十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)


 NISAで保有している9787イオンディライトの2Q決算が発表されています。

 当社は成長性こそ緩やかではありますが、
 安定的に毎期積み上がってきている点が大変魅力と感じています。

 さて、早速決算を見ていきますが、
 短信の1ページ目だけを見て、全く違和感がなく、
 はい、想定通りきちんとやっているのね、ということがすぐにわかるので、
 あまり掘り下げて振り返る記事を書くモチベーションに繋がりませんが、
 淡々と書いていきたい思います。

 売上高    : 134,049百万円 (+0.4%)
 営業利益   :  7,702百万円  (+1.7%)
 当期純利益 :  4,380百万円  (+5.6%)

 営業利益率   : 5.7% → 5.7% (±0.0%)
 当期純利益率 : 3.1% → 3.3% (+0.2%)


 今期も増収増益です。
 10期連続増益企業は安心感が違います。
 とはいえ、7割程度をイオンに依存しており、
 そのイオンの業績が低迷していること、
 LED工事が一巡していたことからこの落ち込みをカバー出来るのかと、
 不安がなかったわけではありません。

 ただ、結果的にはイオンG外のほかセグメントで計画通り頑張って、
 リカバリをした結果として、この程度の業績となったようです。

 利益率も前期と比較して横バイが若干好転しています。

 人件費が高騰している中での横ばいということは、
 その裏では、地道に費用マネジメントが出来ていることを指します。

 特に今期の業績として問題はないと判断します。
 ポジティブサプライズはないですが、
 着実にやってくれているという安心感が一番のよさかもしれません。


 次に計画達成率や通期進捗率を確認してみます。
 

 売上高(上期計画)    : 134,000百万円 (+0.3%)
 営業利益(上期計画)  :   7,600百万円 (+0.3%)
 当期純利益(上期計画):   4,150百万円 (+0.1%)

 対上期計画達成率(売上高)   : 100.0
 対上期計画達成率(営業利益)  : 101.3%
 対上期計画達成率(当期純利益): 105.5%

 売上高(通期計画)    : 270,000百万円 (+5.0%)
 営業利益(通期計画)  :  16,000百万円 (+5.9%)
 当期純利益(通期計画):   8,600百万円 (+5.4%)

 対通期計画進捗率(売上高)   : 49.6%(51.9%)
 対通期計画進捗率(営業利益)  : 48.1%(50.1%)
 対通期計画進捗率(当期純利益): 50.9%(50.8%)
 ※()内は昨年の進捗率

 上期計画は若干プラスだったようです。
 四季報の予想も会社予想でしたので、
 四季報予想からも見ても若干プラスです。

 一方通期計画に対する進捗率は、
 売上と営業利益面では若干昨年から見ると出遅れているようにもみえますが、
 そもそも計画通りであることと、当期純利益ベースでほぼ走り出しは同水準ですので、
 こちらも問題ないと判断します。


 あとは、施策などの定性的な情報ですが、
 国内、海外含めて新規開拓は順調に進んでいるようです。
 短信上も具体的な取り組み事例が列挙されており安心感があります。

 またサポート事業の伸長率がやはり大きいです。
 私はこの部分(特に高齢者向けのサポート)には着目しておりまして、
 今後もニーズは増えて成長していってくれるものと思います。
 その考えが実際の実績として確認出来たので、よかったです。

 エネルギーソリューション分野において、
 施設内の太陽光発電システムのメンテナンスが好調のようですが、
 現在電力会社が買い取り保留で、
 太陽光関連は揉めていますが、
 当社の場合、施設内の電源システムの色合いが強く、
 電力販売を主軸にしたものではないため、
 影響はあるとは思いますが、限定的かと認識しています。

 私は今回の決算で計画比でほとんど乖離が発生していないことを、
 ポジティブに捉えています。
 普通は計画対比で上ブレを期待し、上方修正来い!とか念じるわけですが(笑)、
 ストックビジネスが主軸の当社の場合、
 業績も読みやすいですし、その通りに着地させている点は、
 会社側の誠意や努力を感じます。

 こういう姿勢があるからこそ、中期経営計画も信憑性が高くなり、
 銘柄としての魅力も高まると感じます。

 当社は最近も証券会社のレーティングがついてまた少し動いていますが、
 長期的に評価されていくといいなと思います。

 当然、継続保有です。


 
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/305-22e180ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り