。
 株式への「投機」で手にした利益、
 これはある意味ではあぶく銭かもしれません。
 単にたまたま応募したIPO株か当たって成り売りで
 お小遣いゲットーといった場合、
 これは私も使ってしまうかもしれません。
 
 しかし、そこに中長期的な信念や自分のストラテジーが存在しているのであれば、
 それは立派な「投資」なわけで、
 そのストラテジーは一朝一夕に確立出来るものではないでしょうしし、
 信念を抱くにはそれだけの労力と思い入れがなければなしえません。
 そういうものを通して得た利益は、
 自分の貴重な資産であり、決してあぶく銭ではありません。


 私の親も私の資産について、あぶく銭と揶揄しますし、
 周囲の同僚などからもあぶく銭というような趣旨で、
 どうよ、最近といった感じで探りを入れられることもあります。
 そういう時は適当にぼちぼちですね、と適当に答えていますし、
 そういう表現をしている人は、
 結局、株式投資ではなく株式投機という捉え方をしているのでしょう。
 パチンコや競馬といった賭け事と同じようなものなのですね。

 私はあぶく銭を作るために投資をしているのではなく、
 長期的な資産を形成するためにやっていることなので、
 こういう声は適当に受け流すと共に
 改めて自分の資産の大事さを再確認し、
 自らの消費行動を戒めなていかなくてはと思っています。

 どうしても、たまにA5ランクのステーキ肉を
 結果的に買ってしまうことはありますからね。
 株価日々の上昇下落の影響は受けていないつもりですが、
 資産全体の増加の影響を全く受けていないとは言い切れないので、
 そういう意味で自分を律しようと思います。
コメント
この記事へのコメント
「どうしても、たまにA5ランクのステーキ肉を買ってしまう」という最後のくだりがひっかかりましたが(お祝いとかでしょうか?)、
全体にまるのんさんの考え方がわかって面白かったです。
保有されている銘柄は、単純な割安株でないところに研究成果が表れている気がしました。
2015/04/13(月) 19:12 | URL | fhiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
まるのんさん こんばんは。

今回の記事は本当に同感です〜

額に汗することなく楽して儲けたとか、あぶく銭と揶揄されることは全くもって心外ですね。

投資は博打ではなく資産運用であることを考えれば、無駄遣いしていいお金は無いはずですし

自分の欲求を満たすためや、娯楽に使い果たすなんて言語道断ですよ。

堅実な投資家は倹約家の方が多いともききます。

知識がない故にこころない言葉をかけてくる人なんて気にせず、自分の信念に忠実でありたいですね。
2015/04/13(月) 20:24 | URL | カイト #-[ 編集]
まるのんさん、こんばんは。

私も「A5ランクを買ってしまう」にはまるのんさんでもそういうことがあるんだ、と妙に嬉しい気持ちになりました(笑)

うまい話なんてない、というのが世間一般の常識でしょうから、株式投資だって努力と労力をかけたものだと理解してほしいですよね。ですが実際に投資していない人にとってはその努力と労力は見えず、不労所得の怪しいカネというイメージなんでしょう。

そして不労所得の怪しいカネを俺も欲しい!となってきたらいよいよ相場は危なくなりますね。脱線すいません。
2015/04/13(月) 23:05 | URL | つぅ #-[ 編集]
>fhiyoshiさん
fhiyoshiさん、こんばんは。
誤解を招いてしまいましたが、特段お祝いがあるわけではなく、
単に私が食べたいという食いしん坊精神が
全面に出てしまっただけです(笑)。

実際には高級和牛のステーキ肉など変うなんて、
半額市などになっていても手が出る事はなく、
高嶺の花?であります。

投資において動かすお金の規模と、
日常生活でケチ根性満載の金銭感覚とがあまりに乖離していて、
自分でも不思議ですが、しかし実際にはそんな状況です。

私は投資を始めた頃は割安が最重視項目であり、
原則PER10合以下というのが大前提でしたが、
これだけではあまりに稚拙と気が付き、
もう少し成長性に重きを置いて、
その成長性への期待に照らして、
割安であるかどうかを判断するように変化しました。

成長率が15倍程度でも成長性や安全性などが秀でていれば、
十分投資妙味が出る事もありますし、
その方が万年割安株に投資するより効果的であることも多いです。

ですので、研究成果という程、私にはまだ実績もスキルもありませんが、
今後も読者の皆様や優良なリンク先の皆様方々に色々教えて頂きつつ、
よい銘柄を見極める眼を養っていきたいと思っています。

