十分な教育資金と老後資金のために

 私は現物取引のみで信用取引は経験がありません。
 従って、空売りも当然ながら未経験です。

 3179シュッピンについて、
 機関投資家(野村)が空売りをしているようです。

 このようなサイトを見ると、
 機関投資家の空売りポジションを見ることが出来ます。

 こちらのサイトで確認していましたが、
 9月に入ってから複数日に跨り、空売りをしており、
 現在は50,400株(発行済の0.84%)のポジションのようです。

 さて、空売りといっても私は全くの素人で、
 どのような意図があってこのようなポジションを取っているのか理解が出来ません。

 空売りとは、私の理解では、将来的に株価が下がった所で買い戻すことにより、
 利益を出す手法だと認識しています。
 ですから野村は、期日到来を迎える向こう6ヶ月を展望した際に、
 当社の株は値下がりするという目論見の下で空売りをしているということになります。
 (違っていたら、ご指摘ください、あまり自信がありません)

 しかし、昨日の私の利益面での不安をよそに、
 今日は月次が大きく評価され大幅上昇となっています。
 もちろんこの動きは、昨日の私の見立てからは、行き過ぎたものと捉えていますが、
 それでも当社の成長性を考えた時に、
 敢えて当銘柄を空売りする要素が見当たらないと思うので、
 益々解せないのです。

 確かに利益面での未達懸念を私は想定していますので、
 仮に大口様ということで、
 ある程度そのようなリスクが高まったという認識があって、
 このような対応を取っているのか、
 だとするとそれってインサイダー?とかなってきます。
 YAHOO掲示板でも色々コメントが交錯していますが、
 この野村の動向はなんか気持ちが悪いなと思ってみていました。

 普段、あまりこういった情報に触れることがないのですが、
 本日の大幅上昇で、少し当銘柄のことを見ておこうと思って調べていたら、
 そんな動向を検知したので、メモとして残しておこうと思いました。 

 それにしても自分が知らないことは沢山あるのだな、と思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/274-86bbce01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り