十分な教育資金と老後資金のために


 相場の波に乗ると儲かる気がしてしまいます。

 出来高が急増して高値を抜いてくるような、
 いわゆる強い銘柄に順張りで乗るというのは、
 多くの方が取られる手法だと思いますし、
 実際にこういった銘柄は今の相場では、
 更に高値を切り上げて勢いづくことも多く、
 勝率も高いように感じます。

 実際に年明けからこういった銘柄をスクリーニングして、
 その後の短期の動きを見ていると、
 勝率は高いですし、どれも驚異的なパフォーマンスを上げています。
 自分の当該スクリーニングにより抽出したカテゴリの監視銘柄一覧は、
 すこぶる順調です。(投資をしていないので、妄想100%の話です…)
 こういう幻想が余計に相場の波も大事かもしれないと、
 考えてしまうきっかけになっていることは否定できません。

 しかし、いかんせん「相場の波に乗る」という発想そのものが、
 自分の投資スタンスと異なるわけです。
 慣れないことには手を出さないという原則を堅守する必要性と、
 一方で新たな手法にもチャレンジして、
 よりパフォーマンスを追求していく必要性も感じたりと、
 様々な欲求が湧いて出てきます。

 人間の欲求とは、現状の不満から生まれるもので、
 不満だからこそ、行動しようとモチベーションが働きます。
 現在のパフォーマンスや自分の投資手法にも様々な不満要素があるからこそ、
 行動しようというモチベーションが高いわけですが、
 だからといって安易に行動してしまうと、
 株式投資の世界では足元をすくわれかねません。

 会社が守ってくれる仕事であれば、
 自分の裁量の範囲内であれば試行錯誤することも許容され、
 結果失敗をしても会社という傘が守ってくれます。
 (こういう発想はよくないかもしれませんが・・・)

 株式投資では試行錯誤により結果として失敗することで
 スキルを高められるという要素もあるでしょうが、
 その損失は全て自分が被る必要があります。
 ですから新たな手法にチャレンジするにも、
 そういった授業料の支払いを覚悟し、
 リスク管理もきちんとした上で、
 その授業料を払うことになったとしても、
 次につながる長期的な視点での試行錯誤をするべきです。
 単に今儲けられそうかどうかという尺度で試行錯誤するのは、
 授業料ももったいないですし、自分に何も残りません。
 残るのは、賭けを外したという更なる不満だけでしょう。

 では、一定のリスクがあることを承知の上で、
 敢えて自分の手法と異なることをやってみるのはどうなのかと、
 更に自分の欲求を満たすための妥協案が頭をよぎります。

 
 まず冒頭で年初からのモニタリングの結果、
 短期で驚異的なパフォーマンスをあげていることは、
 きっと偶然でしょう。
 結果論ですし、その上昇がいつ終わるか、
 そしていつまた元に戻ってくるかわかりません。
 結局私のスタンスでは短期の値動きなど読めないし、
 読むべきものではないというものです。

 ですから、確かにスクリーニングをした結果を踏まえて投資をしていれば、
 この2週間はたまたま大きく勝てたということにすぎません。
 にも関わらず、この新しい手法が、
 自分のパフォーマンスにイノベーションを起こしてくれるなどと考えるのは、
 甚だばからしい話なのです。
 冷静に考えてみれば、このように思うわけですが、
 今の芳しくないパフォーマンス、
 そして他の方の波に乗って好調なパフォーマンスとを比較して、
 不満が募ってくるとこういった「よからぬこと」を考えてしまうものです。


 こういう時に慣れないことをして、
 更にパフォーマンスを悪化させていくケースもよくみます。
 ですから、リスクを認識した上で部分的にやるなどということも
 出来れば避けて、自分のやり方を貫くべきだと思います。
 そのことが長期的には必ず自分のためになると信じるしかありません。

 相場の波乗りなどという新しい遊びに手を出さず、
 自分の決めたスタンスをきちんと守って堅実にやっていこうと思います。

 自分への戒めのような内容になり恐縮です。
コメント
この記事へのコメント
得意なやり方に特化すべきという考えもありますし、新たな挑戦をすべきという考え方もあります。
難しいところですよね。
わたしも、似たようなことを考えています。
http://retirehaitou.com/blog-entry-510.html
2015/01/27(火) 14:39 | URL | オサム #-[ 編集]
>オサムさん
こんばんは、オサムさん。
同じようなことを考えられているということで、
自分だけではないのだなと思いました。

熟考の上、新しい考えを試してみることは
ご紹介頂いた記事を拝見して改めて思うところですし、
そんな中で、大怪我をしないようにコントロールすること、
つまりリスクコントロールすることは重要ですね。

きっと成功されている多くの投資家も、
外から見れば良い面ばかりが目につきますが、
実際には多くの試行錯誤の上に今があるのでしょうから、
自分もそういった試練を受けて成長するしかないなと思います。

