十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

 
 まるのんPFは、年初来で+10.7%、週間で▲1.8%となりました。
 TOPIXは、年初来で▲4.5%、週間で▲3.0%となりました。
 
 先週に引き続き、不安定な相場が継続し、
 私のPFも大きく続落という結果になりました。

 ただ、こうやって数字にしてみると辛うじて1%台の下落に留まっています。
 私にとっては大きな調整であることは間違いありませんが、
 算出前のなんともいえない不安の感覚からしたら、
 まだ結果を数値で見ることで安心できたというのが正直な印象でした。
 やはりネガティブな感覚というのは増大して認識してしまうようです。

 少しでも事前に現金比率を高めておいたのがよかったのかもしれません。
 ただこの結果を見てしまえばなんとでもいえるわけですが、
 その対応が少々雑だったかもしれません。
 もう少し突っ込んで期待値との比較を行い、
 いまのリスクを鑑みて対応してもよかったかなと思います。
 まぁこれは結果論の後の祭りの話です。

 さて、TOPIX以外の相場の状況の確認のため、各指数も振り返っておきます。

  日経平均・・・▲6.1%(▲2.5%)
  JASDAQ・・・+7.5%(▲3.4%)
  東証2部・・・+11.6%(▲3.1%)
  マザーズ・・・▲11.3%(▲5.8%)
  ※()内は先週末比

 どの指数も大きく下落しています。
 マザーズなど2週連続で週間5%下落で、
 あっという間に2桁マイナスへ転落しています。
 これだけ動向が荒いと、特に信用をされている方は、
 大きく稼げるチャンスがある一方で、相当精神がすり減るだろうなと思います。
 私は現物だけなのですが、それでもやきもきしますから、
 信用には手を出せないなと改めて思います。 


◆ポートフォリオの状況
 ポートフォリオの中身は以下のとおりです。

20141010_PF内訳
20141010_PF業種別内訳

 さて、今週はいくつか売買をしています。
 こんなに疑心暗鬼の相場の中での取引は勇気がいりますが、
 全て熟考の結果、意思決定を下しています。

 <買い>
 2352 エイジア ※買い増し
 3079 DVx ※買い増し
 4245 ダイキアクシス ※新規買い

 <売り>
 8940 インテリックス ※売り切り

 これによって現金比率が下がり、ちょうど1/4となりました。

 なお、先週、今週と値動きが荒いため、
 週末の記事で銘柄毎の雑感をメモにしたいと思います。
 完全に自分向けのことで申し訳ありません。
 (実は私は自分で自分の記事を読んでそうだったね、と再確認しています)


◆資産推移状況
20141010_全資産(パフォーマンス)

20141010_全資産(資産推移)
※クリックすると画像が大きくなります。

 これまでなかなか超えられなかった、
 2けたパーセントはなんとか維持しています。
 ただ、相場の指数に比べると下落幅は少ないのですが、
 これはたまたまだと思うのですが、
 耐性が機能したのか、単純に遅れて谷がやってくるのか、
 そこはわかりませんが、まだとても楽観視は出来ないかもしれません。

 これ以上資産は減って欲しくないなと、当たり前のことを考えながら
 このグラフを見ていますが、
 そんなことをしても何も変わらないので、単に虚しくなるだけですね。
 このグラフを眺めている時間があるのなら、
 まだ企業のHPをサーフィンしていた方が有益かもしれません。


◆保有銘柄の状況
20141010_個別銘柄の状況


 先週は3179シュッピンに助けられたのですが、
 その反動減は控え目でありつつ、
 今週は3276日本管理センターが焼け石に水とはいえ、
 サポートしてくれたことになります。

 実は今週半ばに、3179シュッピンが跳ねていたので、
 今週もまた助けられるのかと思いきや、
 金曜の今日、相当暴落しました。

 シュッピンは月次で好調さが際立っていますが、
 私はこの結果を冷静に受け止めています。
 つまり、外国人旅行者の新品購入が牽引しているわけです。
 そして新品購入が多いことで粗利率が下がっている、
 これも既知のことでした。
 ちょっと安心したのは、
 とりあえず2Qでの下方修正はなくなっただろう点です。
 月次のコメントにその旨が記載されています。

 私は下方修正を少し懸念していたので、
 とりあえず少しだけリスクが後退したということです。

 ただ、通期での未達懸念は依然として拭い去れません。
 粗利率が低いとはいえ、旅行者の特需が積み上がることによって、
 計画水準で着地しそうということですね。
 ということは逆にいえば、ECや国内でのビジネスは、
 少々苦戦したともいえるのではないでしょうか。
 このまま下期も旅行者がずっと新品を買い続けてくれれば、
 特に懸念もないですが、元々本業のリユースの部分がどこまで
 成長性が維持されているのか、
 決算が出たらきちんと分析してみようと思います。
  



【参考】
・マネックス証券(日本個別銘柄のみのメイン口座)
20141010_マネックス株式


・SBI証券(インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座)
20141010_SBI株式_1
20141010_SBI株式_2

NISA口座で含み損になっている銘柄が増えてきました。
というか、最近買ったものが、単純に相場の影響を受けてマイナスとなっています。
特にファンダメンタルズに影響がなければ、当然放置です。
NISAだと抑止力もあってよいですね。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん 今週もお疲れさまでした。

目先の株価の動きには一喜一憂しまいと誓っても、ここ最近の下落には憂鬱にもなりますよね。

ゆうゆーさんのところに行ってみたらコメント欄で内心を語っておられたので、、

やっぱりこの下げは誰しもメンタルにこたえますよねぇ...と私も親近感を持ってしまいました 笑

不謹慎ですよね。スミマセン 汗

あ、そういえば

エイジアを買い増しされてるんですね。

2Qの決算前ですが、成長ストーリーは問題なしと判断してのことでしょうか?

様子見をされてた印象があったので、チョット意外に感じました。

2014/10/10(金) 21:09 | URL | カイト #-[ 編集]
>カイトさん
こんばんは、カイトさん。
親近感を抱いて頂いたとのこと、ありがとうございます(笑)。

こういう時に傷をなめ合えるではないですが、
皆も辛いのだと思うと不思議なもので勇気も沸いてきますね。

どうしても一喜一憂しないと悟りを開いているように装っても、
そんなにきれいごとではない側面もありますから、
そういう憂鬱や歓喜とうまく付き合っていくことを考えた方が、
よいのかもしれません。

さて、エイジアについては、
成長ストーリーに問題はないと判断しています。
もちろん1Qが不調にも見えますが、
IRに問い合わせした際にも納得は出来ましたし、
今の値段は私なりの指標に照らすと十分割安と判断しています。
ただ決算を待ちたいという思いがあったことは確かで、
これ以上含み損を広げたくないという判断もあり、
1単元だけというせこいことになっています。
それでも今の私の運用資金そのものが少ないので、
1単元追加しただけでも勇気のいる判断でした。

ご指摘のように様子見をして決算までは動かないつもりでしたが、
こういう値動きに私が動かされてしまうのもイマイチですが、
今の水準であれば納得できると思いまして、
行動に移しました。
このように読者の方から整合性についてもご指摘を頂けること、
とても光栄です。
何より自分自信を律するよい意味での私自信への牽制になります。

どうぞ、これからもコメントを通して
叱咤激励の程、よろしくお願いいたします。
2014/10/11(土) 00:27 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/312-facaced0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り