十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)


***** 開示直後の速報記事 *****

 シュッピンの決算が出ました。

 文句のない決算でした。
 その上、予想外の分割が出ました。

 そして月次はなんと前年同月比40%増(笑)。
 EC売上も順調のようですし、単に外国人の特需ではありません。
 これは本格的な増勢基調と大変ポジティブなものです。

 これでも出尽くしで株価が下がるかもしれませんが、
 大変好調な決算に大満足です。

 詳細は改めて記事にしたいと思います。

 強いていれば増配か優待の保有数に応じた増額があればよかったかな。
 ただこれは元々おまけのようなものなので、欲張り過ぎですね。

 さて、続きは、また時間を置いて改めて記事にします。



***** 短信すべてに目を通した後の記事 *****



 まず、当社の決算については、私も主力銘柄ということもあり、
 最近で2回程見通しを記事にしていました。
 1回目の9月時点では、利益が計画水準というIRの発表前だったので、
 だいぶ控え目な予想としていました。
 そして、この時点では幅を持たせた予想をしていました。
 それを楽観、堅調、悲観の3シナリオで想定していました。

 ◆1回目(9月)
  9月時点の見通し記事

 ◆2回目(今月初め)
  決算前の予想

3179_15.3期上期予想乖離(売上高)

3179_15.3期上期予想乖離(営業利益)

3179_15.3期上期予想乖離(当期純利益)


 ・売上は会社計画、私の楽観予想共に超過
 ・利益は会社計画未達(2%弱の未達)、私の予想の楽観値付近

 9月時点で見込んだ楽観ライン付近でした。
 とはいえ、その後、利益は計画水準んとIRがあったので、
 この結果は想定通りでした。
 強いていれば、これだけ売上が伸びるとは思っていませんでした。
 売上についてもせいぜい、楽観シナリオラインだと想定していました。

 これを、トップラインの向上と素直にポジティブに取るか、
 利益率が想定より悪化とネガティブに取るかは微妙ですが、
 いずれにせいよ、その理由も明確ですからOKです。


 数値に関しては、あとは下期に向けてということになりますが、
 細かな分析はあまり懸念もないので、詳細は割愛します。

 一応利益率だけ手元で計算しました。
 いずれも改善しました。

 <営業利益率>
  1Q単期 3.1% → 2Q単期 4.7% 
  ※上期実績 4.0%
  ※通期計画 4,5%

 <当期純利益率>
  1Q単期 1.9% → 2Q単期 2.9%
  ※上期実績 2.5%
  ※通期計画 2.8%

 上期に計画通りに着地してくれたことから、
 下期が当初の計画通りに推移してくれれば、
 通期計画は達成できます。
 (元々未達懸念を持っていたので、そのリスクが後退したという認識です)
 
 むしろ、このまま外国人旅行者の対面販売が増えることで、
 利益率こそ計画下振れになるでしょうが、額としては、
 若干の上ブレ期待も出てきそうです。
 ただ、一方でその利益率も上記の通り、
 随分、健闘しているようにも思います。
 総合的に考えると、
 現時点では今期見込みに変更はなしという判断をしておきたいと思います。
 ただ若干の上ブレ可能性は念頭に置く、その程度の決算と見ました。

 短信上での数値以外の部分についてですが、
 やはり「先取交換」がカメラ愛好家には大変受けがよいのだと思います。
 このサービスが好調さに寄与しているという会社側からの
 自信を感じます。
 実際に今月の月次はすこぶる好調なわけですが、
 その主因ということかもしれませんね。

 カメラが好調ということはこのほかの記載を見ても、
 揺るぎないものと感じます。

 このほか、時計事業はカメラに次ぐ事業ですが、
 1Qで少々苦戦を強いられていました。
 1Qではセグメント利益14百万円に対して、2Qは56百万円です。
 2Q単体では42百万円ですから、
 明らかに増税反動減からは回復しているようです。

 何度か新宿の実店舗にも足を運んでいますが、
 1Fの時計店舗はいつもお客がいっぱいです。
 特に時計は高額品が多くECより対面チャネルが多いようですので、
 店舗がこのようににぎわっているのは当然のことですが、
 安心します。

 あとは、自転車事業については、まだ赤字ですね。
 こちらは社長も頑張るといっているので、もう少し辛抱ですね。
 来年の株主総会ではこの件で、
 再び謝罪の言葉を聞くことのないようになるといいなと期待します。
 まぁこの事業規模であれば誤差の範囲なわけですが、
 赤字をいつまでも垂れ流すのはよろしくありませんので。

 さて、月次ですが、驚きの前期比35.3%です。
 そして更に驚いたのは、EC売上の伸長率が42.8%です。
 これは前述の「先取交換」の効果と思われます。
 決して前年の10月が悪い結果ではないのですが、
 それにあって、この伸長率には驚きました。
 もちろん会員数の伸びも順調ですので、
 10月に引き続き、絶好調ということだと思います。
 やはり毎日中古品の新入荷の件数をモニタしていますが、
 コンスタントに300件、時には400件という日もありますから、
 これは十分に予想出来たことでもあります。
 とにかくよかったです。


 最後に、このタイミングで分割を発表しています。
 これには驚きました。
 全く予想していませんでした。
 東証1部への昇格を見据えていることは認識しており、
 そのための流動性向上などの観点から遠い先にはあるだろうとは思っていましたが、
 まさかこのタイミングでとは思いませんでした。
 また、優待も分割後の単元単位で実施とあります。
 これはポジティブサプライズだと思います。

 ただ、これは別に企業価値が変わるわけではないので、
 冷静に見たいと思います。
 むしろ、カメラ愛好家としては、持ち株に応じて優待額を変えてもらいたかったです。
 が、これはおまけ的な要素で、当社を優待目的で保有しているわけではないので、
 そんな贅沢は言ってられません。


 なお、一連の開示を受けた株価の動向は正直読めません。
 騰がる気もしますが、出尽くしで下がる気もします。

 まぁ明日の株価がどうなろうとどうでもいいです。
 とりあえず来年の春、そして来期以降に期待したいと思います。
 少なくても私の現時点の目標株価2,880円にはまだまだだと思いますので、
 気長に保有したいと思います。


 当社は個人投資家の方々の保有率も高い銘柄ですので、
 他の方がどのような評価をされるのかも気になります。
 私は上記のように全般的にどちらかというとポジティブに捉えました。
 ただあくまで高い成長率の最中にある計画水準であるという認識の下、
 あまりに楽観視することなく、受け止めたいと思います。
 なにせ、PERで20倍を超えている銘柄ですので、
 順調がある意味当然とも言えますので。
コメント
この記事へのコメント
日本管理分割ですね。サンセイも一部狙いで分割きたい
2014/11/10(月) 19:44 | URL | ラビオリ #-[ 編集]
>ラビオリさん
こんばんは、ラビオリさん。
日本管理センターはこれから一息ついて簡単に振り返りの記事を記載します。
が、私は全体としてポジティブに受け止めました。
上方修正がなかった点は評価が分かれると思いましたが、
私は全く気にしません。

サンセイランディックは、追加緩和の恩恵もあってか、
少々値動きが荒くなっていますね。
1部を狙っているとは思いますが、
こちらも、まぁそのうちにくらいに思うようにしておきます。
2014/11/10(月) 23:13 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/346-5894fee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り