今日も日経は大きく騰がっていますが、
私のPFはたった0.1%の上昇という散々な結果です。
日々の動きに一喜一憂しないとはわかっていても、
穏やかではありません。

すみません、後半は私の今日のぐちになってしまいました。

記事のご紹介を頂きましてありがとうございました。
2015/01/27(火) 22:49 | URL | まるのん #-[ 編集]
お疲れさまです。昨年末のIPO銘柄を眺めておりました。気になる銘柄が2,3ありますが、今の地合いを勘案するともう少し様子見であります。

さて、素人の私の意見で恐縮ですが今回の記事は多くの投資家が常々感じている内容かと思います。どのような投資スタイルであれ自身のパフォーマンスがいつも好調ということはあり得ません。また、自身のパフォーマンスが不調なときには、隣の芝生は、、、となりがちで投資スタンスを変更する方もたくさんいらっしゃるでしょう。

最大の問題は自身のスタンスが間違っているかどうかが長い目で見ないと分からないことかと存じます。不調なのは今だけなのか、これからずっと続くのか、今の段階では解がございません。

もうひとつの大きな問題は、株式全体に対するマネジメントですが、株価は下がる時は一気に下がることです。地合いによる場合がほとんどですが、個別銘柄の成長性や割安感、指標などは何の防御にもならず投資したお金が吹っ飛ぶかのように急降下することを想定しておく必要があります。

これらの大きな負の可能性を勘案し、自分のスタンスによって私は投資、購入しないと本当に後悔するかどうかを二、三日から一週間よく考えるようにしております。購入を見送ると、必ず強く後悔するであろう銘柄にのみ投資しており、同時に売却ルールもある程度決定します。このあたりは感覚的なものになりますが、安易な投資は決して行なわないようにしております。

長々と失礼しました。ニュースリリースによるエイジアの急上昇急降下をどのようにご覧になりましたか?半年前と比べ、株主がかなり入れ替わりゆっくりですが本格的な上昇も見込めるように感じます。またコメントさせて頂ければと思います。
2015/01/28(水) 01:17 | URL | 素人投資家A #-[ 編集]
>素人投資家Aさん
こんばんは、素人投資家Aさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

隣の芝生の日々が続いており、
色々悲観していますが、もっとも大きく下落をしているわけでもないので、
もう少し長い目線で自分のスタンスの有効性を評価しなければなりませんね。
しかも、株価がこの時に騰がった、下がったということだけで、
スタンスの良し悪しを結論付けてしまうのも違和感があります。

将来が来てみないと、今の自分の言動がよいのか悪いのか、
またよいパフォーマンスとなるのかそうでないのかわからない点が、
投資の難しさでもあり、面白さでもあるはずです。

さて、購入するかどうか熟考するということは私も必要なことですし、
素人投資家Aさんのように時間軸でも制御をかけておくことは有効ですね。
どうしても値動きがチラついてしまい、
ついつい焦ってしまうこともありますからね。

私も原則的に新規銘柄を購入する時には、
分析記事を書いて(公開するかはまた別問題ですが)、
自分の所定様式を埋めてからでないと購入しないよう、
多少の制御は利かせています。
それでも衝動的に手が動いてしまうこともありますが、
注文画面で思い止まります(笑)。

大事な資金を投入するわけですから、
本当に慎重でなければなりませんし、
素人投資家Aさんの仰るように、
買わないことで強く後悔するかどうかという所まで考えることも、
大事なことですね。参考にさせて頂きます。

エイジアの件ですが、
実は先ほどニュースリリースの内容すら、
帰宅した後に先ほど読みました。
その上で、記事も書いたのですが、
お恥ずかしいことながら、実は素人投資家Aさんにご指摘頂いて初めて、
瞬間的な高騰だったのだと知りました。
高値で随分買われたんだね、と思いましたが、
まさかこのニュースをきっかけに、
たった分レベルでジェットコースターをしたとは思っていませんでした。

ですので、完全に事後で見た印象ですが、
馬鹿馬鹿しい値動きだなと思いました。
確かにトヨタというビックネームとの取引というのは、
当社の潜在力があることの証明でもありますが、
それは既に多くの大手企業が採用していることから自明です。
そしてこの件が業績に影響するかという点では、
ほぼ誤差なのではと思います。
ユーザー側(トヨタ側)でインポートして出来て安価に気軽に出来ることが
導入の決めてとあり、このビジネスだけでファンダメンタルズが向上するとは思えません。

但し、中長期的には、こういったことの積み重ね、
またトヨタのこの件も、当該事業の成長と共に、
エイジアの役割範囲や規模も大きくなる可能性もあるわけですから、
そういったものを長い目線で期待はしていますが、
飛びつくようなニュースではないという印象です。

最近少しずつですが株価も戻ってきて、
ようやく私も含み損が解消していますが、
とりあえず3Q決算をうまく乗り越えて欲しいなと思います。

どうぞ、今後も色々アドバイスのコメントをいただけますと嬉しいです。
2015/01/28(水) 01:43 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/424-510f7feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り