十分な教育資金と老後資金のために

 昨日の記事 に続き、東証IRフェスタに関する記事です。

 ここでは、ブースを散策する中で感じた様々な所感を、
 直感で感じたままに記載していきます。

 実は、きちんと調べれば現状と異なることもあるかもしれません。
 あくまで、私がブースなどで見聞きした内容だけで、
 この記事を記載していますので、その前提で気軽にお読みください。


 ◆2362 夢真HD
  私は当社について積極的な採用については、
  建設需要の高まりからよいことだと思っていた一方で、
  若手を大量採用し、現場監督レベルの確かな技術者を派遣するために、
  教育体制や離職対策などを聞きたかったのですが、
  そこには言及がありませんでした。

  どうしても単価の高い技術で差別化をする技術者派遣をする事が強みであることと、
  これだけの積極大量採用を通してそもそも教育をどのように施しているのか、
  また新規採用数の伸びに対して累計の派遣者数の伸びは少ない、
  つまり離職が多いのだろうことがどうしても強みと一貫しておらず、
  この部分は明確な回答もないため、確かに成長性意欲は強いことから、
  株価は堅調に推移するかもしれませんが、
  私が資金投入するとしたら、今は投機であるとしかいえないなという印象でした。

  NISAで負けない株式投資 に当社が取り上げられているとのことで、
  ブースでの説明会参加者に無料配布されたことで、人が群がっていました。
  このブースに限ったことではありませんが、
  お土産ゲットに命をかけているご老人世代の方々が多すぎます(笑)。



 ◆3091 ブロンコビリー
   ペッパーフードが展開するいきなりステーキなどで、
  ステーキ業界(?)は大変活況であり、
  当社も関東を中心として積極展開が進んでいます。
  私は競争環境も益々激しくなると思っていますし、
  エリア拡大の魅力はあれど、BSEなど様々なリスクもあり、
  興味だけでブースで話を拝聴しました。
  人が多くて、やはり人気なのだな、と感じました。


 ◆3277 サンセイランディック
  こちらは保有株であり、特設会場による説明会にも参加しています。
  社長への質問を行うために、ブースにもお伺いしました。
  通常のブース説明会では人もそんなに多くありませんが、
  櫻井英明氏がブースで来てお話されると、
  人の集まりも物凄いものでした。
  やはりいいか悪いかははともかく、影響力がある方なのですね。

  それはそうと、ブースで以前にメールでIRへQAさせて頂いた
  担当者の方にもご挨拶が出来ました。
  こういう機会にお会いできることは嬉しいことですね。

  もっと年配の方と思っていましたと言われ、
  なんだかちょっとだけ嬉しい気持ちになりました。


 ◆3293 アズマハウス

  当社は地場のハウスメーカーでありますが、
  大変低い評価しかされていません。
  住宅メーカーは足元でも増税反動減の影響で
  どこも苦境ですが、こういう時だからこそ、
  フォローしていきたいとも思っています。
  私は桧家HDを継続保有していますが、
  ハウスメーカーとしての足元の状況を当社から聞くのもよいなと思っていたのですが、
  ブースでの説明会やパネル展示は一切なかったようです。
  2人担当者の方がいらっしゃり、
  椅子が2脚用意されて、
  その椅子に座ると対面に待っている担当者が、
  1対1で丁寧に説明してもらえるようですが、
  その椅子に座るには相当の勇気と覚悟が必要な気がして、
  私はそのままスルーしてしまいました。

  せっかくこういう場に出てきているのですから、
  もう少し会社のことを知ってもらう努力をすべきだと思いました。

  会社の規模が小さいとかそういうことは関係なく、
  広く知ってもらいたいという気持ちの問題だと思います。
  これでは株主政策にも不安を感じますね。
 
  もともと私は保有を検討したわけではないのですが、
  なんだかその独自色が際立っていたように感じました。



 ◆3371 ソフトクリエイトHD
  昨年に続き、ひたすらお菓子(じゃがりこ?)を配るブース化していました(笑)。
  アズマハウスもいかがなものかと思いましたが、
  これはこれでいかがなものかと思いました。

  みんなポケットティッシュをもらうかの如く、
  お菓子をゲットするだけで、そのまま通過していく方多数で、
  一体何をやっているのだかという感じですね。

  ちなみに私は群がる人を横目に、
  もはやもらう気にもなれず、ゲットしませんでした。



 ◆4326 インテージHD
   ブース説明会が2部制になっていて、
  ある時間帯に行ったところ、応用編と呼ばれるものでした。

  中計や成長性に関する説明でしたが、
  何が応用編なのかよくわかりませんでした。

  私からしてみれば、中長期的な成長戦略、
  それを体系化した中計の内容説明など、
  基礎中の基礎なのですが、たまたま参加した会が応用編でよかったです。



 ◆6257 藤商事
  ある意味で一番目を引くブースでした(笑)。
  パチンコ機器のメーカーですが、
  パチンコというイメージ通りの派手なキャンギャルが対応してくれます。
  IRイベントで私はいつも女性がきれいだなと感じますが、
  それはどこか知性に溢れたきりっとしたキャリアウーマンイメージで、
  私はとても好感を持っているのですが、
  こういう露出系のものはそれはそれで嫌いではないですが(笑)、
  ちょっと場違い的な印象でした。
  いかにもな高齢男性を中心にキャンギャルに絡んでいる光景もありました。

