十分な教育資金と老後資金のために


 最近、保有銘柄数も増えていて、
 各社から株主通信やら議決権行使書、
 事業報告書などの類の書類が大量に郵送されてきています。

 議決権行使書は正直、自分が行使してもしなくても、
 何も変わらないと思いつつも、
 権利をきちんと行使するようにしています。

 そして手元に残る株主通信や事業報告書の類のものは、
 正直、処理に困ります。

 初見で目を通すときは何か新しい情報はないかな、とか、
 ウキウキしながら読むのですが、
 一通り目を通し終わると、さて、ゴミ箱に放り投げるか、
 とりあえずストックしておくか、悩ましいのです。

 Webで後から見ようと思えば参照可能ですし、
 必要な時にまた紙に印刷することも可能です。
 なので、とっとと捨てればいいのかもしれませんが、
 でもせっかく頂いたものだし、必要な時にすぐに見られる点で、
 どこかにストックしておきたいということになります。
 捨てることはいつでも捨てられるので、
 「とりあえず」とっておくということになるのです。
 守りの思考ですね。
 
 ですから、封筒に折りたたまれて、
 必要以上に折り目のついて嵩張るこれらの書類を、
 ストックしておくことになるわけですが、
 今度は新たな悩みとして、
 だいたいこういうストックしたものは、
 封筒ごと山積みにしてしまい、
 机の上が煩雑となってイライラの元になります。

 ちょうど週末にこの封筒の山を一掃作戦を決行しました。
 とりあえず、手放した銘柄の書類は、
 過去の分も含めて真っ先にゴミ箱に直行です。
 これだけでもかなりの書類の処分に成功しました。

 そして保有銘柄の書類も、
 まずは封筒から出して、
 本当に必要な書類だけを取り出し、折り目を補正し、
 ポケットファイルに会社毎に仕訳して整理しました。

 とりあえず、一歩進んだのですが、
 いくら折り目を補正したとはいえ、
 それなりに厚みのある書類が多いので、
 ポケットファイルにポスティングしていくと、
 そのファイル自体が厚みを持ってしまい、
 どうも収まりが悪いのです。
 とりあえず今回はここまで整理はしたものの、
 やはり根本的に量が多い、厚みがある書類をどのように整理するか、
 課題は残ったままです。

 みなさんは、大量に送られてくる書類をどのように処理していますか。
 やはり圧倒的に多いのは、
 ザーッと目を通してそのまま捨てるというものでしょうか。

 確かにファイリングしておいたとしても、
 結局後で見る機会はなかなかないのですよね・・・。

 すみません、いつもに増して、
 あまり投資そのものの本質的な内容でなくて申し訳ありませんが、 
 ちょうど、整理をしたので、軽い気持ちで記事にしてみました。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、こんにちは。

私は「ザーッと目を通しもせずに、そのまま捨てる」ですね(笑)
初見すらしません(汗)
経験則では、保管しておいても絶対に見返さないので。

そもそも、銘柄調査する時だって短信や有証や決算説明は見ても、
株主報告書は見ないし。

2015/04/06(月) 19:01 | URL | 冬葉ツトム #-[ 編集]
気になるものは取っておいた方が良いですよ。
決算報告書は後から見返すとなかなかに面白いものも多いです。
2015/04/06(月) 20:02 | URL | MEANING #BTpCRXMw[ 編集]
>冬葉ツトムさん
はじめまして、冬葉ツトムさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

私も結構封筒自体を開封せずに、
そのままゴミ箱ということもありました。

確かに株主通信は、短信や有報に書かれていることを、
わかりやすく概要で示しているものであり、
確かに目を通しても新たな情報が、
そこから拾えることは少ないですよね。

まして、保管しておいてもなかなか見返さないというのは、
私自身が何よりの証拠であり、
ファイリングすることに満足してしまい、
なかなか本質的にストックしている意味を成していません。

一方、会社が特にアピールしたいことがわかるかもしれないとか、
こういうものが届いた時に、
銘柄をサマリするきっかけとするにはまぁいいかなとも思っています。

処分に困るなと思って軽い気持ちで記事にしましたが、
やはり、処分するのがふつうなのかもしれませんね。
2015/04/06(月) 21:00 | URL | まるのん #-[ 編集]
>MEANINGさん
こんばんは、MEANINGさん。
気になるものは取っておいた方がよい、
こういう取捨選択をするというのは、
もっとも合理的な判断ですね。

