十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

 今週も相場は軟調に推移しました。
 1月下旬からの下落もあり、今週は反発かと思っていましたが、
 どうも様相は異なるようです。

 それでは、現在のPFの状況等を振り返っておきたいと思います。


◆主要運用ベース
20140214_主要運用(資産推移)
20140214_主要運用(パフォーマンス)

 まるのんPFは、年初来で+1.9%、週間で+2.0%となりました。
 TOPIXは、年初来で-9.1%、週間で-0.4%となりました。

 まるのんPFは年初来で再びプラスへ転換しましたが、
 今週は決算発表が相次いて、保有株については比較的ポジティブな内容だっと思います。
 それでもこの程度しか伸びなかったので残念な気持ちが大きいです。

 それから現金比率が先週より0.7%減となっています。
 引き続きボラティリティが高い状況が続くでしょうから、
 一定の現金比率を確保することに留意したいと思います。




◆全運用資産ベース(参考)
20140214_全資産(資産推移)
20140214_全資産(パフォーマンス)

 全運用資産は、寝かしている資産が大半を占めているため、参考値です。
 こちらも年初来でかろうじてプラスへ転換しました。




◆保有株の状況
 マネックス証券では、日本株の個別銘柄を日常管理しているメイン口座です。
20140214_マネックス株式

 SBI証券では、インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座です。
20140214_SBI株式

 今週は博展を損切りしましたので、PF上で大きな含み損の銘柄は、
アイスタイルとウチヤマHDが残っています。
これらを処分するかどうかなのですが、いずれの銘柄も所有した時の前提は崩れていません。
(博展は下方修正により、成長性の前提が崩れたため残念ながら損切りとなりました)
ウチヤマHDはそんなに時間を要せず回復すると睨んでいますが、
アイスタイルはまだまだ先が長そうです・・・。

 またNISAで初の買付を行いました。
桧家と協和エクシオを組み入れしてみました。
全く性格の違う銘柄ですが、今後が楽しみです。
早速含み損になっていますが・・・




◆個別銘柄の状況
20140214_個別銘柄状況


保有銘柄の状況を見ていくと、まずは、2384SBSHDに目が留まります。
PERが大きく低下して一気に10倍割れ水準となっています。
また、PBRも元々1倍割れ水準です。
業界平均がPER、PBR共に元々低めの傾向であるとはいえ、
だいぶ投資魅力があるような気がします。

それから3276日本管理センターも配当利回りが高く、
PERもそれなりに低下しており、こちらも好印象です。

一方でマザース銘柄は私が所有している銘柄の中では、
PERが高めであります。
ただいずれも次期予想で低下傾向にあるため、
業績は今後も順調に推移していくという目論見があります。
この目論見が崩れることはないかは常に念頭に置いておきたいと思います。

一方で監視銘柄については、2175SMSは事業内容が大変魅力ですが、
如何せんまだPERが高いです。
もう少し値ごろ感が出たらいいなと思います。
8945日本社宅サービスは投資するには大変魅力ですが、
保有銘柄である3276日本管理センターと被っているので、様子見です。
よりリスクをヘッジするために両社へ資金を分散するのもいいかなと思案中です。
かつそれをNISAへ持っていくのもありかなとも考えています。
2445エスアールジータカミヤは保有している4750ダイサンからとの兼ね合いもあって、
こちらも様子見なのですが、だいぶボラティリティが高い状況のようですので、
もう少し下げたら、資金をダイサンからシフトしようかなと思っています。
9787イオンディライトは完全にNISA向けに狙っていますが、
2000円割れで拾いたいです。
9419ワイヤレスGは決算が予想より低く猛烈に売られています。
事業内容や成長性に期待は大きいのですが、
如何せん定量化するとなかなか買えません。




【参考】PF資産管理について
 PFの管理は全資産ベースと日常管理している主要運用ベースの2つで管理しています。

 全資産ベースとは、金、RETI、投信などの定額買付を含む資産で、
かつNISA用に眠らせている現金(夫婦で200万分)を合算した運用成績です。
一方、主要運用ベースは、私が日常取引で売買している日本株の個別銘柄と
その運用向けの現金にフォーカスを当てた運用成績です。
今年の目標として、この主要運用ベースで年利回り15%を目標としています。
TOPIXなどの主要指標との比較の観点ももうひとつの目標に取り入れたいのですが、
まだ定められていません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/42-97a6c56c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り