十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)


 むずむず感が増しています。

 年末に向けてあと3ヶ月、
 四季報も発売になり、相場も堅調となると、
 どうしても自分のPFの見劣りを受けて、
 新たな銘柄を手掛けたくなるのです。

 しかし、手当たり次第手を出したり、
 ちょっと何かに妥協をして買い向かうと、
 大抵はうまくいかないこともこの1年余りの経験で、
 よく勉強をさせて頂いたわけです(笑)。

 たとえその時の運でたまたま利益を出せたとしても、
 それは私の投資スタンスには反しており、
 継続的に叩き出せない以上、一喜一憂出来るものではありません。

 私は株式投資について、
 この一瞬で利益を出すことを目的にしているわけではなく、
 子供の教育資金や老後生活を視野に入れた
 資産運用が目的です。
 ですから、短期的な投機を積み重ねていくことでは、
 長く投資を続けられる心理(モチベーション)を維持出来ないですし、
 パフォーマンスもガタツキが大きくなり、
 どこかで相場とお別れしないとならなくなるかもしれません。

 こういったことを検討した結果、
 今では一番自分にとって合理的と思う投資スタンスを探っています。

 ですから、投資スタンスに反するような取引は絶対に避けたいですし、
 むずむずした感じに引きずられることのないようにしないとなりません。

 確かに足元で業績好調と思って、
 今期の上方修正を狙って売買してみようとか、
 四季報をめくって表面的にとても良い会社と思っても、
 すぐに飛びつかずに自分の指標に照らす、
 そして例え機会損失になったとしても、
 少し時間を置くことでその精度を高めることにも繋がると思います。

 四季報が発売になり、9月の権利確定や上期決算がこれから出てくる前に、
 よい銘柄を仕込んで、パフォーマンスを挽回したいという気持ちが、
 変な形で前のめりになり、
 気が付いたら自分の土俵からはみ出ていたということのないように、
 慎重さを損なわずに今後も対応していきたいと思います。

 中には慎重すぎるとか、石橋を叩き割るの?というご意見もあろうかと思います。
 実際、そんな慎重さを期すばかりに、
 買う機会を逸したというよくある話も経験することになりますが、
 それでも今は投資初心者として、
 基本に忠実にする姿勢を醸成していきたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/283-18421d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り