十分な教育資金と老後資金のために
 
 まるのんPFは、年初来で+15.5%、週間で+3.1%となりました。
 TOPIXは、年初来で+2.4%、週間で+7.0%となりました。
 
 いやー驚きました。
 このタイミングで追加緩和の発表があるとは思いませんでした。
 (といってもそもそも根拠を持ち合わせて推測していたわけではないのですが)

 今日は、日々の多忙の疲れからも、
 休みを取っていたので、なんとなく家でまったりしていたら・・・
 びっくりして慌ててPC起動しましたよ。

 さて、従来通り、その他の指標も確認しておきます。

  <日経平均>
   +0.8%(+6.9%)
  <JASDAQ>
   +10.1%(+1.5%)
  <東証2部>
   +13.9%(+2.3%)
  <マザーズ>
   ▲7.9%(▲0.4%)
  ※()内は先週末比

 このように週間ベースで見てみると、
 日経平均、TOPIXだけが突出していることがわかります。
 マザーズに至っては、まさかのマイナスです。
 そしてこれはほぼ今日1日の動きがそのまま反映されているように思います。

 金融緩和によって、不動産や証券、金融にまず買いが入りますし、
 海外で首を長くしていた人たちが慌てて買戻しているでしょうが、
 それも大型株からまずは買っていくでしょうか。

 そうなると、新興株や中小型株はどうしても出遅れます。
 私のPFも当然ながら、この日経平均やTOPIXの動きにはついていけていません。

 その上、多少現金比率を高めていたので、
 余計に上昇メリットが希薄化されています。

 当然、パフォーマンスには満足はしていませんが、
 だからといって悲観もしていません。
 こんなものだというのが率直な感触です。


◆ポートフォリオの状況
 ポートフォリオの中身は以下のとおりです。

20141031_PF内訳

20141031_PF業種別内訳

 先週と比べて細かな順位の入れ替えはありますが、
 いずれも株価の変化に応じた結果です。
 特に新たな売買はしていません。

 まずはPF1位のエイジアが決算を無難に通過してくれましたし、
 PF2位のシュッピンは計画水準であることがある程度見えています。
 PF3位の日本管理センターも月次などから堅調と判断しています。
 上位3銘柄が安定的と見ているのでそれなりに楽観視はしていますが、
 一方で上位3銘柄でも全体の30%程度の割合でしかありませんので、
 残りの銘柄の動きにも注視が必要と認識しています。

 例えばPF4位の丸和運輸機関は、恐らく2Qの業績は厳しいと思います。
 場合によっては今期は下方修正もありうると考えています。
 しかし、中長期で見た場合には成長シナリオを崩しておらず、
 高配当である程度は我慢できる水準に留まると考えています。

 このように個々の状況は棚卸して振り返っておきたいものです。


◆資産推移状況
20141031_全資産(パフォーマンス)

20141031_全資産(資産推移)

※クリックすると画像が大きくなります。

 蓋を開けてみれば、私のPFも年初来高値を更新しています。
 10月の始めから始まった下落に対して、
 冷静に対応出来たことは大変よかったと思います。

 結果がこのようになったのは、まさに結果論なわけですが、
 谷になったところで、変調なしで売らないというのを徹底出来たことは、
 今後の自分のスタンスにもひとつ小さな自信をもたらしてくれたと思います。

 「年初来15.5%」という数値結果は他の投資家の方との比較という観点で、
 相対的には残念な結果ではありますが、
 自分の掲げた目標に対する結果やプロセスというところに目を向けると、
 自分で自分をよく考えて、よく失敗しつつも頑張っているなと
 一定程度、自分を自分で認めることもまた必要かもしれません。

 それが、謙虚な自信に繋がり、
 より強固なスタンスの構築やスタンスの堅持という面で、
 よい効果に繋がればよいなと思います。


◆保有銘柄の状況
20141031_個別銘柄の状況

 エイジアが決算を受けて値を戻してくれたことは大変喜ばしいことです。
 私の主要運用ベースでのメイン銘柄のひとつでもありますから、
 これからも企業成長を前提として、株価が堅調に推移していって欲しいと思います。

 一方、シュッピンやダイキアクシスの反落は、
 先週の上昇の反動です。
 いずれも先週の1週間で10%以上上昇した後の結果です。
 先週に目新しい材料があったわけでもなかったうえでの上昇でしたので、
 むしろ、よくこの位の調整で済んだなという感覚です。

 ある週の結果だけを見ると、なんだこれだけ相場が上昇しているのに、
 まさかのマイナスパフォーマンスとは何事だ、とかなりそうになりますが、
 そうではなく、継続性を持って判断すべきだと思います。




【参考】
・マネックス証券(日本個別銘柄のみのメイン口座)
20141031_マネックス株式

・SBI証券(インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座)
20141031_SBI株式_1

20141031_SBI株式_2

コメント
この記事へのコメント
まるのんさん こんばんわ。

ハロウィンの日にまさかの追加緩和でトリックオアトリートとは日銀もやってくれますよね。

自分は日中、仕事だったので帰宅前にスマホ見てビックリさせられましたよ。

私のPFも多少は恩恵があったもののトリックの(驚いた)わりに小さなトリート(ご褒美)でしたが 苦笑

...冗談はこれくらいにして。

エイジアの予想、お見事でした。

前回、下落したぶんここから堅調に戻していって欲しいですね。

出遅れてる新興市場の行く末も気になりつつ...

