十分な教育資金と老後資金のために
1.パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (週間パフォーマンス)
 まるのんPF  : +0.4%          (+0.7%)
 TOPIX     : +6.6%          (+3.6%)
 日経平均    : +5.1%          (+2.4%)
 東証2部    : +2.7%          (+2.0%)
 JASDAQ   : +1.0%          (+1.0%)
 マザーズ    : ▲3.7%          (+0.8%)


2.全体所感

 今週は日経平均も21世紀高値を更新したとかで、
 大変好調に相場は推移しているようです。

 そして日経平均よりTOPIXの方が強いというのも、
 広く銘柄が買われていて、全体が底上げされている感覚があります。

 まさに日経平均2万円!に向けた布石でしょうか。
 ただ、こういったイケイケ状態になると大きな調整も来ますので、
 注意したいところです。

 というのは、同じように自分のPFも高値を更新している人の話です。

 前述の通り、私の今週のパフォーマンスは他の指数と比べて最下位です。

 2部指数もそれなりに上昇していますし、
 なんの言い訳も出来ませんね。

 別に言い訳をして抗弁をしたところで何かが解決するわけでも、
 誰からストラテジーを提案してくれるわけではありません。

 確かに決算通過して全体として芳しくない状況だったのだと思いますから、
 まぁこれも仕方のないことですかね。

 1週間、1ヶ月のパフォーマンスを見て、一喜一憂しても仕方ありませんが、
 ここまで指数とパフォーマンスの乖離が出ているのはすっきりしませんね。

 そして来週こそはと気持ちを切り替えようとしている矢先に、
 9090丸和運輸機関の夕方のPTSで11%安ということで、
 いきなり来週の週初から出鼻を挫かれるわけですね・・・。

 なお、先日IR照会をした際に、私は増資は覚悟していましたし、
 ほぼ確定と認識していました。
 もちろん、時期や規模はわかりませんが・・・。
 そして1部昇格も近いことも想定通りです。
 全てが想定通り、いやむしろ増資規模は思ったより小さかったと考えていますから、
 こういう悪材料(なのか?)には静観したいと思いますし、
 場合によっては、買い増しを検討したいと思います。
 下落している所を買うのはよくないのでしょうが・・・。


3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。
20150220_PF内訳

 ジーフットを今週は買い増しを行っています。
 元々割安さと自信度からもう少し買い増しをしたいと考えていましたが、
 あと1単位の買い増しで優待が1万円分来るという邪念が、
 影響はしたかもしれません。(苦笑)


※クリックすると画像が大きくなります。
20150220_保有銘柄一覧


 念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 2352 エイジア
 4245 ダイキアクシス
 2686 ジーフット
 9090 丸和運輸機関
 3276 日本管理センター
 3179 シュッピン
 9787 イオンディライト
 2384 SBSHD
 3277 サンセイランディック
 3079 DVx
 9467 アルファポリス
 1413 桧家HD
 2139 中広
 2764 ひらまつ



4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。
20150220_パフォーマンス推移表


20150220_資産残高推移表


 このグラフを見ると、各指数に明らかに差を広められた週になりました。
 各指数と比べるという意味では、今週は大きな節目?になったと思います。

 この逆風の中で、各指数との比較をもっと気にならなくなるような
 精神力が欲しいですね。



 2月末で仕事などの所用が少し段落しますので、
 PFの再構築も含めて3月に入ったら、少し時間をかけて精査したいと思います。

 
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
いつも参考にさせていただいております。丸和は思ったより下げるなら買い増したいですね。それと、日本管理センターは今度こそレンジを上抜いてくれるといいんですがねー、難しいかなあ。そうそう中広、いいですね、パクらせていただきました。ありがとうございます。
2015/02/20(金) 22:00 | URL | teaandeel #-[ 編集]
>teaandeelさん
こんばんは、teaandeelさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

