十分な教育資金と老後資金のために
 3079 DVxの決算が発表されました。

 今日も相変わらず帰宅が遅く、
 とりあえず短信だけみた印象だけ、メモを残しておきます。


 ・収支面では計画水準ということで、安心しました。
  →表紙の数値だけ見れば、若干上ブレ!?と思いましたが、
   治験費用の期ずれによる影響もあることから、
   本文までを読むと利益面では計画水準であると読めます。
   治験が計画に対して若干遅延というのが気になりますが、
   まぁまだ推移を見守っていれば問題ないレベルでしょう。
   通期では計画通り費用化されるとのことですからね。

 ・為替の影響は現時点では限定的のようです。
  →虚血事業のセグメント情報からもPLの為替差損勘定を見て判断。
   今後どこまで為替予約などの効果で影響が出ないのかは、
   次の決算でも引き続き経過を見守りたいと思います。
   恐らく円安トレンドは当面継続するでしょうから、
   為替影響を受けても安定的に推移してもらいたいものです。
   そもそも、主に虚血事業のみが影響にされされるわけで、
   全体で見ればそういう意味でも限定的とも見ることが出来ると思います。

 ・販売好調
  →不整脈事業、虚血事業共に、販売は好調のようです。
   外部要因に寄らずに確実に販売数量が伸びていることがわかります。
   診療報酬が下がっていても、売上ベースでこれだけ伸長しているのですから、
   やはり安心感があるなと感じました。
   またその他セグメントとして計画外の大型機器の販売があったようです。
   これが本当に一過性で発生した棚ぼたなのか、
   今後も時々はこういう新たな危機の大型機器の販売がありうるのか、
   その点は今後も注目しておきたいです。

 ・記念配当
  →1円という小さな額ではありますが、よかったです。
   中にはもう少し期待した方もおられるでしょうが、
   これは会社がきちんと成長のためにも、
   内部留保していきたいという表れのようにも思います。
   今期のキャッシュフローを見ると、
   財務CFが配当支払いの影響もあり、現金が減っています。
   投資CFでも支出があるため、あまり配当を出さなくても、
   今後もうまく成長のために利益を回してほしいと思います。
   私は1円でも十分だと評価します。

 ・利益率
    粗利率で前期比0.5%悪化。
    営業利益率で前期比0.3%の悪化。
    純利益率で前期比0.1%悪化。
    
    とりあえず手元で計算しただけです。
    デリバ益などで純利益ベースでは悪化は和らいでいるものの、
    粗利率の悪化が少し大きいのが気になります。
    前期との単純比較なので、
    前期に何が起こっていたか確認する必要がありますが、
    まぁこちらも直ちにああだこうだいう水準感ではないと思いますので、
    時間がある時に改めて分析してみたいと思います。
    いずれにせよ、大勢に影響なしと判断しました。
    計画外の大型機器販売の利益率がどの程度かわかりませんが、
    もしかするとそれもわずかに影響したのでしょうか。


  このほか細かな点もいくつかありますが、
  きわめて想定内での無難な決算通過と評価しました。

  表紙の数値を見ただけで安心したので、
  実は2ページ目以降もざーっと目を通しただけで、
  とりあえず順調でよかった、そんな決算だったと認識しました。

  株価はPTSでも特に売買されていませんから、
  明日もあまり動かない(指数に引きずられて連れ安するか!?)のでしょうね。

  気長に株価も騰がっていって欲しいものです。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、こんばんは。

DVxの決算、私は表紙だけ見て楽観的な評価を下していましたが、
中身までよく見ると、確かにまるのんさんのおっしゃる通り、
治験費用の発生が3Q以降にずれ込むと書かれていますね。

一見して良くても、きちんと最後まで読まないとなぁ・・・と、
まるのんさんの真摯な姿勢を見て感じました。

いずれにせよ、順調であることは間違いなさそうですね。
今日は大きく上がりましたが、行って来いで明日下がらないように
祈っておきます(笑)
2014/11/05(水) 20:37 | URL | ゆうゆー #-[ 編集]
>ゆうゆーさん
こんばんは、ゆうゆーさん。
DVxの決算は私もゆっくり確認出来ずに斜め読みをして、
とりあえず会社見通しの想定外だったと思われることだけを注目しました。

私も当初短信のP1の数値だけみて、
季節偏重があまりない想定で若干利益の進捗率が
よいように思ったのですが、
治験費用の繰延べの影響もあって、会社は計画水準と見ているようですね。
シュッピンでもそうですが、会社の見通し通りいっているのであれば、
私はなんの問題もないと考えています。

治験費用の繰延べそのものより、
この新製品の開発そのものに影響が出ているとすると、
少し問題が長期化する可能性もあるので、
次の決算で再度遅れとなるようなことがあれば、
何が起こっているので一度問い合わせかなと思っています。

それから計画外という意味でいうと、
大型機器の販売でしょうか。
こちらもとりあえずは収益を底上げする要素ですから、
今の所問題はない(むしろ歓迎?)と思っていますが、
想定外のことが起こっていて、
それが継続しているとすると、
それが一見ポジティブなことだったとしても、
例えばそれが足かせとなり営業効率や事業効率が落ちるなどの、
副作用が長期的に見た時に発生する懸念もあると思うので、
可能性は低いとはいえ、頭の片隅には置いておきたいと思います。

いずれにせよ、当社のように、
もう長いこと増収増益を重ねてきている会社ですし、
これまでのこういう計画外のことは幾度となく乗り越えてきていますし、
それを乗り越えられるだけの
ビジネスモデルが存在している信頼感がありますので、
その点からもほとんど今回の決算は気にしていませんし、
逆にきちんと成果を出していると感じ、全体感として順調と感じました。


すみません、記事の再掲のような形になりました。

私は真摯というより、不安で仕方がないだけなのだと思います(笑)。

ちなみに、余談ですが、
ゆうゆーさんに私のPFが最近好調?というようなコメントを頂いておりましたが、
今日は見事に被弾しました(笑)。
まぁ結局、日々の値動きだけみてしまえばこんなものだと思います。

明日以降、少々業績面で懸念が残る銘柄の決算を通過しますので、
また週末には従来通り、げんなりしていそうです。
覚悟は決めているつもりでも、なかなか複雑な心境です。

ただ、だからといって売るまでのことではないと思っています。

すみません、完全に最後は蛇足のようになり、
冗長となりました点、ご容赦くださいませ。

2014/11/06(木) 00:07 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/340-9061f760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り