11月の上旬も決算が続きますが...

外部要因や一時の感情に左右されることなく冷静に判断していけるようになりたいですね。
2014/10/31(金) 22:02 | URL | カイト #-[ 編集]
まるのんさん、こんばんは。

怒涛の一カ月でしたね。

株価は操り人形のような動きででしたが、まるのんさんはまずまずの結果のようですね。私も同様でした。

こうしえ他の投資家さんのブログに書くもどうかと思うのですが、2815アリアケジャパンという銘柄があります。

バフェット的なオンリーワン企業であり、まるのんさんの投資哲学にも合いそうな銘柄ですので、お時間あるときにご感想頂けたらと思います。

ちなみに私は先のエボラショック(第一四半期の悪さも相まって)で急落したところでボチボチ買いました。

無粋は承知しておりますが、よろしくお願いします。
2014/10/31(金) 22:19 | URL | つぅ #-[ 編集]
>カイトさん
こんばんは、カイトさん。
トリックにかけた面白いコメントですね、ありがとうございます。

私も家で久々にまったりしていて、
たまたま手に取った携帯に表示された日経平均の急騰を見て、
あぁ日銀がやってくれたんだなと思って、慌ててPCの前へ。
といっても何が出来るわけでもなく、傍観していました。

今現在も先物が急伸を続けていることと、
為替が随分反応しているので、
逆に懸念をしています。
日経平均で17,000円はやはり現時点では、
上げ過ぎだという感覚がありますからね。
20,000円論者の方からすれば当然納得の動きかもしれませんが。

いずれにせよ、日経平均がどう動こうか、
私の保有銘柄のファンダメンタルズがしっかりしていてくれれば、
御の字だと思うようにしています。


エイジアの件は、確かに結果オーライでしたが、
引き続き下期においても大型案件で大きく左右されることに
変わりはありませんから、引き続き注視が必要だと考えています。
ただ、自分が肌身で感じた情報も含めて、
1Qの時に自分で判断を下したことが、
今の所は当たっていますが、これもまぐれの要素が強いのも確かです。
常に考える努力をしていくことは重要ですし、
成果が伴えば嬉しいものですが、
これに気を緩めることなく、
これからも考える努力を継続したいものです。


仰るように、一時の感情や外部要因に踊らされない、
自分のスタンスを堅持し続けることが本当に重要だと思います。

このように改めてご指摘頂くと、
その認識もより強まりますし、大変ありがたいことです。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
2014/11/01(土) 00:26 | URL | まるのん #-[ 編集]
>つぅさん
こんばんは、つぅさん。
つぅさんの結果もまずまずとのこと、よかったですね。
私は悲観はしていませんが、もう少し結果が欲しいなと思っていますが、
欲深いのもよろしくないので、他の方と比べるのではなく、
自分が主体的に状況を捉えて、状況判断できるようにしたいものです。

さて、アリアケジャパンについて、
ご紹介頂きましてありがとうございます。
実は監視銘柄には入れていませんが、
四季報の精読の際に、付箋だけは貼っていました(笑)。
カンブリア宮殿で紹介されたことも注目したきっかけでした。

ざーっと手元で収集した資料を最低限見てコメントします。
(大きく誤認している箇所がある可能性もあります点、ご容赦下さい)


結論から申し上げると、成長性がもう少し欲しいという印象です。
また今の時価総額が800億を超えており、
私は原則は300億位までの銘柄を中心に考えていますので、
その点からは投資には慎重という判断です。
(後述しますが、今の成長性判断からして、
 ここから時価総額が1600億、2000億と2倍以上に成長していくまでの
 イメージが付きづらいのです。あくまで感覚的なものですが。)

現在のPERは16倍くらいでしょうか。
それに対して、決算説明資料には、
営業利益の17.3期のターゲットが記載されています。
これらをざっくり評価すると概ね営業利益ベースで83億位でしょうか。
今期の四季報予想の70億です。
2年で営業利益ベースで18.6%の上昇です。
年率に直すと10%を割れます。
ここ最近の業績の推移を見ると、
特に純利益ベースでは足元で少し成長性が鈍っている気もします。
この利益成長性とPERのバランスを考えた時に、
やはりもう少し利益の成長性が欲しいと思います。

当社の扱う商材はどうやら圧倒的な競争力もありそうですし、
その点からは懸念はありません。
扱う商材は、今後も国内、海外共に堅調な需要があると考えられます。
ですから収入面では、今後も安定的に成長が望めると考えます。
一方、原価側の問題についてですが、
1Qの決算でも見られたように、
為替や原材料の高騰というリスクの影響がそれなりに大きいことや、
各地域に工場が分散していることから、
逆に各地域での様々なリスクも考えておく必要もあります。
また、常に最新の設備投資もそれなりに必要なわけですので、
トータルでみると、
原価側のコントロールには色々注視する要素が多いと考えます。

