十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)

1.パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (週間パフォーマンス)
 まるのんPF  : ▲0.9%          (+0.2%)
 TOPIX     : ▲3.1%          (▲1.2%)
 日経平均    : ▲3.4%          (▲1.9%)
 東証2部    : +0.2%          (▲0.4%)
 JASDAQ   : ▲1.0%          (▲0.8%)
 マザーズ    : ▲3.5%          (▲1.6%)


2.全体所感

 今週も市場全体が不安定な中、
 本日は為替相場でスイス発のニュースで一層不安定さを増して、
 株式相場も軟調に推移しました。
 年初1週目は堅調に推移していた中小型株も、
 さすがに下落のあおりを受けた1週間となりました。

 特に為替の影響を受けやすい大型主力株中心の日経平均の下げが大きく、
 個人投資家の心理面を反映したかのように、
 マザーズ指数も下落が大きくなっています。

 東証2部指数は下落しているとはいえ、やはり底堅い動きです。
 年初でまだプラスを維持していますからね。

 そして、まるのんPFは1週目の下落が大きかったこともあり、
 今週は一旦下げ留まりました。
 ただ、これも日本管理センターの高騰の恩恵をたまたま享受出来ただけで、
 本質的にはそうとうやられているのが実感です。

 まずは早々に年初来プラスにもっていきたいですが、
 こればかりは自分の意思でどうなるわけでもなく、
 市場の評価を長期的に待つしかありませんので、
 焦らずにいきたいと思います。
 (最近取引が増えているのも焦りがないとは言い切れないため、自制のために)

 なお、大引けにかけて下げ幅を縮小していますが、
 これが来週に望みを繋ぐきっかけになるのか、
 それともまた週末に色々出てきて更に下落していくのか、
 よくわからないですね。

 なんとも後味が悪く、辛抱が続く1月となっています。


3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。
20150116_PF内訳

 PF上位で変化があったのは、3位と4位が入れ替わりました。
 3276日本管理センターが4位に、3位に丸和運輸機関となりました。

 本日、3276日本管理センターを売却しています。
 現金比率をなんとしても30%を切らしたくなかったので、
 なくなく利益確定をしています。

 自信度は高い(A)なのですが、目標株価までのGAPが小さく、
 期待値が下がっているためです。

 ただ、本音をいえば、売りたくなかった・・・。

 当初の買付した時の目標株価の1,250円は上回っていますので、
 よしとしようとポジティブに考えることにします。

 この判断でなんとか現金比率30%台をキープしていますが、
 それでも前週より3%現金比率が下がっています。
 9467アルファポリス、2686ジーフットの買付のためです。

 全体としてやはり銘柄数は多いのですが、
 このように確信を持つ銘柄に集中させられないのが、
 いまの私の実力でもあり、
 いまの相場の捉え方の表れでもあるように思います。

 これから市場全体が更に下がり期待度がより増した場合に備えて、
 今週時点では30%台の現金をキープさせたので、
 期待度が更に高まる局面ではこの現金を投下していきたいと思います。
 基本的には今の構成銘柄に対して、
 期待値に応じて配分することになると思いますが、
 新規銘柄の物色も継続していますので、どうするか週末によく考えたいと思います。


※クリックすると画像が大きくなります。
20150116_保有銘柄一覧

 銘柄毎の週間パフォーマンスを見ると3276日本管理センターの上昇が目立ちます。
 大変魅力がある銘柄でありますから、
 まだまだホールドしていきたいので、緩やかに上昇していってもらいたいです。
 シュッピンのようにここからPER40倍台に接近するようだと、
 悩みも増えてしまいます。

 3179シュッピンも上昇しています。

 私はどうしても高騰していると下がる可能性が高まると、
 安易に考えてしまう癖が未だに抜けませんが、
 実際に、高騰して評価されてきている銘柄は、
 更にその後も評価されて高値を切り上げていくことが多いのですよね。

 改めて、この2銘柄はその典型のように感じました。

 一方、今週の動きで納得がいかない銘柄は、
 9787イオンディライトです。
 そして何度、追加で買付をしようと思ったことでしょうか。
 注文画面で注文ボタンを押す手前まで何度も来ていますからね(笑)。
 今週思い止まったのは、
 目標株価が3,230円と上昇余地は30%弱という水準であることです。
 ただ、当社のストック型ビジネス、そしてそこから多角化してそれが軌道に乗ってきている、
 その決算も大変好調であり魅力が一層増していると思います。
 決して優待のカレーを追加で欲しいからではなく、
 他の銘柄のようにGAPで2倍近くある銘柄ばかりでなくても、
 自分の中でより安心感の強い銘柄が主力級にひとつあっても、
 パフォーマンスは出ないかもしれませんが、
 目標15%を考えれば妥当な気もしています。

 そもそもあの決算でなぜ週間でここまで下がるのか、
 やはり納得がいきません。


 それから、2384SBSHDですが、本日の下落はどうしたのでしょうか。
 当社の見立ては何一つ変わっておらず、当然ホールドですが、
 目標株価も修正しており、
 再び期待値から追加で買い増しを検討してもよいかもと思っています。
 ただ、当社はずっと前に買付を行い目標株価の2倍を達成し、
 既に半数以上を売却して、
 あとの残りは更なる上昇を見込んで気長にホールドしようと考えているわけです。
 こういう時に更に買い増しをするのが本当に得策なのか、
 よくわかりません。