丸和運輸機関についてですが、夕方のPTSでは11%の下落となっていますが、
現在は4%程度の下落のようですね。

私は今回の増資は、施設投資を拡大していく中で、
資金調達のことをIRに質問したことがあり、
はっきりとはもちろん回答はありませんでしたが、
回答のトーンから、
増資が濃厚だなと感じていました。
(あくまで主観的にです)

ただ、これは開示しないようにとのIRとの約束もありましたので、
当ブログでも濁していました。

今回の増資の影響をざっくりと考えてみましたが、
概ね以下のような考えに至っています(誤りがあればぜひご指摘ください)。

今回の新株発行で10%弱(7%程度でしょうか)の希薄化効果が出ることになります。
ですから、今期会社予想ベースで言うと、
EPSは224から210位に低下することになります。
(もちろん期中平均など色々考えれば正確ではありませんが、ざっくりです)

本日の終値は2510で増資前であればPER11.2倍で、
増資後であればPER12.0倍となります。

私は当社の目標株価を算出する際に、
一応目安としてPER12倍と置いていますので、
市場からの評価はようやく並の領域まで上がってきた認識です。

一方で、今後の成長性やそれを織り込んだEPSの伸長率を考えると、
まだまだ長期的には伸びしろが大きいと感じています。

そして今回のこの増資で少なくても10%以上も下げるのはさすがに過剰だと思います。
こういう不合理だなと強く思う事態が来週到来すれば、
今からでも買い向かってもよいかと考えています。
短期的には負けると思いますが、長期的には望みはあると思います。

また、IR照会した結果、こちらももちろん明確な回答など得られていないですが、
私が勝手に1部指定もまもなくと思っていました。
今回はまだ決定はしていませんが、布石は整ったと考えています。

桃太郎便にとっては、1部指定はサービスの信頼性や、
若い従業員のモチベーションになると感じています。
こういった信頼性やモチベーションの向上に加えて、
施設投資が順調に稼働していくことで、当社の成長を後押ししてくれる糧になります。

こういった1部昇格という材料もありつつの増資ですから、
私は希薄化こそあれど、許容できるものと考えています。

正直、1部指定と同時発表であればよかったのかもしれませんが、
形式要件を満たしていないのでは仕方ないですね。

手っ取り早く優待や分売をもっとすればよかったと思いますがね。
こちらはIRにはお茶をはっきりと濁されました(笑)。

すみません、コメントの回答なのですが、
私の丸和運輸機関に対する所感となってしまいました。


日本管理センターは、
社外取締役選任のリリースがありました。
イーベスト事業など新たなビジネスにも手を広げる中で、
田中氏のキャリアを見てみると、色々な妄想が頭をよぎります。
もちろん、よりビジネスの勝算を高めるために、
専門的知見に基づく対応を期待してのものだと思います。
武藤社長は、合理的な方だと感じており、
とりあえず今の流行のために、とりあえず社外取締を置きましたということではなく、
明確なWILLを持って配置したものと思慮します。
今後の成長を更に継続性あるものにしていってもらいたいものです。
そうすれば、今回の高値更新の可否は読めませんが、
安心して保有継続出来ると考えています。


中広は私もたった2単元という弱小の組入れなのですが、
VCというスキームに工夫があって、
いわゆる地域の情報誌とは一線を画すものと捉えています。

但し、以前私も保有していましたが、
2376サイネックスはふるさと納税という今年のテーマ性もあって、
こちらの方が今後注目されるかもしれません。
同じ業態という意味では、サイネックスが対抗馬になりそうだなと思っています。
ただ、サイネックスも実際、ふるさと納税効果でどこまで収益が上がるのかは、
未知数なのですがね・・・。