また天然調味料という分野では常に研究開発が必要で、
キャッシュの積み上がりをうまく投資していく、
つまりより研究開発や設備投資に投じていく姿が見えるのかなと思いましたが、
四季報を見る限りは、そのような状況でもなさそうです。
このあたりも少々気になりました。

さて、ネガティブな面ばかりを挙げてしまいましたが、
ポジティブな面もたくさんあると考えます。

まず、財務面では利益剰余金がしっかり蓄積されていて、
高い自己資本を有しており、
負債もほぼないと見てよく、非常に安定した基盤を持っています。
キャッシュも十分で、安全性の観点からは申し分ないと思います。

また、当社の扱う商材は、
特に海外においては、まだまだ需要は堅調に伸長するだろうということです。
新興国が活況になれば、消費も嗜好性が高まりますし、
そうすればよりおいしいものへの欲求が強まるでしょうし、
社会進出が拡大すれば、簡単に作れる調味料やレトルト品の需要は増えます。
ですから、少なくても利益の源泉となる売上は今後も堅調だと思われます。

それから私が重視している過去の業績トレンドを見ると、
売上、利益共に右肩上がりです。
これは当社の競争優位性があることを証明していますし、
有事の際の耐性があることも示しています。
ですから、安定性という意味でも大変魅力があります。

IRに対しても独自のポリシーがあるように感じます。
これは人それぞれ感じ方は違うでしょうが、
優待廃止・配当へ転換、DOEの重要指標として採用などです。
それから過去のIRでは毎期下方修正を出すなども見られます。
ですから、今期のように為替変動が大きい場合には、
下方修正も意識しておく必要があるかもしれません。


以上、扱う商材やそのマーケットは有望ですし、
それなりの売上成長は堅いと思う一方で、
特に今期は外部要因に大きく振らされる要素もある中で、
そもそも会社発表の中期展望における利益成長性に対して、
株価の水準が、ぜひ買いたいと思う水準でない、
これが率直な感想です。

すみません、どちらかというとネガティブになってしまいましたが、
一時的な為替の影響の対策も長期で見れば会社として対応するでしょうから、
長期で見ていくのであれば、十分気長に投資という判断も悪くはないと考えます。

以上、本当に限られた時間と情報だけでコメントしていますので、
その点、ご容赦下さいませ。




2014/11/01(土) 01:18 | URL | まるのん #-[ 編集]
サンセイライデックやっと動き始めましたわ
2014/11/01(土) 13:24 | URL | ラビオリ #-[ 編集]
まるのんさん、こんばんは。

さっそく分析いただきましてありがとうございます!

まるのんさんのおっしゃる通り、成長性はそこまで望めませんよね。会社的にも人間で言うところの「中年」ぐらいでしょうか。
毎年純利益15%成長とは難しいでしょう。

>各地域に工場が分散していることから、
逆に各地域での様々なリスクも考えておく必要もあります。

そうですね。私は世界各地に工場を置くことがリスクを回避できると考えていましたが、リスクも同時に潜在しているかもしれません。

>特に今期は外部要因に大きく振らされる要素もある中で、
そもそも会社発表の中期展望における利益成長性に対して、
株価の水準が、ぜひ買いたいと思う水準でない。

円安で影響をどの程度受けるのか、1Qから見ると今期は厳しそうです。

私のポートフォリオの中でも時価総額No.1の銘柄ですが、勉強のためにもこうして少し大きめの銘柄を組み入れています。

本当に分かりやすく、素晴らしい分析で思わず納得してしまいました(笑)参考にさせていただきます。

また、まるのんさん好みの銘柄があったらお伝えしたいと思います。今度こそは高評価をいただけるように(笑)
2014/11/01(土) 23:27 | URL | つぅ #-[ 編集]
>ラビオリさん
こんばんは、ラビオリさん。
サンセイランディックび件ですが、
ようやく私も買値付近まで値を戻してくれたことに安心しましたが、
一方で、まだ振らされるように思います。
2014/11/03(月) 20:25 | URL | まるのん #-[ 編集]
>つぅさん
こんばんは、つぅさん。
ご丁寧に返信を頂きましてありがとうございます。
また、連休中、家族サービス集中につき、
コメントの返信が遅れまして、大変失礼いたしました。

私も、もう少し丁寧に所感をお伝えすればよかったのですが、
これが限られた時間で対応するための私の現時点の限界でした。
そしてそんな稚拙な内容にもかかわらず、
ご参考になったと仰って頂けまして嬉しく思います。

まずは、決算でこの為替の影響など、
足元の状況でどこまで影響されているか、
注視することでまた次の展開も評価が変わるかもしれませんね。

しかし、つぅさんの仰るように、
当銘柄は私の好みの方向性であることは間違いありませんでした。
また良質な銘柄をぜひ、ご紹介頂ければと思います。

また、評価は人それぞれですから、
私の評価など気にせず、つぅさんの信念を貫かれて、
結果としてよいパフォーマンスに繋がりますよう、お祈りしております。
2014/11/03(月) 20:30 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/337-6428834b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り