十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


 相変わらず「心」が弱いなと思います。


 投資家心理の冷え込みとかリスクオンの流れとか、
 色々な表現で相場の上昇、下落の背景が解説されますが、
 長期的な株価のトレンドは心理面で動くとは考えていません。
 あくまで長期的な企業価値の向上、
 その大部分は事業収益の成長性に裏付けされて
 動くものであると考えています。

 これはあくまで私の考える仮説であり、
 投資をする前提となっていることであります。
 いやいや事業収益なんて予想も出来ないし、
 それよりその時々の心理、需給に応じて
 株価は決まるものだという立場もあることも認識していますが、
 もしこれを是とするのであれば、
 そのような投資方針で臨むことになります。

 私はあくまで自分の信じる仮説に基づき、
 現時点で合理的と判断する事業収益が、
 きちんと自分の想定ラインで成長トレンドを継続しているか、
 それが投資判断の大勢を占めますし、
 それ以外の要素は出来るだけ排除したいと考えています。

 しかし現実的には、
 エボラとかギリシャショックなどで相場が乱れている中で、
 何度も心動きそうになり無用な取引をしてしまいそうになりました。

 この時も自分に言い聞かせていましたが、
 本当に今起こっているエボラの問題が、
 直ちにマップカメラの売上低下につながるのか。
 もしくは、SBSロジコムのトラック輸送が激減するのか、
 はたまた、メール配信マーケティングを控えるようになるのか、
 そんなことを自問して、事業収益性に懸念があるのか、
 何度も再点検をしました。
 そして本当に懸念があるのなら売るべきだし、
 懸念などないというのなら、
 いくら相場が荒れようがホールドを継続すべきと判断していました。

 もちろん、懸念などないという結論の下、
 エボラの時もギリシャの時も動きませんでした。

 そこから3179シュッピンは高値更新しましたし、
 2384SBSHDや2352エイジアは安値から戻りはしたものの停滞しています。
 これは全て現時点の結果論であり、
 これに対してとやかく分析することは意味の薄いこととは思っています。
 しかし、それでもショックから今日までを振り返った時に、
 きちんとそこからは戻ってきてくれていることはやはり嬉しいです。
 私にとっては、エボラの問題が直ちに影響はしないと判断していたので、
 当然の結果と受け止めていますが、
 この当然のことを冷静に受け止められるのも、
 あの心理冷え込みの時に踊らされることなく、
 自分の考えを貫けたからこそだと考えています。
 (結果がついてきたからこそ、こう言えるだけかもしれませんが)


 こういった、自分の仮説を積み重ねて、
 行動スタンスを明確に決めて貫くという経験は、
 例え成功しても失敗しても、その積み重ねが、
 投資家としての心理面を鍛えてくれる素材になると思います。


 私はリーマンショックや震災を経験していませんので、
 本当にショックが来たら、
 そんな生半可なことを言ってられない気もしますが、
 こういったひとつひとつの事象に対して、
 その時にきちんと影響度合いを見極められるようにしておく必要があります。
 そういった点で、今の状況wどう捉えるべきか考える必要があります。


 現在、原油安ショックだとかロシアショックだとか、
 中国やギリシャが危ないとか、色々なことが言われていて、
 再び相場環境は冷え込んでいます。

 こういった時にはやはり、原点に立ち返る必要があるわけです。
 原油安にルーブル安、通貨のボラティリティの高まりらの影響によって、
 マップカメラのカメラ販売、
 SBSロジコムのトラック輸送やメール配信マーケティングなどへの
 影響がどこまであるのかです。

 確かに為替水準が大きく円高になれば、
 外国人旅行者が減ることでマップカメラの特需はなくなるでしょう。
 しかし、例えばここ何日かでドル円が121円台となっていたのが、
 いきなり115円台をつけたわけですが、
 元々日本へ旅行しようと思っていた方々が、
 やっぱり円高になったし、違う国に行くはとはならないと思うのです。

 例えば、ドル円が90円台に舞い戻っていき、
 それが長期化するような傾向になればその分の目減りは想定しておかないといけません。
 現時点でそのようになる可能性は限定的だと思います。
 そもそもシュッピンも会社としてここまでの外国人旅行者による特需は想定していません。
 今回はたまたま増税反動減の影響をカバーしてくれたわけですが、
 当社の成長性はEC販売にこそエッセンスがあると考えていますので、
 特需が多少剥落したとしても当社の見立ては変わりません。

