十分な教育資金と老後資金のために
 
 まるのんPFは、年初来で+9.2%、週間で▲0.2%となりました。
 TOPIXは、年初来で▲0.7%、週間で+1.2%となりました。
 

 調子に乗って年初来10%を超えたと
 私なりのひとつの節目に、浮かれた記事を上げていたら、
 きちんと罰(?)が当たりました(笑)。

 10%をキープするどころか、
 指数が軒並み週間プラスである中、マイナスとなりました。

 改めて、その時々の結果に一喜一憂などするべきでないと、
 相場に学ばせてもらっている気がします。

  さて、一応相場の状況の確認のため、各指数も振り返っておきます。

  日経平均・・・▲3.8%(+1.5%)
  JASDAQ・・・+12.9%(+1.3%)
  東証2部・・・+15.9%(+0.9%)
  マザーズ・・・▲1.4%(▲0.2%)
  ※()内は先週末比

 東証2部、JASDAQに抜かれて少しでも差を縮めたいという思考から、
 やはりこれらの動向には特に目を向けていますが、
 今週も続伸していますね。
 中小型株が引き続き堅調に推移しているという環境の中で、
 私のPFがそれにどんどん遅れをとっているのは、
 単に偶然なのか、どこかにそのような結果になる必然的な要因があるのかは、
 よく考えないといけないと思っています。

 一方で、それについていきたい思いばかりが先行して、
 自分のスタンスをブラすことのないようにも留意が必要と認識しています。
 自分の思うようにならない時は、ついつい違う方法を試してみたくなりますが、
 そもそも今のやり方がダメなのか、結果が出るのが遅いだけなのか、
 よく考えて行動したいものです。

◆ポートフォリオの状況
 ポートフォリオの中身は以下のとおりです。
20140905_PF内訳
20140905_PF業種別内訳

 PFの状況も引き続き変わらずです。
 結構、買い注文を入れていたのですが、
 こういう上昇相場が続くと、なかなか刺さりませんね。

 かつては、何かに理由をつけてジャンピングキャッチをしていましたが、
 より自分の決めたことに忠実に対応しています。

 機会損失だとか、投資家としてセンスがないとか、
 色々ご意見がある方もおられるでしょうし、
 私自信もこれが信念なのか、頑固なだけなのか、
 手探りの中での対応が続いていますが、引き続き自分の決めたことに
 忠実にやっていき、ダメならダメでまた自分の決めたことに対して、
 きちんと検証を行うようにしたいと思います。


◆資産推移状況
20140905_全資産(資産推移)
20140905_全資産(パフォーマンス)

※クリックすると画像が大きくなります。

 私のPFは先週、年初来高値を更新してから調整しています。
 また8月の頭のようにガクッと落ちることも十分あり得る気もします。
 なにせ相場全体が好調でどこかで調整が入ってもおかしくないですからね。

 なんとなく、政権も変わり、年金資産も動くとか、
 相場見通しも強気なものが目立つようになってきたので、
 だからこそ、警戒はしておきたいものです。
 まぁ警戒するから、持ち株を減らすということはせず、
 保有株の状況に変化がなければ、
 甘んじてその調整も受け入れようと思います。
 と覚悟は決まっているように書いていますが、
 実際に下落すると右往左往してしまうのですよね・・・。

◆保有銘柄の状況
20140905_個別銘柄の状況

 1部昇格銘柄である3276日本管理センターと3079DVxが
 比較的大きく調整しています。
 先週、昇格で上昇していましたから、やむ得ないですね。

 先週の記事でも書きましたが、
 昇格そのものが、すぐさま足元のファンダメンタルズを
 向上させてくれるわけではなく、
 あくまで一時的に評価が高くなったに過ぎないですから、
 これからが本番ですね。
 両社とも長期に渡り、企業価値向上を見込んでいますので、
 足元の数%の下落を憂うのではなく、
 将来を楽しみにどんと構えていたいですね。

 そういった意味では、2384SBSHDも四季報予想が大きく向上し、
 それを四季報発売前に織り込む動きが出ていましたが、
 先取り号でまさかの15銘柄にリストアップされたので、
 昇格と同じように捉えています。
 つまり一時的な評価高が株価上昇を支えた一方で、
 冷静な判断をする投資家や、
 短期の利幅を取りたい投資家が売りに回ったのでしょう。

 いずれにせよ、当社も業績面で心配はしていません。
 但し、保有株の中では、伸びしろ期待値が小さくなりつつあるので、
 本来であれば少しずつ売り上がるのもよいかもしれません。
 売りのタイミングは本当に難しいです。
 目標株価に達して丸ごと売るのがよいのか、
 そこに近づいてきたら、徐々に売っていくのがよいのか。

 特に今回は想定より早く目標株価へ近づく動きを見せていますので、
 期間を買ったと思えば、一部を売っていくのもいいかなと考えています。
 もう少し対応を考えたいと思いますが、
 皆さんは、目標株価に拘りますか、
 それともある程度柔軟性を持たせますか。

 以前にコメントで、売りは柔軟性を持たせてもよいのではという趣旨のことも、
 ご意見頂きました。売りのタイミングは買いよりはるかに難しいですね。

 4750ダイサンが一番下げていますが、
 これはあの決算では仕方ないですね。
 元々当社は保有方針が現在の保有方針とは異なり、
 投資を始めた頃から保有しています。
 投資方針が変わったから、
 別の銘柄にシフトすべきとのご意見もあろうことかと思いますが、
 私のようにまだスタンスを手探りで探っている状況で、
 全ての銘柄を画一的な自分のスタンスに合致したものだけを揃えることは、
 あまり現実的でもないため、
 ちょっと違った魅力がある銘柄を保有していてもよいかと思っています。
 当然資金バランスやそもそもの魅力とリスクを 
 きちんと認識出来ていることが前提ですが。



【参考】
・マネックス証券(日本個別銘柄のみのメイン口座)
20140905_マネックス株式

・SBI証券(インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座)
20140905_SBI株式_1
20140905_SBI株式_2
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん 今週もお疲れさまでした。

私のPFも主力が軒並み軟調で一旦は調整という形になりました。

しかし...ジャスダック、2部が強いですね。

一喜一憂はしないと決めつつも、やはりデータとして見ると、差がひらいてしまったことに落ち込んでしまいます。

このあたりが我慢のしどころですかね 苦笑

9月の優待を取ったら現金にもう少し余裕を持たせて、下落に備えたりするように心掛けてみようと思います。

焦って失敗しては本末転倒ですしね
...。

来週も頑張りましょうね!
2014/09/05(金) 17:56 | URL | カイト #-[ 編集]
>カイトさん
こんにちは、カイトさん。
共感が出来るコメントを頂きましてありがとうございます。

一喜一憂しないとはいえ、気になるものは気になるわけで、
落ち込む気持ち、私も全く同じです。
ブログでは努めてそうではないようにしていますが、
実態は、出来上がった推移表を眺めて苦汁を舐めているわけです(笑)。

もっとも、この程度の調整や指数と比べた際の劣化で、
そのように落ち込んでいては、
本格的な下落が起こった時に耐えられないとも思います。

その覚悟がないのであれば、
仰るように下落に備えた対応も必要かもしれません。
特に今は相場が堅調なので、勇気を要する判断にはなりますね。

焦って思いつきで行動すると結果がどうであれ、
長期的にみて自分のためになりませんので、
私もよく考えてその時に最適と思う行動を
出来るだけ取るようにしたいと思います。

お互いに頑張っていきましょう!
2014/09/05(金) 18:15 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/267-609b1aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り