十分な教育資金と老後資金のために


 1951 協和エクシオの決算発表を簡単に振り返ります。

 ちなみに当社は相対的に成長性への期待は小さく、
 安定性・安全性を重視して投資した経緯があります。
 私の現状のPFでは異色ですが、
 現時点でNISAから手放す程でもないですし、
 こういう銘柄があってもよいかと考えて、ホールドしています。

 まず業績面ですが、相当に不安を抱いておりましたが、
 以下の通り、会社計画比水準で安定的な着地となっています。
 もう少し、世の中的なコスト高騰影響を受けており、
 今回の結果よりは悲観していましたので、一安心しました。


<受注>
 1Q       733
 2Q       760
 半期     1,493
 半期(計画) 1,490 


<売上>
 1Q       592
 2Q       679
 半期     1,271
 半期(計画) 1,250

<売上総利益>
 1Q        78(13.2%)
 2Q        84(12.4%)
 半期       162(12.7%)
 半期(計画)   158(12.6%)

<営業利益>
 1Q        36(6.1%)
 2Q        39(5.7%)
 半期        75(5.9%)
 半期(計画)    70(5.6%)

当期純利益
 1Q        23(3.9%)
 2Q        22(3.2%)
 半期        45(3.5%)
 半期(計画)    43(3.4%)



 また、決算発表に合わせて増配も発表しています。
 年間24円から8円増配の32円となっています。
 現在の株価で配当利回りは2.4%とまだまだ平凡ですが、
 四季報予想が24円のままでしたので、プチサプライズと思いました。
 といっても当社の現金(剰余金)の多さを見れば、
 十分に予測は出来たわけですが・・・。

 むしろ配当に出してしまうくらい、
 自社の成長性に陰りがあるとも受け止められますが、
 そもそも成長性を重視しているわけではないので、
 割り切って私にはよい材料と受け止めました。


 それからもうひとつ材料があり、M&Aのリリースがあります。

 システム会社のようですが、このリリースからだけだと、
 どのような優位性があってのことかはあまり判断が出来ません。
 ただ過去3年の実績は右肩上がりとなっており、
 当期純利益で3億です。
 当社の今期予想のわずか2%ですが、
 それでも翌年は通期で効いてくるのでしょう。
 その上、もし当社が競争優位性をある程度持ち合わせていれば、
 それなりに寄与してくれるかもしれません。
 業態として当社が主に手掛けている、
 金融機関向けのシステム構築はそれなりに増勢な状況ですので、
 少し推移を期待したいなと思いました。
 直ちに当社のファンダメンタルズに影響を与えるものではありませんが、
 今後を期待したいと思います。


 というわけで、特に懸念もなく極めて無難に通過してくれました。

 めでたしめでたしです。

 今回の決算は今の所、大きなサプライズもないものの、
 本日発表の9090丸和運輸機関も含めてよい状況です。
 (丸和運輸機関の件はまた記事に出来たら記事にします。)

 次はいよいよ戸建住宅事業の桧家HDです。
 軒並みハウスメーカーは苦戦していますので、
 こちらはさすがに覚悟が必要でしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/342-2bdefef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り