どうぞ、今後も色々意見交換させて下さいませ。
よろしくお願いいたします。
2015/04/13(月) 23:59 | URL | まるのん #-[ 編集]
>カイトさん
こんばんは、カイトさん。
同感の旨、コメントを頂きましてありがとうございます。

投資は資産運用ですから、
仰るようにその投資判断から投資行動に至るまで、
またその投資期間の間に様々な情報をトレースしていく
そんなひとつひとつの緻密な精査作業だって、
十分私にとっては労力をかけて対応していますから、
それを不老収入だとか、
贅沢に使ってしまえばいいとかいう発想にはならず、
大切に育てていくものという意識です。

カイトさんに記載して頂いた内容も私もその通りだと思います。
あとは娯楽に使い「果たす」なんて言語道断ですが、
実際に、投資による資産運用がそれなりにうまくいっているからと、
日常生活で知らぬうちに倹約思想が薄れてしまうことのないよう、
あくまで日常生活は日常生活で倹約に勤しむことが大事ですね。

もっとも、今の私の伸び悩んでいるパフォーマンスでは、
そんな娯楽に使い心配など生じえないことは、
嬉しいことでも悲しいことでもありますが(笑)。

私はあぶく銭だとか揶揄されても全く気にしませんが、
ふと考えてみると随分本質をご理解されていない発言だと感じて、
この件を記事にしてみました。

周囲がどう言おうと、
自分がこうだと思うことを貫くことが大事だと思います。

カイトさんのブログもいつも楽しく拝見させて頂いています。
なかなか全てのブログにコメントは出来ていませんが、
今後も、ぜひよろしくお願いいたします。
2015/04/14(火) 00:07 | URL | まるのん #-[ 編集]
>つぅさん
こんばんは、つぅさん。

私のイメージがどう構成されているのかわかりませんが、
顔が見えないこのようなコミュニケーションだからこそ、
また面白味がありますね。

私はおいしいものが好きなので(皆さんそうですよね)、
A5ランクのステーキ肉もごく稀に買うことはあります。
但し相当条件が厳しくまず当然ながら定価では買いません。
半額市や賞味期限間近で割引になっている場合、
つまりいずれにせよ半額でないと購入検討すらしません。
しかも半額とはいえ、元の値付けが割高になっている、
悪徳なケースもありますので、
必ず100gあたりの単価もチェックします。
具体的には100gで500円が一つの目安です。

ってどうでもいいですね(笑)。


中長期的に資産を形成される方には、必ずといっていいほど、
その方なりの投資スタンスが存在していて、
それは努力や労力が土台に成立しているわけで、
それを不労所得という一言で片づけてしまうのは、
その方の姿勢を愚弄するものですよね。

また一方でそんな投資スタンスもへったくりもなく、
たまたま投機が当たって一時的に小金稼ぎになったということも、
実際には存在しますね。
そういう偶然とかマグレのような成果が、
自慢話として独り歩きすると、
その不労所得が羨ましいと思う人が必ず存在していて、
自分が小金稼ぎをしてちょろいぜ~と自慢したい人と、
それにたかりたい方々の利害関係が一致して、
じゃ今度叙々苑でおごってやるよ~となって、
おごる人もおごられる人も気分がいいという構図が成立します。

これはこれでお互いがハッピーで、
消費が喚起されているという意味ではよいことですが、
そういう表面的な一過性の儲け話と、
中長期で本気で資産形成を考えている話とを同じ話として
株式投資は不労所得というのはあまりに雑な議論だと思います。

そして叙々苑でおごりおごられという関係性だけが目立つので、
結局パチンコで勝ったから奢るぜ~という話と同じような感覚になり、
世間では怪しい金という印象になるのでしょうね。

