十分な教育資金と老後資金のために

 さて、今日も本業のサラリーマンとしての仕事が多忙を極め、
 1時過ぎに帰宅してからこの記事を書いています。

 私は幸運にして短期トレード志向もセンスもないので、
 相場の状況を日々トレースしていけなくても、
 実はそこまで困りません。

 そして、困らないどころか、
 これはこれでいいかもとも思うのです。

 今日も帰宅する電車の中で一日の相場の動きをみてみたのですが、
 後場に入って日経平均は下落基調だったようです。
 変に仕事に余裕があると、
 株価の動きもなんとなく気になってしまうものですが、
 常にフルスロットで仕事をしていると、
 気が付くとザラ場も閉じています。

 本業の仕事が忙しいと、
 株価がどうなったかを気にする余裕もないので、
 一喜一憂するようなこともありません。

 一喜一憂からの脱却を目指しているのであれば、
 相場を見ないというのもひとつの選択肢ですが、
 そうはいっても気になってしまうものです。

 ですから、仕事が忙しいという足かせがあることで、
 強制的に相場から距離を置けるというのはメリットかもしれません。

 ただ注意が必要なのは、ずっと放置でいいわけでもなく、
 特にこれから決算期に入りますので、
 週末に集中して戦略を立てるということがより求められると考えます。

 本当はいちいち四半期決算ごときで、
 戦略を見直さなければならないようなことではなく、
 四半期は結果を確認するくらいに留め、
 本決算できちんと戦略を補正する位が目指す姿です。
 それくらい事前の調査や自信、信念を持って、
 株式を購入・保有していきたいものです。


 ところで、唐突ですが、今日の相場の反落で、
 中国が云々と言われているのですが、
 こういう時に「利益確定の売りが出た」というような表現がされます。

 利益確定か損失確定かはわからないと思うのですが、
 こういう時に「損失確定の売りが出た」とは言わないですね。

 なぜ必ず「利益確定」なのでしょうか。

 数ヶ月の短期スパンで見れば、
 損失確定の方が圧倒的に多いのではないのかな、と思うのですが・・・。

 ちなみに私の本日のPFは、
 5%の調整をした3276日本管理センターを除けば概ね納得出来る状況です。
 3276日本管理センターはそもそも上昇ピッチが早過ぎたので、
 当然の調整だと認識しています。

 取り留めのない記事で申し訳ありません。 
コメント
この記事へのコメント
1時って大変ですね。
そしてそのあと記事を書いているのが信じられません。
まるのんさんは1記事がものすごいボリュームですよね。
仕事しながら書いているのかと思うと、いつ寝ているんだろうと。

「利益確定」のツッコミはいいですね。
私もああいう後付けの解説を毎回楽しんでいます。
形だけはかっこいい言い回しですよね。

ところで仕事は楽しいですか。
イクメンパパ、健康に気を付けてください。
2014/10/22(水) 16:43 | URL | しゃあない商事 #-[ 編集]
おそくまでお疲れ様です。
決算期の話、身に染みました。まるのんさまが保有しているシュッピンを私も保有しており、ここで少しウエイトを落としてみました。
というのも、以前まるのんさまが記事でもおっしゃられていたように、旅行客のチリ積みの利益に助けられている状況のようで、わずかに今期の未達懸念が出てきたからです。会社は順調に成長しているのはわかっているものの、リスクに敏感になりすぎてしまう自分が嫌になってきます。
頭ではわかっているのですが、やはり感情に流されてしまううちはだめですね(^_^;)
2014/10/22(水) 23:56 | URL | komomo #-[ 編集]
>しゃあない商事さん
こんばんは、しゃあない商事さん。
温かなコメントを頂ましてありがとうございます。

