十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


 せっかちな性格は投資にはネガティブに機能すると考えます。

 そして私は根っからのせっかちな性格でして、
 なにかをしようと思えば、一刻も早くそれが実現するよう、
 前のめりになってしまいます。
 つまり、このことだけで断言は出来ませんが、
 少なくても性格的に不利な要素を、
 私自身が兼ね備えていると認識する必要があると感じています。

 例えば、美味しいものが食べたくて、
 あるお店に矛先が向いたとします。
 そうすると一刻も早くそのお店に行きたくなってしまい、
 何かと理由をつけて出掛けようとしてしまいます。
 最近では話題のパンケーキが食べたくて、
 某有名ショップに家族を巻き込みんで足を運びました(笑)。

 また、家族との団らんの中で、
 そろそろ子供に自転車を買ってやろうかという話をしていました。
 次の日が休日だったりしたので、ろくに調べもせず、
 とにかく一度お店に行ってみようと家族をけしかけて、
 出掛けたりします。
 しかし、よくよく冷静になって考えてみると、
 まずはインターネットなどでどのようなメーカーから、
 どのような商品が出ていて、
 それぞれのメリットデメリットなどを考察した上で、
 目星をつけた上でお店に行った方が、
 効率的ですし、そこまで考察が及んでいなければ、
 結局お店に行ったとしてもまた来ます~となるのは自明です。
 実際にそれで無駄足となることも我が家では日常茶飯事のことです。

 自分のやりたいことをすぐに実践する姿勢という面では、
 この性格は嫌いではありませんが、
 そんな何かに追われたような状況に追い込まれ、
 自分自身疲れることもあります。
 当然、それに巻き込まれる家族はもっと迷惑していることでしょう。

 何かをするという行動について、
 一定のモチベーションが生まれると、
 それを自分自身へのコミットメントして認識するわけですが、
 このような行動が先に立つ点は、投資の世界は向いているのでしょうか。
 私のようなリスクを取り過ぎないようにするスタンスの場合は、
 ネガティブになると考えます。



 現状認識として、今のポートフォリオに対して2つの面で捉えています。

 一つ目の捉え方は、一定の満足です。
 個々の銘柄にはそれなりに保有前提が存在しており、
 投資判断も自分のシナリオの中において合理的です。
 合理的なものの積み重ねで構築されているので、
 当然のことながらそこには合理的な結論と感じられるわけです。

 もう一方の面での捉え方は、一定の不満足です。
 合理的な判断の単純和ではありますが、
 そこには一定の歪が存在しており、
 それが積み重ねにより増長されることで、
 一定量の不満足、つまり改善余地として認識するようになります。
 この両面での評価はパラドックスのようでもありますが、
 人間ですから、この不満足の解消に何より目が行きがちになります。


 すると、その時点でもっとこうありたいという欲求が支配的になってきます。
 そこに行動したいというモチベーションが生まれるわけです。
 せっかちな私は、すぐにその理想系を手にしたくなり、
 安易に「行動」してしまいそうになるわけです。

 ウエイトを高めたい銘柄を組み入れるために、
 現状の値段で買うことを許容するロジックを創り上げ、
 とにかく行動しようとするわけです。

 確かにそのロジックが多少の精度の甘さがあったとしても、
 それが自分にとって割安だという判断がついたのであれば、
 実はそこまで誤った行動のようにも思えません。

 しかし、往々にしてせっかちな私は、
 前のめりになって、その精度の信頼性が大きく損なわれる恐れがあることは、
 想像に難くありません。
 そういうリスクを負って、行動が先に出てしまうことは、
 結果として機会損失にならなかったという成功体験にもなりえますが、
 今の私のリスク許容度からすると到底受け入れられないものです。

 ですから、冒頭に書いたように
 せっかちな行動を抑制するような働きかけを、
 投資の世界にいる時には特に強く意識しておかないといけないと感じます。


 部屋の模様替えというような類のものであれば、
 掃除をして家具を再配置してみて、気に入らなかったらまた変えればよいのです。
 犠牲になるのは、私の掃除の時間と手戻りになる精神的ショック位なものですから、
 たかが知れています。
 振り回された家族のフラストレーションもおまけについてくるかもしれませんが。

 投資の中においてはポートフォリオ構成は部屋の模様替えとは異なります。
 やり直しをすることになれば、
 大きな経済的損失を被る可能性もあるわけです。
 せっかちに物事に取り組むのは、
 やはり慎重になるべきだと思います。

 ただし、本当に実力がある(運もある?)場合には、
 個々の判断が的確で精緻なものである可能性も高くなりますし、
 自分の指標に照らして即座に意思決定して行動できることは、
 何よりの強みになると思いますし、
 それがより大きなパフォーマンスを上げる可能性を示唆するものなのかもしれません。
 もちろんそれだけ不確定リスクを許容していることにもなるため、
 自信がないとそのような行動はとれません。
 間違っても私のような初心者が、
 投機的に安易にポジションを変えてはならないと認識しています。

 それでも日々刻々と変わる状況認識に応じて
 ポートフォリオをいじりたくなってしまう感情と、
 今後もうまく付き合っていかなくてはならなそうです。

 いつもながら、支離滅裂な記事で申し訳ありません。
コメント
この記事へのコメント
サンセイ下値あたりで揉み合ってますね。しかも小幅の値動きなの買い増しもできない状況です。
2015/01/21(水) 00:01 | URL | ラビオリ #-[ 編集]
>ラビオリさん
こんばんは、ラビオリさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
サンセイランディックは確かに横ばいで方向感が乏しいですね。
出来高も足元で細ってきていますが、
そろそろどちらかに動くかもしれませんね。
気長に上昇していってくれることを願っていますが、
まずは決算を無難に通過してほしいなと思っています。
2015/01/21(水) 00:40 | URL | まるのん #-[ 編集]
毎日拝見させて頂いてます。
参考になる記事ありがとうごいざます。

私もせっかちな方なので、PFを弄りたい衝動を止められない方です(笑

日々試行錯誤してますが、一度決めたらファンダ変わらない限り持たないと厳しいですね。

一週間株価見ないとか荒行しないとダメかなぁ。
2015/01/21(水) 09:10 | URL | たろ #-[ 編集]
>たろさん
こんにちは、たろさん。
毎日ご訪問頂いているとのこと、ありがとうございます。
このような個人の戯言のような記事に日々お付き合い頂いた上、
コメントまで頂けることを大変嬉しく思います。

1週間株価見ないというのは本当に実践出来たら、
下手な取引をせず良い面もありますが、
欲求不満になって精神衛生上は益々フラストレーションも溜まりそうです。

結局株価を見ればそれに一喜一憂し、
見なければそれが気になってしまい、
どちらにしても苦しいですね。

株をやるというのはそういうことなのかもしれません。

そして長期投資視点だからこそ、
まだなんとか耐えられるというのはあるかもしれません。
これがその日騰がるか下がるかにbetするような短期投資だと、
どうしても板に張り付きになってしまい、
専業でないと難しいですね。

ファンダメンタルズが変わらないと思えば、
ホールドするが基本ですが、
株価が大きく振れると、変わらないと考えている自分自身に
疑心暗鬼になってしまう弱い面があるのが実態です。

そんな弱い自分といかに向き合うか、
そして自信をつけて、スタンスを堅持できることも重要なのでしょうね。

今後もあまり質の高い記事はご提供出来ないと思いますが、
またお付き合いいただければ嬉しいです。
2015/01/22(木) 09:35 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/419-d1747206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り