十分な教育資金と老後資金のために
 
 まるのんPFは、年初来で+7.5%、週間で▲3.2%となりました。
 TOPIXは、年初来で▲9.6%、週間で▲5.1%となりました。
 
 3週連続で続落となっています。
 瞬間風速では15%を達成していましたから、
 ちょうど含み益が半分になったことになります。
 いやー由々しき事態ですが、毎日落胆が続いていて、
 既に覚悟は出来ていたので、そこまで衝撃的ではありません。
 落胆も希薄化しているようです。

 そして為替が大きく動いており大型株を中心に軟調に推移していると思いきや、
 日経平均よりTOPIXの方が下落が大きいようですね。

 マザーズの下げが相対的に小さいですが、
 これはこれまでの下落ピッチが一番早かったことも影響しているかもしれませんね。

 その時その時の下落幅だけを見るのではなく、
 これまでの経緯と共に今の状況を評価する必要があると思います。

 さて、従来通り、その他の指標も確認しておきます。

  日経平均・・・▲10.8%(▲4.7%)
  JASDAQ・・・+4.9%(▲2.7%)
  東証2部・・・+8.4%(▲3.2%)
  マザーズ・・・▲13.5%(▲2.1%)
  ※()内は先週末比


◆ポートフォリオの状況
 ポートフォリオの中身は以下のとおりです。

20141017_PF内訳
20141017_PF業種別内訳

 先週と構成は変わっておらず、
 保有順位も比率も大きく変わっていません。
 目に見えて変わっているのは、
 このグラフからでは読み取れませんが、総資産が減っています(笑)。

 また今週も注文は色々出してはいましたが、
 一切指値にはかかりませんでした。

 今週は場中に指値をむやみにいじらないと決めていました。
 感情が取引に介入することを避けるためです。

 週末に全保有銘柄と監視銘柄を再精査して、
 この値段なら買ってよいと判断出来る銘柄に対して
 自分の中では一定の合理性を持って決めた指値ですので、
 それを遵守することが重要と判断しました。

 皮肉にも全体の株式資産が目減りしたことにより、
 相対的に現金比率が微増しました。
 まったく嬉しくない現金比率の増加です。

◆資産推移状況
20141017_全資産(パフォーマンス)

20141017_全資産(資産推移)

※クリックすると画像が大きくなります。

 このグラフを見てみると、やはり今年最大の調整局面であることがわかります。
 8月にも調整があって、傾きこそ急ではありますが、
 すぐにV字回復しているのに対して、
 下落が止まらないのが今の状況です。
 引き続き、不確実性が高い状態は継続しますし、
 足元の動向は更に厳しさをます可能性の方が高そうですので、
 まだ当面は覚悟が必要かもしれません。

 その厳しさが保有株に影響をもたらしそうだと判断した時には、
 躊躇なく売りますが、そうでない時には、徹底的にHOLDしたいと思います。

 こういう時の判断は経験があればまた柔軟な対応も出来るのかもしれませんが、
 私には経験がないので、
 今の自分の考えに従って冷静に対処するしか方法がありません。


◆保有銘柄の状況
20141017_個別銘柄の状況

 今週も3276日本管理センターが逆行高となりました。
 先週も下落の中で頑張ってくれていますので、
 余計に際立ってみえます。

 こういう銘柄の特性が何かつかめれば、
 今後の参考にもなるかもしれません。

 たまたまで、いよいよ全体相場がリカバリ局面に入ったところで、
 大幅下落~なんてオチかもしれません。
 今の2384SBSHDのように(笑)。

 まぁ上げた、下げたの話をしていても、
 結局このようなつまらない話になりますのでやめましょう。

 なお2384SBSHDについては、そろそろ一部の買戻しを検討してもよいかなと
 考えていますが、その前に、一度分析をUPDATEしようかなとも思っています。

 それから昨日も記事にしましたが、
 やはりエボラリスクについては相当に警戒されています。

 人類の生存をかけた戦いだ、なんて論調も出てきています。
 これだけ不安が大きいと本当に日本で1人でも感染者確認なんてなった瞬間に、
 ショック売りとなって、ストンと逝くかもしれませんね。

 そんな時に備えて、今の現金はよく考えて使うようにしたいと思います。



【参考】
・マネックス証券(日本個別銘柄のみのメイン口座)
20141017_マネックス株式

・SBI証券(インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座)
20141017_SBI株式_1
20141017_SBI株式_2
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、こんばんは。

まるのんさんのポートフォリオもなかなかの下落をしていますね…。

ですが現金比率も高いので買いに行く好機とも考えられます。

まるのんさんはブログを拝見させていただいて感じるように、熟考に熟考を重ねてから冷静に判断することのできる投資家でしょうから、早急な取引はないでしょうが「まだはもうなり。もうはまだなりという言葉通り、私はリスク覚悟で(本当は暴落でリスクは軽減していると思いますが)買いに行くという判断もあるのかなと、現在の相場を見て考えています。

世界的にボラリティが高まっているようです。「ストン」はあれど急上昇はないと思いますので、なかなか試される相場になりそうですね。

お仕事も大変でしょうが、投資にブログ、頑張ってください。
応援しています。

では。
2014/10/17(金) 23:11 | URL | つぅ #-[ 編集]
>つぅさん
こんばんは、つぅさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

仰るように、ずっと放置というのもイマイチなのですが、
一方で今の状況を見ると俯瞰してみると、
なかなか買いにいけないというのが正直なところです。

私は基本的には保有銘柄のファンダメンタルズをみて、
今の時価を自分の尺度で照らして評価しますが、
その時に相場や各種不安要素を完全には無視できないのも確かです。

記事にもある通り、日本でエボラとか、政局不安(政治と金)とか、
なんだか色々ややこしい話が出てきています。
増税判断動向も気掛かりですので、
もう少し私は様子見をしたいです。

とはいえ、完全傍観というのもまたよろしくないと考え、
買える水準を少し割り引いて指値を張っています。
それが熟慮の結果で今週に対応できる一番よい解でした。

また今週末に棚卸をして、次週の対策は改めて考えますが、
業績に安心感があるのと、原理原則のPER水準をまずは評価して、
改めて取組を考えることになると思います。

仰るようにVIX指数などの推移を見ると、
年初来でも最高水準に高まっています。

大事なことは、こういうものを完全無視でも過度に振り回されるわけでもなく、
淡々と自分の評価軸に照らしていくことが大事だと思います。

10月に入って、PFもだいぶ毀損されてしまいましたが、
投げ出さずに、スタンスを継続していくことが、
例え足元で結果がついてこなくても、
長期的に見れば得るものはあるはずだと信じています。

応援頂けるとのこと、こういう状況だからこそ、
大変心強いです。
今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
2014/10/18(土) 00:07 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/322-7ed465c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り