十分な教育資金と老後資金のために

 目標株価は株価の動きに影響をされてはいけないと考えます。

 2年~3年後をイメージして算出した目標株価が、
 設定から1年程度で株価上昇を続けて目標株価に近づいた場合、
 その銘柄を素直に利益確定すべきだと思っています。

 しかし、一方で、その銘柄の成長性や評価について、
 更に2年~3年後の成長シナリオが不変であり、
 1年経った時点で2~3年後の目標株価を算出した場合に、
 目標株価を上げることが出来ると判断された場合、
 これは難しい判断になるなと感じています。

 当初の購入時点で、2~3年後を視野に設定していた目標株価に、
 1年程度で到達が見えてきた場合に、
 期間を短く目標利益を出せてラッキーと、
自分の定めた目標株価(ルール)に対して、
忠実に行動するのが正しいと思います。

一方で常にその銘柄に対して評価をしていき、
目標株価をローリングかけていき、
高値を追っていくというのもまた捨てがたい道だとも思います。


後者の判断をする際に重要なのは、
株価の上昇が再評価に影響を及ぼしていないかというプロセスの問題です。
つまり、株価の動きなど関係なく、
再評価の結果、合理的に目標株価が再設定できれば問題ないですが、
株価の動きに踊らされた状態で、目標株価を再設定すると、
それが色眼鏡を通した甘い評価になっていないか
ということに留意が必要ということです。

どうしても高値を追いかけていきたい衝動が少なからずどこかに存在していて、
一度は決めた目標(ルール)を安易に操作してしまうようなことでは、
優秀な投資家とはいえないのではないかと思うわけです。

周りの優秀な投資家の方の言動を見ていると、
きちんと自分の定めた目標に達成すると、利益確定しているように思います。
決めたルールを忠実に守るというのは基本行動のように思うわけです。
もちろん、厳密に言えば目標株価は一度決めたら更新してはいけないというルールはないですが、
一方で様々な分析に基づいて算出した目標株価の重みは重視すべきです。

結局、当初決めたルールに忠実に行動するのか、
そのルール自体を常に新しい地点で修正をかけて行動していくのか、
答えはないのかもしれません。

現時点の株価が、その時に見込まれる期待値と比較して、
安ければ(上値上昇余地の期待値が大きい)、
ホールドするなり場合によっては買い増せばよいですし、
逆にその期待値とのGAPが小さくなった(達成した)のであれば、
ルールに従い利益確定を出しておくべきなのでしょう。

「その時に見込まれる期待値」を算出する際に、
現在までの株価の水準を気にするあまりに、
その期待値が色眼鏡ものになっていないか、ここには特に注意をしようと思います。


 目標株価は、成長性の評価から将来のEPSを予測し、
 これにその将来における市場評価をPER値として掛け算する、
 至ってシンプルな計算で求めています。
(シンプルですが、特に成長性をどのように織り込むかは至難の業です)

 銘柄によってもまちまちですが、
多くの銘柄について、2年~3年後をイメージして算出しています。
過去の業績推移は参考にすることはあっても、
株価の動きは敢えて見ないようにして、
将来の業績推移を冷静に見極められるようにしていきたいと思います。

その際に、無理に目標をストレッチさせて、
継続保有という結論に恣意的にもっていくようなことがないよう、
留意していきたいと思います。
特に株価が上昇している局面だからこそ、気を引き締めたいと思います。


この記事は、2384SBSHDを意識して書いています。
当社の目標株価に向けて、現在急ピッチで株価が上昇してきています。
ですから、そろそろ目標株価付近で売却を行うのか、
継続保有するのか、冷静な見極めが必要です。


株価も概ね買い値の2倍になりますので、
よく言われているように、
半分処分して元本だけ回収しておく
というベタなやり方も選択肢もひとつですが、
よく考えて、後悔のないようにしたいものです。
コメント
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。3073ダイヤモンドダイニング分析お願いいたします。成長性がありそうで、気になる銘柄です。
2014/09/24(水) 22:25 | URL | 銘柄診断希望 #-[ 編集]
>銘柄診断希望さん
こんばんは、銘柄診断希望さん。
3073ダイヤモンドダイニングについて、
ご紹介頂きましてありがとうございます。

最近目にするようになった銘柄ですね。
会社側の上方修正を受けて四季報、日経情報共に、
大きく上方修正しています。

結論から先に書きますが、確かに成長性は見込まれますが、
相応に織り込まれているように感じます。
本日の終値で2,384円で今期予想EPSは会社予想で114ですから、
予想PERは20.9倍です。
四季報の予想EPSは127ですからこの場合のPERは18.8倍です。
当社の成長性をどのように捉えるかですが、
私は甘く見ても20%がいい所かなと感じます。

すると、仮に四季報予想EPSをーベースとして2期先の
EPSを予想すると170となります。
一方、PERは18倍位の評価が妥当と思います。

目標株価は3,060円となります。


当社の特徴は様々な単価に応じた多角ブランディング店舗を有し、
特徴を持った店舗運営を行っています。
また海外店舗の展開もペースが早く、日本食ブームの今は、
追い風です。

ですが、一方で国内も含めて飽きが来ることも懸念されます。
特に当社のようにコンセプト店舗の場合、
話題になっている時には非常に好調ですが、
ピークが過ぎるとあまり聞かなくなるように思うのです。

今は業績の底打ちを確認し、
イケイケドンドンの雰囲気もあって、
出店ペースも増やしていますが、
景気拡大局面だからこそ、どこかで踏み外すことのないように、
注意して業容拡大していかないといけないように感じます。
居酒屋のような業態は特にそう感じます。

流行り廃りが早いと思うのです。

高級店と大衆店とが混在していて、
かつ扱う食材もそれぞれ異なると、
仕入などでシナジーが出しづらいとも思います。

今期はアルコールの仕入れを1本化することで、
仕入コストを下げていますが、
これもこれ以上、効いてこないと思います。

最後に当社は優待も充実しており、
分売も重ねていることから、
きっと昇格も近いでしょうから、
そういうカタリスト狙いというのも面白いかもしれませんね。

今回も相変わらず表面的な見立てになりました点、失礼いたしました。







2014/09/24(水) 23:15 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/291-aae72f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り