十分な教育資金と老後資金のために

 今日はさすがに各指数とも調整が入りました。
 私のPFはこれまでの上昇の恩恵は全く享受出来ていませんが、
 案の定、調整の時だけは人一倍調整してくれます。

 最近自分の保有株は軟調だなと改めて思うわけですが、
 値動きがよい銘柄にシフトしたいという欲求に毎日駆り立てられます。

 私は普段はあまりチャート見ないのですが、
 (というか読み方を知りません)
 保有株のチャートをざーっと見ていくと、
 6ヶ月くらいの日足を見てみるとほぼヨコヨコという銘柄が多くて、
 いわゆる値動きが悪い銘柄だなと思うわけです。
 値動きが悪い銘柄なんて資金効率も悪くなるし、
 もっと値動きが軽く、テーマ性や業績を伴った銘柄だってあるわけで、
 そういうところへスイングさせた方がよいのではないか、
 そんな誘惑が頭を過るわけです。

 実際にたらればにはなりますが、
 自分のスタンスではないこのようなやや投機的なスタンスを仮に取ったら、
 という仮定で仮想取引をしてみていますが、
 やはりパフォーマンスがよく出ています。
 (もちろん仮想取引の世界の話で現実はそう簡単ではないわけですし、
 そもそもこんなことをしても意味はないと思いますが・・・)

 こうやってたらればとはいえ、
 今思うスタンスを取ってみた方が、
 短期的には良い結果が出ているということで、
 益々誘惑が強くなるわけです。

 しかし、やはり、ここでスタンスを崩しては投資家としては終わりだと思っています。
 (短期取引やスイング取引を否定しているわけではなく、
 自分の決めたスタンスと異なるスタンスを取ってしまうという意味での話です)

 今の相場に応じてスタンスをフレキシブルに調整していく
 柔軟さが必要とも思いますが、
 それは私のような初心者がなすべきことではないと考えています。

 まずは、自分の決めたスタンスに忠実に、
 周囲に振り回されることなく、対応していくことが大事だと思います。

 そうすることで、数ヶ月又は1年という単位で儲けの機会を失うかもしれませんが、
 その積み重ねが投資家として成長する糧となって、
 長期的に見ればよい試練になるのだと信じるしかありません。

 そういえば、日経平均やTOPIXの好調さばかりが注目され、
 自分のあまりの低調ぶりにげんなりしていますが、
 もちろんそのげんなりには変わりはありませんが、
 マザーズ指数をみると、個人投資家においては案外厳しい状況ともいえるかもしれません。
 だからどうしたという感じもしますが、
 あまり自分を卑下したり悲観し過ぎるのではなく、
 これはよい試練だと思っていきたいと思います。 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/456-d1c87460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り