十分な教育資金と老後資金のために


 今日も保有株は大幅に続落しています。

 特に3179シュッピンや3276日本管理センターと、
 ちょっと前の主力株のうち、利益確定した後に残した分が、
 多分に下落してくれています。

 ただ、これはほぼ予見できたことで、
 既に現時点では評価され過ぎですから、
 やむ得ないことだと思います。
 ただ、何もエイジアショックで沈んでいる、
 この時をめがけて下落してくれなくてもいいのにとは思いますが。

 こればかりは都合よくいかないもので、
 むしろ、スピード違反でいつかは調整がくると認識していながら、
 いざそれが来るとまたモヤモヤしてしまう自分にがっかりします。

 さて、私の保有株の決算は今週後半からになります。
 まだこれから始まるのですが、
 心理が弱っている時には、これまで自信があったものも、
 また悪材料が出るのではないかと不安になります。

 いつも決算の前になると踏絵のように、
 自分の保有目的を問いただされているように思います。

 本当に自信があるのであれば、
 心理面が弱っていようと、
 この銘柄は大丈夫と、むしろ開示を楽しみにするのが正常な姿なのですが、
 どうもそうなっていない現実がここにはあり、
 自分の求める理想像とのGAPが大きすぎてゲンナリします。

 ただ、前向きに捉えるしかありません。
 GAPが大きいということは、まだまだ改善の余地があるということです。

 私は保有銘柄も数がやや多くなっていますし、
 なぜその銘柄を保有しているのか、
 これを簡潔に整理しておく必要があるはずです。

 もちろん自分の中では購入前に十分検討しているつもりですし、
 トレースもしているつもりなのですが、
 確かにシンプルに魅力を語れるように『本当に』なっているか、
 今一度確認したいと思いました。


 決算前に株価が軟調に推移する場合、
 よく業績悪化が潜んでいると言われます。
 これを信じるかどうかは自分にどれだけその銘柄に対する信念があるかだと思います。
 自分に信念があれば、そんなことは戯言にしか聞こえないでしょうし、
 逆に信念が損なわれていれば、一度ポジションを外しておこうか、
 などとテクニカルなことを考えてしまいます。

 そもそもポジションを外したことで、本当に悪材料が出て下落したことを回避できたことは、
 確かにその時点の損益で見れば勝ちかもしれませんが、
 『投資』という面で勝てたかことになるかは疑問です。
 最終目的が利益なのだから、下落を回避できたことは勝ちともいえますが、
 これは悩ましい判断だと思います。


 いずれにせよ、辛抱の日々が続きますが、
 感情には流されず、ロジカルに対応していきたいと思います。

 早速の2015年最初の試練ですが、
 くじけず頑張りたいと思います。
 (そもそも本当の下落相場をご存じの方はまだまだ甘いとお思いでしょうが)

 雑記になってしまいまして、申し訳ありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/431-ef5b693e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り