株本が増えてくると天井というのもよく聞きますが、
これもつぅさんのコメントの通り、
相場が怪しくなる予兆のような気がします。
2015/04/14(火) 00:28 | URL | まるのん #-[ 編集]
普通の家庭の旦那さま像というのはスーパーに一緒にいくと無駄な買い物が増えて困るというのが私を含めた主婦の共通認識なんですがまるのんさんは素晴らしい倹約ぶりですね(笑)
おまけにイクメンなんて100点満点の旦那様だと思いますよ
2015/04/14(火) 09:16 | URL | sun #-[ 編集]
パチンコや競馬でも時間や労力かけてる人もいますからね。
株をギャンブルとひとくくりにされることに違和感をお持ちなら、
競馬やパチンコも不労所得とひとくくりにしたらだめですよ。
競馬の外れ馬券裁判にもあるように独自にフォーメーションを考えて1億数千万もうける人もいますし、パチンコも何店舗も回る人もいますからね。
逆にパチンコや競馬をそのようにお考えなら、株がそう思われてもしょうがないと思いますよ。
2015/04/14(火) 19:56 | URL | 投資か投機 #-[ 編集]
>sunさん
こんばんは、sunさん。

私の場合はむしろスーパーに行くと厳しすぎる価格要請に、
妻はゲンナリするようです。
例えば肉や魚を買うにも必ずグラム単価を見て、
値引き後のグラム単価において、
その品物の相場より高ければ購入は見合わせるよう進言します。
自分でもそのケチ根性にはゲンナリしますが、
そういうところでの倹約はやめられません。

今では妻もすっかりその文化になじんでくれました。

ですので、例えば私が仕事の帰りに、
ちょっと肉を買ってきてと頼まれるというようなシーンでも、
妻は豚バラを200g位で但し100g150円を超えたら不要というような
形で私に依頼するようになっています。
これはその品物の必要性の緊迫度や家計の状態なども踏まえて
阿吽の呼吸で夫婦で対応できるようになっています。

恐らく普通のご家庭からすれば相当息の詰まる生活ですが、
それはそれで面白いです。

たまにスーパーに行って、本当に相場価格と比べて安いものを発見した時に、
それを共感して喜べるのはよい家族のコミュニケーションにもなっています(笑)。

私は家事や育児については、
楽しくやっていて妻を助けなきゃという意識ではないので、
うまく回るのかもしれませんね。

2015/04/14(火) 21:23 | URL | まるのん #-[ 編集]
>投資か投機さん
こんばんは、投資か投機さん。
貴重なコメントありがとうございます。
確かに私にはパチンコや競馬というものに対する
偏見はあるかもしれません。

私のイメージではパチンコで様々な台を研究されたり、
それこそ店舗を巡り、それぞれの傾向などを緻密に分析され、
そこに相応の労力をかけていらっしゃる方はおられると認識しています。

但し、私の勝手なイメージなのですが、
そこに合理的な解はないように感じています。
結局そういう労力はそのほとんどが
投機的なものに向けられていて、
投機的なものだから故に、
どうしても不労所得というイメージが生まれると考えています。

それに対して株式投資はその投資スタンスにもよりますが、
合理的に投機的要素を排除した手法があると認識しており、
もちろん投機的要素すべてを排除することは難しいですが、
その労力に見合ったリターンが得られるといった時に、
それをほぼ投機が支配的かのごとく
揶揄されることに対して疑問を呈したということです。

なお、そもそも前提として私は投機そのものに対して、
好ましくないと思っているわけではなく、
大いに投機で遊べる範囲内でやる分にはよいと考えています。
ただ、その場合には、
所詮は賭け事という投機的なもので儲けたお金で、
割り切って使われるべきものになるのだろうなと思います。
そういう前提でお金を得てそして使うというのは、
それはそれでよいと思います。

結局目的が資産形成かお金稼ぎかということで
大きく前提が変わると思います。

株式投資は様々な手法がありますが、
中長期的に資産形成を目的にやられることはありますが、
パチンコは様々な労力をかけて、
真面目にやられている方はおられるでしょうが、
それが資産形成のためであるという人はいないのではないでしょうか。

もし私のその認識が違っていて、
資産形成を目的とした株式投資と同様に、
労力をかけてかつそれが投機的ではなく、
投資である、資産形成を本気で目指してやっているという方がおられれば、
私のパチンコに対するイメージは偏見であったといわざるえませんね。


競馬については触れていませんが、
こちらも基本的にパチンコと同じものと捉えています。
もちろんその馬の状態やその出生やレース場の状態など、
様々なパラメータがあって、
それを真剣に考える労力をかけている方もおられるでしょうが、
それは所詮は投機的なものが支配的と考えています。
そこに資産形成という考えはないと思います。

