十分な教育資金と老後資金のために

 今日はGDPショックだったようですね。

 10月はエボラショックで、11月はGDPショックと、
 ショック続きで、いちいち反応していると、
 本当にこちらがショックで病気にもなってしまいそうです。

 今日は日経平均など主力銘柄を中心に大きく調整をしたようですが、
 新興中小型株は下落も限定的のようでした。

 私は大型主力株は保有していないので、
 当然、下値は限定的になるはずなのですが、
 がっつり全体で1%近くまで調整をしています。

 2384SBSHDが7%を超える下落で、
 ここ最近の戻りを一気に帳消しにするという形になりました。

 決算は先週の金曜日の後場前に通過しているのですが、
 サラリーマン投資家などが、
 週末に評価をして改めて出尽くしを誘った結果でしょうか。

 私はGDPの結果を受けたとしても、
 直ちに当社の状況について変化はないと考えています。
 ですから、あまり気にしていませんが、
 やはり気分がいいものではありません。
 確かに当社は早々に将来の業績成長を見越して、
 株価が推移していることは間違いなく、
 その織り込みスピードが早かったと認識しています。
 これは四季報の影響が大きかったわけですが、
 その反動というか調整があるのは仕方ないことです。
 既に2倍達成時に半分は利益確定済ですので、
 あとはのんびり推移を見守りたいと思います。

 このほかにも、3277サンセイランディックなども調整幅が大きかったですが、
 いずれにせよ、今回のGDPの減速も前回のエボラと同様、
 直ちに影響を及ぼすわけではないので、
 これからも各企業の成長性に疑いがない場合は、
 これまでと同様に対応したいと思います。

 とはいえ、既に目標の年利パフォーマンスは一旦は達成しますので、
 その点を踏まえて無理はしない方がよいという点も、
 改めて自分に言い聞かせておきたいと思います。

 個別銘柄によっては大きく調整しているもの、
 逆光高となっている銘柄と色々ですが、
 ○○ショックで本当にショックを受けないように、
 強固な信念をきちんと抱き、相場と対峙していきたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/354-901a1368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り