 また、原油安でガソリン価格も低下が続いています。
 SBSロジコムのトラック輸送においては、
 むしろようやくガソリン価格も落ち着きをみせることで、
 追い風の要素にもなりえると考えています。
 当社の扱う生協や牛乳などの低温輸送や、
 新幹線を陸運する特殊なノウハウなどに毀損を与えるような状況とは、
 到底考えられません。

 2352エイジアのメール配信マーケティング事業においては、
 ちょうど本日もリリースがありましたが、
 スマホ向けに特化した配信機能を有した新たなバージョン提供が行われます。
 ECサイトでお買い物をする方々は今のロシアショックがあろうがなかろうが、
 クリスマス、年末を前に買い物をするでしょうし、
 そのために、販売側も販促のメール配信を機動的に実施すると思われます。
 そしてそのニーズに変調はないと考えます。

 私が今のロシア、ギリシャ、中国、
 その他様々なリスクを見誤っている可能性はありますが、
 自分が見えているものしか信じようがありませんので、
 見えているものをベースにこのように考えを巡らせて、
 影響なしと判断するのであれば、なんら動く必要はないと思います。


 但し、個々の銘柄を見ていくと、
 相対的に割安さが低くなり割高水準まで訂正が入っている銘柄もあります。
 また今回の下落で一層割安さが際立っている銘柄もあります。
 こういった割安か割高か、
 自分が保持するバリューエーションとして理解できるものかどうか、
 これに着目してスタンスを冷静に決めていきたいと考えています。


 冒頭に「心」が弱いと書いたのは、
 頭の中では私の求める理想のスタンスは上記の記載の通りでありながらも、
 現実的には、相場の値動きに心乱されている自分を、
 何より自分が一番わかってしまうためです。
 自分には嘘をつけません、誤魔化せませんからね。

 今日の朝まで下落していく銘柄達を見て、
 それなりに利益が乗っており、
 割高とまでいえないまでも割安さはだいぶ解消したなという程度でも、
 「妥協をして」一旦売ってしまおうかという考えが過ったり、
 割安さが増したのだからと全体の現金比率のことをなおざりにしたままで、
 衝動買いをしてみたくなったりするわけです。

 そして少し相場が戻すと、今度はやっぱり戻すのね、と
 今回の下落前の高値を鮮明に記憶していることも手伝い、
 いやいや強気でホールドでしょ、と
 結局心理面で踊らされないようにと言い聞かせている自分が一番、
 心理面で踊らされているなと実感されます。
 ぎりぎりのところで、自分に言い聞かせた言葉で冷静となって、
 無用な取引をしていませんが、
 そういう自分の信念に従った投資スタンスの継続が重要だなと思うわけです。

 読者の皆様の中でも私と同様に、
 相応にポートフォリオを毀損されている方もおられると思いますが、
 こういった時の動向が、今後の投資家としての成長につながると思います。
 誤解がないように言いますと、別に動かないことを是とするわけではなく、
 自分の考えに従って対応することの重要性をテーマにしています。
 自分の考えでこの状況に買いだ、売りだと冷静に判断された結果であれば、
 それは尊重すべきまたひとつの判断であると思います。
 
 年末までどのように株価が動くかは予想は難しいですが、
 個々の事業収益がどのようになっていくかの方に考えを集中させて、
 新たな銘柄の発掘も含めて対応していきたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
サンセイとうぶん厳しいですね。800円割れたら買い増しも考えて増すが、資金の効率が悪そうです。どこまで下がるやら
2014/12/18(木) 22:50 | URL | ラビオリ #-[ 編集]
>ラビオリさん
こんばんは、ラビオリさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
サンセイランディックは本日1部に上場していますが、
これで当面のカタリストもなくなったとみたのか、
最近軟調に推移していますね。

私は特に当社の業績面での見立てに、
変調はないと判断していますので、
この軟調な状況に気分は穏やかではありませんが、
淡々と見守りたいと思っています。

一時的に利益率も低下していますが、
これはIRに確認して、コントロールされているものと
判断可能であったので、私は見立ても変えていません。

資金の効率については、私もよく考えますが、
では合理的にここよりよい利回りで回せると
確信できないのも事実です。

ですから、なんだかんだいって当面は
見立てが変わらない前提でホールドしていきたいと思います。
2014/12/18(木) 23:18 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/385-b2acfce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り