今日はなんとか1時前に帰宅し、
遅い夕飯(おにぎり)を頂きながら、
早速コメント頂けたことに感謝して、
このように返信を書いています。

私は文章を推敲せずにだーっと書き連ねて、
そのままUPしてしまいます(笑)。
ですから案外、時間はかけていないのです。

読者の方を冒涜しているようでもありますが、
そうではなく、質より量となっているのが実情です。

それにも関わらず、
このようにコメントまで頂ける機会に恵まれることを嬉しく思います。

「利益確定」の話は、
やはり皆さんそれなりに違和感を持たれているのでしょうかね。
1日経って改めて考えてみても、やっぱりおかしい表現だなと思います。

仕事が楽しいか、と改めて聞かれるとドキっとしますね。
楽しくないといえばうそになるし、
楽しいといっても嘘になるし、複雑な心境ですね。

私が会社に入社した時の訓示で、
「仕事を楽しめというのは詭弁だ。これから現場で活躍される皆さんは、
大変な苦労を積み重ねていく過程で楽しいと感じるのはほんの一瞬で、
ほとんどが困難さの中にある。それを試練とも成長の糧とも捉えてぜひ一緒に頑張ってほしい」
そんな趣旨の言葉がありました。

なるほど、「楽しめている」というのは、
ある意味では本当の試練の中にないともいえますね。
もちろんそんな試練そのものを楽しめる人もいますから、
人それぞれなのだと思います。

今の私はそういう意味では楽しいという感情と、
ちょっと大変だなという感情と両面があるわけですね。

イクメンとしても投資家としてもブロガーとしても、
サラリーマンとしても色々忙しいですが、
これもすべて自分自信の充実した生活のためですから、
前向きに捉えていきたいと思います。

応援頂きましてありがとうございます。
2014/10/23(木) 00:46 | URL | まるのん #-[ 編集]
>komomoさん
シュッピンは今や多くの投資家の方に保有されていますね。
私は前回の月次で利益が計画水準という情報をみて、
むしろ計画水準までリカバリ出来てまずは一安心と捉えました。
つまりこの情報の開示前は、
いくら売上高ベースで好調であっても、
利益水準について懸念を抱いていました。

ただ、一方で増税反動減の要素もあったでしょうから、
長期的に見ればまだ全く成長ストーリーは崩れていないとみています。
それは会員数の増大や、新たな施策の展開などでも伺いしれますし、
日々の、新たな中古の商品の掲載数やECサイト上でのsoldoutの推移を見ても、
順調に仕入-販売のサイクルが回っているようですから。

決算については、上期利益はそれでも若干計画比未達になるとみています。
これを受けて売り込まれれば買い増しを検討したいと思っています。

ちなみに今のところは、決算の結果を受けた値動きを予想できないですし、
成長シナリオに変調はないので、
私は一旦リスクオフにすることはしないつもりです。

しかし、komomoさんの対応は理解できます。
私も前回の決算期はだいぶ痛い目に遭いましたから、
持ち越すのであれば持ち越すなりの覚悟が必要ですからね(笑)。
無用にリスクにさらさないという感覚も必要な感覚かもしれませんね。


私の新たな懸念は外国人旅行者が店舗に殺到していることで、
社長が目指すEC主体のビジネスモデルにおいて、
オペレーションコストなどが余計に発生したりすることで、
本来注力する部分の施策が後手になったりしないかが気にしています。
外国人旅行者の急増という点が売上高の上ブレ評価の理由として記述されるでしょうから、
それがどのようなトーンで、今後の認識がどのように語られるかに注目しています。


一般的に、今のようにボラティリティの高い中では、
リスクにより敏感になることは大事なことだと思います。
問題はその敏感になった結果として、それを手掛かりに取引をするかどうかだと思います。

私は昔はすぐに取引していましたが(笑)、
今はそうしないスタンスを目指してみている(試行的に)ので、
今回も余程のことがない限り貫いて、また怪我をするなら怪我をしようと思います。
その治療代を長期的な自分のスタンスの成長に繋げたいと思います。

感情に流されないようにというのは簡単ですが、
私も常に感情を乱されていて、言うは易しですね。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。
2014/10/23(木) 01:02 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/325-0916a62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り