私はストックするならずらっときちんと保管されているという、
きれいな状態にしておきたく、
虫食いなのはそれはそれで気持ち悪いのです。
完全に性格の問題なのですがね・・・。

ただ、気になるものだけ取っておくというのは、
確かに自然のことですね。

雑誌などを定期購読していても、
気になる号とそうでもない号があっても、
とりあえず、全シリーズ取っておく性格なので、
性格の問題なのかもしれません。
2015/04/06(月) 21:04 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのんさん こんばんは

ポケットファイルに整理しているなんて凄いですね。

私はトイレに積んで置いて朝とかに読んで、読み終わったらまとめてゴミとして処分してます(笑)

書類の扱い方ひとつとっても性格がでますね〜(^^;;

あ、ちなみに議決権行使書は必ず出してます。これは株主の責務だと思ってますから(^^)

本当なら株主総会もいろいろ行きたいんですが、地方住みだとなかなか難しいですね。地元企業を1社くらい投資するのもありですが...。

株主総会のお知らせは毎回、行けないのを残念に思いながら捨ててます。
2015/04/06(月) 21:25 | URL | カイト #-[ 編集]
はじめまして。遅咲きの桜と申します。
まるのんさんの記事にはいつも色々と考えさせられます。


私も自分とかみさんの分の事業報告書が山積みになっていますが、
時間のあるときに一通りざっと目を通し、気になるところが無ければ破棄しています。

PF比重の大きい銘柄はじっくりと読むようにしていますが、暇なときにじっくり読むと、その会社の姿勢というか、言葉で説明しづらいイメージのようなものが浮かんできます。
株主総会に出席するようなものでしょうか・・・。

何よりも業績やビジネスモデルが重要なのは言うまでもないことですが、上記のような『企業イメージ』『好感』というものも、投資を行う上でのモチベーション向上に足り得ると考えています。
2015/04/06(月) 22:25 | URL | 遅咲きの桜 #-[ 編集]
>カイトさん
こんばんは、カイトさん。
やはり一目通して捨てるが私の想像していた
多数派だと思っていました。

議決権行使は責務というのは素晴らしい姿勢ですよね。
私もそのように思っていながら、
たまに忘れてしまったりもしてしまっています。

一方、株主総会には積極的に参加するようにしていて、
サラリーマンとしての仕事の合間を縫って、
出来るだけ参加するようにしています。

この株主総会も、会社の色が強く出て、
きちんと総会後に説明会や株主との対話を重視する会社と、
本当にシャンシャンで終わらせて
特に説明会も対話の時間もなしという会社もあります。
中には、株主総会でもらえるお土産目当てで、
受付だけして、ものだけもらったら総会には出席せず、
そのままご帰宅されるご老人方々など
色々な人間も見られます。

総会は今年も仕事の調整を可能な限りして、
出席して、出来ればレポートを記事にしたいと思っています。


性格が色々出るのはまた面白いところですね。
2015/04/06(月) 22:33 | URL | まるのん #-[ 編集]
>遅咲きの桜さん
こんばんは、遅咲きの桜さん。
様々なブログでお名前を拝見しますし、
ブログも拝見させて頂いたこともあり、
一方的ではありますが、はじめましての気がしませんが、
このようにコメントを頂きまして光栄です。

気になるところがなければ捨てるということで、
やはり合理的な対応だと思います。

仰るようにこういった書類というのは、
表面的な書かれている内容をなんとなく読んでいると、
まぁ知ってたという情報がほとんどであります。
しかし、限られた紙面で、かつ広く広報するという目的から、
本当に会社としてアピールしたいエッセンスが詰まっていると
認識しており、
その会社の姿勢や目指しているものの優先度など、
言葉だけではない方向性を示しているとも思えます。

なぜこのトピックスが冒頭に紹介されているのかとか、
なぜあのトピックスは触れられていないのかとか、
そういったことからも何かを推察したりと、
色々なことを考えながら読んでいくと、
また新たな発見があるかもしれません。

私のように初心者は、
まずは与えられた情報を様々な視点で捉えてみることで、
状況を想像するくらいしか出来ません。
全くインプットもないところから、
仮説を立てて状況を想像することは困難ですからね。

ですので、どん欲に与えられた情報を元に、
これからも真摯に向き合いたいと思っています。

文末のモチベーション向上に足り得るというのも、
なるほどなと思いました。
確かに私自信もそのような効果の恩恵を知らず知らずのうちに、
受けているのかもしれません。
自分のモチベーション維持に貢献しているかもしれません。
2015/04/06(月) 22:44 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/485-8c3147f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り