十分な教育資金と老後資金のために
1.パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (週間パフォーマンス)
 まるのんPF  : +0.3%          (+1.2%)
 TOPIX     : ▲0.3%          (+2.8%)
 日経平均    : +0.3%          (+3.7%)
 東証2部    : +0.8%          (+0.5%)
 JASDAQ   : ▲0.9%          (+0.1%)
 マザーズ    : ▲4.1%          (▲0.6%)


2.全体所感

 今週は、日経平均が大きく反発しました。
 原油安をきっかけとした年初からの動きなど世界情勢の動きに振り回され、
 ボラティリティの高い日々が続いています。
 このような状況で、それなりのリスクを取った方々の中には、
 良好なパフォーマンスを得られている方も多いと思われます。
 私自身もプラス圏には浮上したものの、
 ものの、日経平均はともかくTOPIXにも大きく劣後していますし、
 その上昇も特定銘柄に偏っており、
 全体では冴えない値動きの銘柄の方が多く、
 気持ち的には残念な気持ちの方が台頭しています。

 テロの問題やECBによる緩和施策の決定などで
 世界情勢は引き続き大きく動いていますから、
 相場全体は来週以降もボラティリティの高い状況が続くものと思います。
 業績面において、このような外部要因に左右されない銘柄を、
 多く保有しているつもりではありますが、
 相場が騰がる時にはイマイチで相場が下がる時には指数以上に下がるのが、
 私のポートフォリオの宿命のようですから、
 覚悟はしておきたいと考えています。

 全体の所感として、やはりJASDAQとマザーズの動きが気になります。
 個人投資家が多く参戦している新興市場において、
 このようなパフォーマンスであるということで、
 負の連鎖により停滞することも考えられます。

 1月初旬は外国人の売りが膨大となったことが主因で日経平均が下げましたが、
 今は個人も含めて資金が新興市場から大型主力銘柄に移っているのでしょうか。
 もしこのような一過性のことであれば、
 きちんと循環して新興も盛り上がると思いますが、
 やはり相場全体を見渡すと色々怖さがあるのは事実です。

 とはいえ、このような心理面にあまり左右されることなく、
 銘柄毎のファンダメンタルズをきちんと見て、
 冷静に判断をしていきたいと考えています。


3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。
20150123_PF内訳

 ポートフォリオの構成に変化はありません。
 現金比率が30%というのが今の心境からして妥当かどうかですが、
 概ね妥当と考えています。
 ただ、本音では、もう少し株式の割合を増やしたいです。
 一方で相場全体も決して割安とはいえない状況の中、
 前述のように不確定要素も一段と深まっており、
 無用に買っていく気持ちを抑制しているといったのが実情です。

 いつかまた買い場のチャンスが来ると思うのですが、
 それを気長に待てば、益々パフォーマンスという結果において、
 置いてきぼりをくらうわけですから焦ります。
 しかし、焦ってはいけないのですよね。
 よくわかっているのですが、せめて買っていくとしても、
 きちんと考えた上で後悔のないようにしたいと思います。


※クリックすると画像が大きくなります。
20150123_保有銘柄一覧


 この表では、銘柄毎にオレンジ又は青色の色をつけています。
 3%未満、5%未満、10%未満、10%以上の値動きについて、
 値上がり、値下がりで色の濃淡をつけています。 

 今週で言うと、PF1位の2352エイジアが7%という成果を出してくれました。
 PF3位の9090丸和運輸機関も5%超ですから頑張ってくれました。
 この2銘柄は業績面を期待しているものと思います。
 PF2位のダイキアクシスも3%近い上昇ですから、
 TOP3がそれなりに好調だったのに、
 週間でたった1.2%という結果になっているのが、
 残念だなと悶々としている理由かもしれません。

 こういう時に、改めて集中投資しておくべきだったのではと頭をよぎります。
 TOP3位に集中投資していれば、今週はそれなりのパフォーマンスを残せました。

 しかし、これはあくまで結果論ですし、
 そもそも騰がったからこのようなことがいえますが、
 TOP3が下がった時には分散していてよかったと言うかもしれません。
 実際今週の反動で来週あたりにそのようなことをここに書いているかもしれません。

 現金を多く持ち、それなりの分散を行うことで、
 確かに上昇相場ではパフォーマンス面で遅れてしまうことになるかもしれません。
 しかし、相場が下がった時に特定銘柄に偏っていたり、
 現金がない場合に狼狽するようになることだってあるわけです。

 何事も程よくがよいのだと思います。

 こういう考えでは何十パーセントという驚異のパフォーマンスには繋がらないでしょう。
 しかし、ついついそういう何十パーセントというパフォーマンスに憧れて、
 いつかは自分も、と思ってしまいますが、
 そもそも、私の目標は年利15%です。
 結果として20%、30%とパフォーマンスが向上することは素直に喜びたいと思いますが、
 一方で私の身の丈にあったリスクの取り方をしているかも重要です。

 こういった観点からもポートフォリオ全体のPERなど、
 定量的に可視化しておくことも必要かもしれません。
 ということで、週末によく考えたいと思います。

 念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 2352 エイジア
 4245 ダイキアクシス
 9090 丸和運輸機関
 3276 日本管理センター
 3179 シュッピン
 2384 SBSHD
 9787 イオンディライト
 2686 ジーフット
 3277 サンセイランディック
 3079 DVx
 9467 アルファポリス
 7743 シード
 1413 桧家HD
 2139 中広
 2764 ひらまつ



4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。
20150123_パフォーマンス推移表


20150123_資産残高推移表

 今週はとりあえず年初の資産に戻した点ではまずは一安心ですが、
 まだはじまったばかりとはいえ、渋い結果ですね。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/422-0c65d619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り