いつも当ブログをご覧いただいているとのことで光栄です。
最近は特にパフォーマンスが悪く、
どんどん読者の方も離れていくのだろうなと不安に思わなくもないですが、
今後もぜひ応援して頂けると嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
2015/02/20(金) 22:24 | URL | まるのん #-[ 編集]
丸和運輸まだ保有しているのですね?私は動きが悪い銘柄は撤退してます。ファンダメンタルだけじゃなくチャートも見てますか?株は人気投票に言われているでしょう。資金効率は重要ですよ。
2015/02/22(日) 23:02 | URL | ラビオリ #-[ 編集]
>ラビオリさん
こんばんは、ラビオリさん。
忠告を込めたコメントをありがとうございます。

9090丸和運輸機関は、私の中ではまだまだこれからの会社だと認識しています。
これは私が少なくても2、3年先を見て投資決断をしているためです。
そしてこの約1年は概ね会社の進んでいる道に満足しています。
具体的には1Qの反動減が想定より少なかったことによる逆に負の影響を受けたこと。
そこから2Q、3Qと順調にリカバリを図ってきていること。
先行投資や1部昇格もいよいよという中で、
今回の増資を元手により成長をしていって欲しいと願っています。

ラビオリさんの仰るように、チャートも大事かもしれませんが、
私は全く無視しています。
正確に言うと見方がわからないのです。
そして残念ながら勉強するモチベーションもなければ、
それに時間をかけるよりファンダメンタルズ分析に時間をかけたいと考えています。
これにセンスがないと思われるかもしれませんし、
投資をする立場としてあるまじきとお思いになることもあるかもしれませんが、
これが私の現時点の投資スタンスですので、
当面は意識的に堅持させていきたいと思っています。

その上で自分の中で見直す必要性を強く認識した時点で、
改めて他の手法も取り入れたいと思います。

チャートのほかにも需給バランスを分析するなど、
色々な手法に満ち溢れていて、
今の私には、色々なことを考える余裕がありませんので、
極めてシンプルに、業績がよい会社の株を、
それなりのお得感がある価格帯で買えればよいと考えています。

ですから、丸和運輸機関についても、
私は自分で納得したところで買えていますし、
今期もなんとか自分の想定していた成長を遂げてくれようとしています。

株価の動きが悪いかどうかは、主観的なものですが、
確かに効率がよい銘柄を上げればキリがありませんが、
私はそこそこ今の推移には満足しています。


人気投票ともいわれる株ですが、
では、人気は何で生まれるのでしょうか。
テーマ性が取り上げられるとか、政策の追い風を受けるとか、
社長のカリスマとか、機関投資家の動向とか、
まぁ色々あると思います。
それを予見して、または検知しながらスイングさせていける
時間とセンスがあれば、確かに資金効率の面から、
どんどん積極的に仕掛けた方がよいと思います。
その点では、ラビオリさんと考えが一致します。

一方で、その人気を予見する術がないと思っている私が、
その人気投票の人気の有無を追いかけていってしまうと、
恐らく私はどんどん投機的になってしまい、
もはや投資家ではなくなってしまうと考えています。
その点から、確かに資金効率の重要性は考えたこともありますし、
今も悩んではいますが、
資金効率を優先して、自分の投資家としての、
スタンスを変えることはしたくないと考えています。
そもそもその人気の予見が正確であるかは、
それこそ保証がなく、効率が高まるかどうかも疑わしいと思っています。

今のような上昇相場で概ね何を買っても騰がるという中で、
より強いテーマへスイングさせていけるのであれば、
それは今の相場環境では強いとは思います。

長くなりましたが、
丸和運輸器機関については、株価の動向以前に、
会社としてのファンダメンタルズの成長を期待しており概ね期待通りであること。
また株価推移も概ね満足していること。
また一般的な投資手法について、
私は人気を重視した資金効率のことは、
確かにそれが自分の自信の範疇で対応できる能力があれば、
今の相場環境では強いと思いますが、私にはその能力がないのと、
そもそも私の投資スタンスと異なるので、
そのような対応は敢えてしないように節制しているということをお伝えしたかったものです。
2015/02/23(月) 19:52 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/447-2ca91be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り