パチンコや競馬を真面目にやられている方を
否定するつもりもありませんし、
それはそれでよいとは思いますが、
私は資産形成を前提とした中長期投資とは一線を画すものであり、
投資に対して労力はかかっていない不労所得のように、
投機要素の強いものと一緒に揶揄されるのは
心外だと感じているということを、記事にしました。
なお、株式投資とパチンコや競馬を一線を画すものと表現しましたが、
双方に優劣があるとは考えておらず、
そもそもそこに意味はないと考えています。

確かに投機的とはいえ、真面目にやられている方にとって、
配慮がない記事であったとすればそれはお詫びいたします。
しかし、基本的な私の考え方はここに記載した通りです。
2015/04/14(火) 22:11 | URL | まるのん #-[ 編集]
興味深い記事をありがとうございます。あぶく銭ではないのはごもっともであります。詳細な銘柄分析は苦手な低レベルな私ですが、自分なりに買い時と売り時をよく吟味し取引を行っていることから、得られた利益は大切にしたいと常々思っております。

株式投資がギャンブルかどうかについては賛否両論があると思います。私もわかりません。ただ、控除率については考慮する必要があると思います。競馬等は20-25%、宝くじでは50%程度の控除率があり、投資か投機かはともかく、儲かる確率が株式に比べ格段に下がることは客観的に否定できません。

一方、控除率を考慮した場合、例えば競馬に投じた資金は長い目で見ればどんな馬券を買っても75-80%に収束するはずですが、現実はそうはなりません。指標を目安に株式投資をした場合、理論的には必ず儲かるはずなのに、損をすることが往々にしてあることに似ていると思います。

言い換えると、投資または投機の対象は効率的でない場合が多く、その効率的でない確率を見出す方法論が重要であることは、おそらく間違いないのだと思っております。
2015/04/15(水) 00:04 | URL | 素人投資家A #-[ 編集]
>素人投資家Aさん
こんばんは、素人投資家Aさん。
大変奥の深く、かつ考えさせられるコメントを頂きました。
ありがとうございます。

元々、軽い気持ちで自分の本意ではない
自分が信念を持ってしていることを、
単なる賭け事とかあぶく銭と揶揄されることに違和感を持って、
書いてみたのですが、
実は色々深堀していくと興味深い内容になりますね。

投資でも投機でもその対象が効率的でない場合が多いというのは、
仰る通りだと私も思います。
しかし、私は投資については、
自分のスタンスがきちんと確立していて、
かつ長いスパンで見ることにより、
概ね自分の目標とするパフォーマンスへ
収斂していくものと信じています。
それは自分のスタンスや投資判断が合理的であるという
自信に裏打ちされるものであります。
(残念ながら、今はまだ胸を張って自信があると
 いえないところが辛いところですが)

自分が主体的に頭を働かせ、
経験を積み、経済合理的な立場の上に立脚したスタンスを構築出来ていれば、
またそのスタンス通りに自分の行動を律することが出来れば、
概ね目標ラインには乗ってくると考えています。


一方、投機の場合は、
結局、一か八かの要素が大きな要素を占めるわけで、
そこに自らが考えて行動するという主体性に欠ける中で
結果が決まると思ってます。
ですので、労力をかけても報われない、
又はその結果に納得感が得にくいという点で、
単に結果だけでなくプロセスにおいても、
投資と投機は根本から異なるものと考えています。


例えば、極端な例かもしれませんが、
何も考えずとにかくIPOに応募しまくり、
そして抽選に当たって、初値寄り付きで売却して利益を取ったなんていうのは、
私の感覚では、投資でもなんでもなく単に投機です。
そして、こういった利益というのは、いわゆるあぶく銭だと捉えます。
もちろんIPO銘柄としてきちんとファンダメンタルズを分析した上で、
自分のスタンスに則って取引をする場合はそれは投資になりますが。

こういう所でよくわからない状態で、
たまたま放った矢が万が一IPO当選ということで、
かつ初値寄り付きで利益化させた場合、
私もその分は投資ではなく投機で得た資金として、
もしかしたら、A5ランクステーキに化けてしまうかもしれません(笑)。
これが、投機と投資の違いではないかと個人的には捉えています。
(いや、実際当選してもきっとそれを今度こそ再「投資」に回すと思いますが)

この部分は人それぞれ感じ方が異なると思いますし、
答えがあるものではないので、
単にこのように感じるというものです。

随分冗長なお返事となりまして申し訳ありません。
2015/04/15(水) 01:54 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/492-8cc8e592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り