  ところで、当社の説明会は冒頭前半の半分くらいは
  映像を使ったものですが、
  もう少しそこにいる担当者なり経営者が、
  自らリアルで説明すればいいのにと思いました。

  社員を大事に、人との繋がりを重視してという論調なのですが、
  ここにいる担当者や社員にフォーカスが当たっておらず、
  映像のいかにも社長が中心のような気がして、
  どこかアンマッチでした。

  また、遊技場市場がスーパーなどの小売りや外食に比べて
  市場規模が大きいというデータが示されておりましたが、
  私は深掘りは出来ていませんが、懐疑的な印象です。
  (もしこのデータが信憑性が高いものであれば、確かに魅力的だと思います)
  そもそもギャンブルをしている方々がスーパーなどの小売りや、
  外食産業と比較して市場規模が大きいというのは、
  感覚的に違和感があります。

  生活必需に近い衣食住より、
  余暇時間に対応する遊技場事業の方が市場規模が大きいって不思議だと思いました。

  私はパチンコは生まれてこの方、やったことがありませんので、
  よくわからないのですがね・・・。


 ◆6294 オカダアイヨン
  本当は特設会場での会社説明会に参加予定でしたが、
  諸々の事情で参加できませんでした。
  向こう2年から3年の間の成長性は、
  建設機器の需要増で問題はなさそうという見立てはより揺るぎないものになり、
  1部昇格も近いのだろうなと思いました。
  くじ引きで2等が当たり、マグボトルをゲットしました。
  こちらも後方の立ち見では、
  くじ引きだけ参戦する方々説明会終了後、群がって、
  説明会後、ブースから離れるだけで一苦労でした。


 ◆7743 シード
  昨年、私の想定と異なる動向が顕在化したため、
  わずか10%程度で利益確定で手仕舞った銘柄です。

  社長と直接対話させて頂きましたが、
  相変わらずに早口かつ饒舌でした。

  増税反動減で1回目の下方修正はまぁそうだよねと受け止めたものの、
  商品サイクルの6ヶ月を超えても需要が復活せず、
  2回目の下方修正が出た時には、
  そもそも増税反動減だけの影響ではないのでは?という私の疑問をぶつけました。

  増税後の節約志向で、割安眼鏡の浸透もあり、
  需要の波が変わっている可能性がある点は率直に認められていました。

  私は医療精密機器ということもあり、
  需要は安定的に推移するというのが、当社の保有時の前提でした。

  が、実際にはなくても代替がある(つまり眼鏡)という思考も十分ありえて、
  少なくても今はそちらの可能性が高いということで、
  やはり売却判断は正しいと思いました。

  足元でも年末にかけては回復基調であったものの、
  東北地域など2月などで天候に恵まれていない地域もあり、
  あまり芳しくなく、まだ回復途上にあるようです。

  眼鏡事業も芳しくないものの、
  小さくこれからも展開は継続される意向のようです。

  生産力を増強した後に、
  ここまで需給見通しが立てづらく、
  かつ消費動向も読みにくい点から、経営は大変だろうなと思いました。


 ◆7819 SHO-BI

  過去の業績推移において、
  業績が落ち込んだ期の理由について質問したのですが、
  満足いく回答が得られませんでした。
  一言で言えば、支離滅裂です。
  たまたまお話したIR担当の方がその点をうまく知らなかっただけなのかもしれませんが、
  残念な結果でした。

  ・つけまゆげ商品がギャルブームにより伸長していたが、
  そのブームが去って一気に利益が沈んでいった。

  ・売上の下落が問題ではなく、利益が落ちているのだが、
  ブームが去って痛手になったということであれば、
  売上だって落ちるはずだが、なぜ利益だけがこんなに沈んだか。

  ・自社企画商品比率が利益率に与える影響が大きく、
   今期ではそれが多少伸びていて、収益率も向上している。

  ・いや、利益が落ち込んでいる期では、
   むしろ自社製品企画率は向上しているため、
   では、他にその効果も打ち消してしまう程の減益要素があったのですね。何でしょう。
  
  ・・・・

  うーん消化不良となりました。



 ◆8119 三栄コーポレーション
  説明されている女性の物腰が柔らかく、
  またよく練習していたのだろうなという印象です。
  画一的なマニュアルに沿った説明なのでしょうが、
  平均点を狙ったような可もなく不可もなくのプレゼンでした。

  当社の手掛ける製品は色々あるなということは理解しました。
  が、その幅広い製品があるからこそ、
  当社ならではの強みがなんなのか、
  この部分は慎重に無極めが大切そうですね。


 ◆9616 共立メンテナンス
  成長余力に絞って質問しました。
  日本地図を眺めていると、
  主要都市や主な観光地にも進出が進んでいます。
  空白区があればわかりやすいのですが、
  出店余地がどの程度あるかということになります。