 というのも、当初の目標株価は達成済で、
 そこから最新情報を元に目標株価を修正していますが、
 当然2倍になったという成功体験が影響している可能性が高いです。
 要するに甘い評価になっていたりしないかということです。
 自分の中ではそのつもりはなくとも、どこかでその目標株価そのものが、
 見誤りがあるかもしれないと強く認識しておく必要があると思うのです。

 その他の銘柄については、まぁ全体としてよく耐えてくれたなという印象です。 

4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。
20150116_パフォーマンス推移表


20150116_資産残高推移表

 まずは年初から資産を減らしていますので、
 まずはプラス圏は早く浮上したいものです。

 ただ棒グラフのオレンジ色部分は海外ETF資産ですから、
 為替影響も受けています。
 来週以降の評価額も目減りされるでしょうから、
 株式側でそれをリカバリする位の成果を上げないとなりません。
 年初早々、プラス圏浮上すらも前途多難な状況ですが、まだ始まったばかりですから、
 最近の浮足だった状況を少しずつ落ち着かせて対応していきたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
まるのんさん こんばんは。

お久しぶりです。

強気な予想が飛び交っていたお正月ムードなんて吹き飛ぶような不安定な相場が続いてますね。

イオンディライトは下げが止まらなかったですね...。

大元のイオンが業績悪化していることから先行き不安とかで売られたんでしょうか??

ジーフットにしてもそうですが、イオンの不調を横目にかなり善戦している印象なんですけど...。

あ、私も実はジーフット参戦しています。有名なブロガーの方の推奨もあったことですし

底堅さも発揮されつつ、昇格などのカタリストとともに上昇していってくれることを期待してます。

なかなか大変な環境ですが、頑張って乗り切りたいですね。


2015/01/16(金) 20:09 | URL | カイト #-[ 編集]
>カイトさん
こんばんは、カイトさん。
お忙しい中、コメントを下さりありがとうございます。

もうすっかり強気ムードもなくなり、
今度は悲観ムードが漂ってきましたね。
確かに外部要因は不安定なリスク要因が次々と顕在化しています。
ひとつひとつのことを捉えようと思考を巡らしますが、
当たり前の話ですが、相互に関連し合っており、
複雑化しているので、状況把握するのも困難ですね。

例えば原油安についても。
ガソリンが下落することで経済面ではプラスと捉えられますが、
一方で原油安の影響で例えばロシアの経済面に不安が出ますし、
ロシアがこれにより混沌さを極めると
また軍事面でのややこしい話が出てきたりと、
現在は顕在化していないリスクまでも考えが及びます。
しかし、結局色々考えてもそれに個人が対応できるものでもないので、
過度に悲観的になる必要性も感じません。

エボラやギリシャなど様々な不確定要素がこれまでもありましたから、
そういった時に冷静に対応してきたことを継続させていきたいと思います。


さて、まずイオンの件は、
残念ながら本体の業績は大苦戦といったところだと思います。
主力事業がここまで落ち込むと一筋縄ではいかないと認識しています。

しかし、イオンディライトはイオンと冠こそついているものの、
グループ内に閉じたサービス形態からの多角化が認められます。
単に施設管理のストックというより、
サポートや衛生事業など新たな事業にも期待しています。
決算はイオン本体の不調などどこ吹く風です。
今後じわりじわりと本体不調の影響が出てくると思いますが、
それに備えた多角化なわけで、
前にIR担当者とお話をさせて頂いた際にも、
イオン本体の動向はリスク認識が深く参考になりました。
高い成長率は望めませんが、
着実な増収増益を継続されるものと考えています。


ジーフットの件は、私もイオン本体の不調のわりに
よく売れているなという印象です。
特にモール系はまだ集客されていますが、
旧ダイエーなどまだ集客力がない中での店舗拡大をしています。
それでもこれだけの売上をつくっていけているのは、
ABCマートに優位性はあれど、戦っていけると思うわけです。

ただ、ビジネスモデルという面でいうと、
他社もPB推進や販売力向上施策などは実施していますので、
これといった特徴がみられないので、
結局価格競争になりやすくその点が最大のリスクと捉えています。

記事には書きませんでしたが、
靴は生活必需品です。
そして斜陽産業であるともいえます。
まだ思い付きの段階ですが、
眼鏡でJINSが大ヒット作で一気に成長しました。
靴でいうJINSはABCマートですが、
私はABCマートにJINSのPC眼鏡に代表されるような、
大ヒット作はないと認識しています。
統一価格やヒット作を作るというのは並大抵のことではないですが、
ジーフットもその候補にはあると思うのです。
それを気長に待てるだけの割安水準であると考えていますから、
もう少し買い増しをしたいとも思っています。
チャート的な高値圏なのに買うの?と自問していますが、
ファンダメンタルズ指標からは十分買えると感じていますので、
機会を伺いたいと考えています。

すみません、長くなりましたが、
とにかくいつまで続くかわかりませんが、
長期でみれば成長をしていくれると信じた銘柄を保有していますから、
悲観し過ぎることなく、嵐が過ぎ去るのを待ちたいと思います。
2015/01/16(金) 22:21 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/416-2b19997a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り