十分な教育資金と老後資金のために

 シュッピンが大暴落!?

 子供がクリスマスプレゼントにサプライズをしている間に、
 私も証券会社からサプライズを受けました(笑)。

 Screenshot_3179シュッピン

 シュッピンの大暴落ぶりに、
 一瞬旅行先でゲンナリしました。
 私が見た時には、50%の下落となっていました。

 もちろん、理由は分割によるものであるので、
 実際にはキャプチャを取った終値ベースで45%のマイナスということは、
 実質では10%弱の上昇をしていることを意味します。
 (実際には8%台の上昇ですね)

 分割時に一部売却については一定の考えを旅行前に皮算用していたのに、
 いざ、スマホに表示された数値を見て、
 一瞬とはいえ、狼狽えてしまいました。
 すぐに、証券会社のソフトのバグであると把握し、
 即座に皮算用した自分の考えに照らして、
 一部売却の対応を行いました。

 きちんとシステム対応がとられているとよいですね。
 なかには本当にびっくりしてしまい、
 慌てて取引するなんて方もおられたかもしれません。
 実際に前日のPTSでも早とちり!?と思われる取引で、
 S高をつけるということもあったようです。

 これで、分割前の売却と合わせて、
 保有数の半分を処分したことになります。

 2倍以上の価格(+115%)で半分を処分出来たことから
 とりあえず、最低限イメージしていた対応は取れました。

 売却の平均単価は1,371円となります。
 なお、私の最新の目標株価は1,440円ですから、
 5%弱の目標株価未達での利益確定となっています。

 それでも2~3年後をイメージした目標株価を、
 たった1年程度で射程に捉えたわけですし、
 今期PERでの30倍超へ高騰していることを考えると、
 確かに今後の成長性こそ強気で見ているものの、
 一旦利益確定をしておくこととしました。

 26日の高騰は分割したことによる流動性向上効果もあると思いますが、
 NISAでの買付が入ったのではないかとも思います。
 26日からは来年度のNISA枠を使えるようですからね。
 当社は、2014年の値上がり率ランキングにも顔を出しています。
 (全市場中で41位の上昇率です)

 さて、びっくりした話と、その中で利益確定したという過去の話はこれ位にして、
 未来の見通しについても整理しておきたいと思います。

 まず、当社の足元の成長率は目を見張るものがあります。
 特に月次売上を見てみると、明らかに前期と比べて大きく成長しています。
 利益面では新品販売による利益率は低下しますので、
 月次売上の好調さは少々冷静に見ておく必要もあります。
 
 またEC売上の状況には留意が必要です。
 ただ、現時点で日次で配信されるマップカメラからのメーリングリストで、
 本日の中古品の新登録数がわかるのですが、
 軒並み300件超をキープしており変調は顕在化はしていないとみています。
 これは仕入が順調に推移していることを意味しており、
 ということは、中古品の買付と同時に、
 新たな中古品が売れていることも想像出来ます。
 カメラ愛好家として、カメラやレンズを手放す時に、
 新たなものを買うのは定石でもあります。

 一方、この300件超の仕入をキープしていることは、
 このボーナスシーズンであることを鑑みた場合には、
 評価が難しいという面もあります。
 ボーナス戦線が落ち着く1月以降の仕入状況は、
 ユーザー目線でメーリングリストでもモニタリングしたいと思います。

 さて、もう少しマクロで見て、目標株価を修正します。

 まず来期予想は四季報や日経情報などをベースに、
 16.3期予想EPSは56としていました。
 こちらを基点として、17.3期予想を見据えてみると、
 さすがに16.3期ほどの伸長率が継続するというのは楽観的過ぎると思います。
 順調に認知度向上などで高い成長率は維持しますが、
 20%成長と見るのが現実的だと思います。
 17.3期予想EPSは67.2となります。

 評価PERは現在の30倍は確かに今後もタッチすることはありえますが、
 それを目標株価とするのも違和感があります。
 とはいえ、成長率と同等のPER20倍前半は保守的過ぎます。

 本則市場への昇格なども視野に入ってくる可能性もありますし、
 PER28倍程度水準を考えると、1,882円となります。
 覚えやすい価格ということで、1,880円を新たな目標株価としたいと思います。

 但し、16.3期予想が開示された際に、
 その成長率の見通しに応じて再修正をする可能性が高いです。
 16.3期の予想は感覚的に少し楽観的と考えているところもあります。

 当社については、足元の株価の急騰による、
 割安さの解消から割高水準へのシフトにより、
 個人投資家の方でポジションを落としている方が多いようにも思います。
 だから自分もというわけではなく、自分の指標に照らして考えるためにも、
 目標株価を最新化しておきました。

 といっても根拠が曖昧で本当に目安程度のものになっています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/394-7f5be01c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り