  具体的に聞いてみるも、
  毎年コンスタントに出店余地は存在するものと理解しているそうです。

  例えば、東京-横浜間を見てみても、
  川崎前後では当社店舗がなかったりするそうで、
  日本全体のマクロで見ると出店余地は小さいかもしれませんが、
  ミクロで各地域を個別に精査していくと、まだ当面毎期出店を進める余力は十分だそうです。
  

 まとまりがない内容で恐縮ですが、以上です。
コメント
この記事へのコメント
いつも情報をありがとうございます。総会は平日ですし、こういったイベントにも参加することが難しいため楽しく読ませて頂きました。

今年の成績は今のところ人材派遣銘柄、求人情報誌銘柄がけん引してくれていて、まずまず順調な滑り出しです。

アズマハウス、上場してしばらく経ちましたがあまり評価されていませんね。実は高配当による株価見直しを想定して、上場してから下がったところで購入を検討したことがあります。業種が業種だけに仕方ない部分もあるかと思いますが、近年稀に見る(?)低PER高配当銘柄として放置されていますね。やはり問題なのは成長性だと思います。関西、特に和歌山を中心に展開していたと思いますが、今後の戦略として何か目新しいことはありました(感じられた)でしょうか?この手の銘柄はわりと気になってしまいます。

エイジア、購入を開始し買い下がっているところです。今期は下方修正無しの増収減益を予想していますが、来期、来来期の業績には大きく期待しています。短期的にはEPS80円で、1500円を目指して欲しいですね。まあ株価はともかくとしまして、業績に関してはこれ以上、下がりようがないとさえ思っております。大量の自己株は若干気になりますが…
コムチュアも含め、またの分析記事を楽しみにしております。
2015/03/16(月) 19:45 | URL | 素人投資家A #-[ 編集]
>素人投資家Aさん
こんばんは、素人投資家Aさん。
いつも書き殴りのような記事へ、
お付き合い頂きましてありがとうございます。

平日ですから私も久々のお休みを頂きまして、
満喫してきました。
(会社の休みをもっと家族のために・・・とも思うのですが)

人材派遣銘柄や求人情報はまさに今の人材不足の時流に乗っていて、
今後も当面は堅調に推移しそうですね。
差別化や景況感の変調時の対応可能性が、
ひとつの判断基準になりそうですね。

アズマハウスは、残念ながら説明を聞くための席に着くことが出来ず、
何も調査できませんでした。
記事にも記載した通り、パネル展示もなく情報は何もありません。
あの面接を受けるかのごとく、
椅子だけがあって、
その椅子に座らないと何もわからない、
逆に椅子に座るとマンツーマンになる仕組みは
やめた方がいいですね(笑)。

成長性の点で他地域への進出ということも考えられますが、
私は厳しい状況ではないかと思います。
競争も激しいですし、だからと言って当社ならではの差別化要素もありません。
であるならばM&Aで拡大路線は?とも思いますが、
そもそもドミナント戦略を取っており、
和歌山など特定地域で強いものの、
そのシナジーを発揮するようなM&Aはなかなか想像しにくいです。
ですから私は当銘柄のことを詳しく調べたことはないので、
安易には言えませんが、成長の可能性としては、
この地元有数の知名度を生かした、
関連ビジネスへの多角化かもしれません。

ただ、どれもこれも厳しそうですから、
やはり成長投資ではなく、安定性を重視して、
値上がり益ではなく配当狙いの投資になりそうですね。

私も低PERのみに着目していた頃であれば、
これはいいと飛びついていたかもしれませんね。


エイジアについては、
仰るように下方修正はないかもしれませんね。
当社は東証基準をきっかり意識していますから、
30%の計画比減がなければ下方修正はないことになります。
まぁ今期のこの程度の悪化は下方が出ようが出まいが、
最近の株価が織り込んでいるものと思います。
そして来期予想ですが、以前に私は86と予想していますが、
これはさすがに修正するつもりですが、
ではどこまで控え目にするかは悩んでいます。

足元での当社の主要顧客(小売業)の業績回復が鮮明に回復しておらず、
このような外部環境の中で、私は控え目な業績予想が出るものと推測しています。

株価はここまでを織り込んでいるかは不透明で、
もしかすると短期的にはもう一段失望売りがあるかもしれません。

ただ、これも中長期的に見れば成長していくでしょうから、
その点は心配はないのですが、
私は今の現金比率や他銘柄(コムチュア)との兼ね合いで、
売却を進めています。
ですが、中長期ではよい投資先だとは思っています。

エイジアは良い面でも悪い面でもありますが、
あまり成長についてガツガツしている面が前面に出ていないのですよね。
コムチュアと比べても対照的だと思いました。

コムチュアの分析記事はもう少し後になりそうですが、
必ず書きますので、忘れた頃になるかもしれませんが、
またご意見頂ければ嬉しいです。

2015/03/16(月) 23:10 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/468-040add3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り