十分な教育資金と老後資金のために


 当たり前の日常に感謝をすることは多々あります。

 子供の元気な顔を見て、おいしいごはんに囲まれて
 言いたいことをこうやって書き連ねる場があって、
 ふかふかの布団でぐっすり眠れること。

 全ては当たり前の些細なことかもしれませんが、
 そういう日常に感謝しながら日々を暮しています。

 日常とは当たり前のことが当たり前のように過ぎていくこと、
 実はそれが一番大事なことなのかもしれません。

 非日常はお金をかけたり、場所を変えたりすることで、
 一時的に味わえる高揚感は伴いますが、 
 それは長く続くものではありません。
 長く続くものでないから、それは非日常であるわけですが。



 さて、本日は保有銘柄のうち2銘柄の決算発表でした。

 2686 ジーフット
 9787 イオンディライト


 両社ともイオングループで2月決算ですので、
 通期の決算発表でした。

 詳細な中身の分析について、
 今日は時間の兼ね合いでできないのが残念ですが、
 結論としては極めて順調な内容と感じました。

 着地も今期の見込みも私想像したシナリオ通りの結果となり、
 満足です。
 確かにジーフットの次期のEPS成長は、
 やや私の見込みより下振れしていますが、
 足元の小売業の動向なども鑑みると慎重になったのかな程度、
 つまり誤差の範囲と捉えており、成長シナリオに変調はありません。


 こうなると、気になるのは株価の反応なのですが、
 ジーフットは名証単独上場ということでPTSがなく、
 反応は明日でないとわかりません。

 そして実は、株価の反応も以前ほど気にならなくなっています。
 極端な話、明日、短期的に出尽くし~と暴落するのか、
 サプライズと暴騰するのか全くわかりませんが、
 そんなことはどうでもいいのです。

 暴騰すれば反落が気になるし、
 暴落すればいつ反発するかも気になってきます。
 結局、どうなっても気を揉むわけですね。

 そんな一喜一憂することにドギマギするより、
 自分の描いたシナリオ通りに成長継続を確認出来たこと、
 それだけでもう満足です。
 市場がどう反応するかは、私の仕事ではどうにもなりませんし、
 私の努力でどうなるものでもありません。

 そんなどうにもならないことに、
 やきもきするのはもったいないですからね。

 中長期投資家である私にとっての仕事は、
 ファンダメンタルズ分析を日常的に適用し、
 当たり前のようにそれをこなし、
 そしてそのシナリオ通りに推移しているか見守ることです。

 そういう自分の仕事を当たり前のようにやっていくこと、
 そして思い描いた通りの結果を垣間見れたことで十分手ごたえを感じればいいし、
 そういう当たり前の所作をきちんと取れている自分は胸を張ればいいのです。

 当たり前の言動の積み重ね、些細な自分の出来る仕事の積み重ね、
 そういう日常に対して誇れる自分になりたいです。

 株価という市場評価はきっと後からついてくるものであるはずですし、
 自分の中長期投資家としての仕事をきちんと完遂し、
 そういう成長をありがたく思ってこれからも精進しようと思います。

 
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん初めまして、最近成長株投資の分野のすばらしい面白さに気づき、ゆうゆーさんやAKIのところに書き込みをさせて頂いているsunと申します。

この分野でかかれていらっしゃるブロガーさんはみなさん勉強熱心で素晴らしい方たちばかりだなあと感心しています。一応投資経験だけは長いので、その経験を踏まえて4月8日の記事にかかれてらっしゃるように建設的な議論に私も参加できればなあと思っています。

2015/04/10(金) 09:16 | URL | sun #-[ 編集]
>sunさん
はじめまして、sunさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

ゆうゆーさんもAKIさんは本当に優秀な投資家でいらっしゃいますから、
私も日々勉強させて頂いています。
一方、私はまだまだ新参者で勉強している最中で、
お恥ずかしい限りなのですが、
このようにコメントを頂けることはとても光栄なことです。

成長株への投資を志す方々の中にも、
様々なタイプがいらっしゃると思います。
そして私はゆうゆーさんらに感化されて!?、
安定的な成長要素を重視していますし、
そのためにそのビジネスモデルが頑丈なものであるか、
不況となった時にも利益を叩き出せるものであるか、
この競争環境を勝ち抜いていける「何か」があるか、
そんなことを模索しながら投資判断をしているつもりです。

また成長していくことと同時に、
私はその会社の人にも着目しており、
社長や社員の方々とお話する機会を積極的に持ち、
そこで会社の真摯な姿勢を確認するようにしています。
そういう企業文化のようなものを知るためにも
その会社のことをよく理解しないとならないと考えています。


そうすると自ずとその業界のことや、
その企業の内面、
また外部環境がその会社にどのような影響をきたすのか、
もしくはきたしているのか、
それが業績や成長性にどう影響していくのか、
慎重かつ大胆に予測していく必要があると考えています。

そうすると、知らないことばかりになり、
業界やその企業を取り巻く政策などのことを勉強したくなります。

チャート分析や需給分析手法などはないがしろにしていますが、
前述のようなファンダメンタルズ分析に資するエッセンスは
私にとっての投資の肝ですので、
稚拙ながら少しずつでもスキルを身に付けていきたいと思っています。

私もsunさんと同様に大変勉強熱心な投資家さんが多く、
そういった方々に私もたくさんのことを学ばせて頂いていることで、
とても充実した投資ライフを送れていると考えています。

その中で、ただお互いを表面的に認め合うだけでなく、
特に発展途上の存在である私には、
もっと率直に疑問を呈してもらい、自分自身のスキルを高めることも
大事だと思っており、建設的な議論を交えたいと考えています。

ぜひ、投資経験の豊富なsunさんのような方にも、
色々賛否両論のご意見を頂けると幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
2015/04/10(金) 22:46 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/488-5c2fc4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り