十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

 連日、3276日本管理センターに関する記事で恐縮ですが、
 昨日、新宿のSBIマネープラザで開催された
 IRセミナーで知り得た内容をメモにしておきます。
 
 連日当社の記事を記載していますが、
 これはイベントが重なっているためであり、
 決して買い煽りではありません(笑)。

 投資判断はあくまで自己判断で、ということが前提です。


 ◆全体の説明
  先日公開された動画での説明会の内容からさほど違いはありませんでした。
  東証1部鞍替えの件は、以前から視野には入れていたようですが、
  今回正式に発表となって、より武藤社長が饒舌だったように思います。
  それだけ自信、誇り、が大きくなったという証拠でもあるのでしょう。

  それにしても、今回初めて生で武藤社長のプレゼンを拝聴しましたが、
  この吸い込まれるようなプレゼン能力は、私の仕事面でも色々学ぶことが多いように思います。

  ジェスチャーを交えることで説得力が増しているように思いますし、
  数値をきちんと頭に入れて、数値を使ってお話されるので、
  聴いていて安心感もあります。
  ただぶち上げているだけではないのですね。
  実際に数値でその成果や展望が認識出来る点は、とてもよいことです。
  抑揚の付け方や自社の強みを外部環境との差異を具現化して伝える点も
  納得性を高めている要因かもしれません。
  またそれに加えて、マクロからミクロへの話を意識されているように感じます。
  大局的にこのような状況になっているというわかりやすい導入から、
  自社の取り組みのミクロな話に落とし込んでいくため、
  わかりやすいという点も、魅力を高める要素なのだと改めて実感しました。
  株式投資ではなく、自分への投資という意味でも意義がある機会でした。


 ◆質疑応答時の話題
  
  ・東証1部への鞍替えによるメリットは?
   第一に信用度合いの向上が挙げられるようです。
   これは先日も私も記事にしていましたが、当然のことです。
   加盟するパートナーさん、物件のオーナーさん、そして銀行ですね。
   特に銀行の対応はJASDAQから東証2部に昇格した時にも、
   相当変わったそうで、今回更にどのように変わるのかは楽しみだとのことでした。
   この業種では特に信用力が重要なカギになると思うので、
   その信用力を武器に益々成長力を高められると感じました。

   第二に人材の調達に関することです。
   こちらは正直あまり想定出来ていなかったのですが、
   確かに採用時に東証1部企業というだけで、優秀な人材が獲得しやくすくなり、
   事業成長に貢献してくれそうですね。
   実際に、東証2部に昇格した時に、有名大学の人材も新卒で採用できるようになり、
   新卒採用者が現在の営業成績の上位にきてることからも、
   今後もよりよい人材が獲得できることが、当社の事業成長へ貢献してくれそうです。

 ・イーベストの売上と利益の今後のトレンドについて
   相続税絡みもあり、当期も相当上ブレで伸長してきているそうです。
   売上の伸長も去ることながら、利益が想定超に上ブレしてきているようです。
   現時点では何も言えないが、11月頃に何か発表できるかもとの発言がありました。
   これは私の聞き間違いではなかったと思うのですが、
   11月頃に上方修正を期待してもよいのではないでしょうか、と勝手に判断しました。
   なお、中計については、当事業も含めて数値面はかなり堅調モデルで引いているそうです。
   数値は守れる範囲で置くことを原則としているため、かなり堅めとみてよいということでした。
   毎期の利益成長率20%増を堅めの目標であるとコミットするのは、
   相当自信がある証拠なのでしょうね。

 ・株主還元策について、分割・自社株買いなどの配当以外の手段の検討について
   現時点ではないとしか言いようがないという模範回答でした。
   それはそうですよね。
   ただ、その時々で然るべき判断をしていきたいという含みも持たせた内容でした。
   従って、現時点ではすぐにということはなさそうでしたが、
   中期的にはどこかで必ず実施があると、私は回答しているスタンスをみて判断しました。
   なお、記念配当については言及はありませんでしたが、
   こちらも期待したいと思います。ただ、配当性向として40%を堅持するとなると、
   そんなに大きな額にはならないと思いますが、
   現在の勢いと中期計画の自信度合いから考えると、大判振る舞いも考えられますね。

 ・生産性について
   コンサル1人当たりで21%増のビジネスを所掌出来るようになっているようです。
   これが人数が増えていなくても成長している所以のようです。
   PM事業における1人あたりの管理戸数は約2800戸程度だったものが、
   現在は4000戸程度まで伸長しているようです。
   将来的には1万戸を目指すようですが、現時点でこれはいつ頃とまではいえないし、
   これは10年単位での長期的な目標と認識しているようです。
   なお、明細Web出力機能の開発は、オーナーさんの利便性向上だけでなく、
   社内事務コスト削減にも寄与しているとのことでした。

 ・中計の利益成長率について
   前述の通り、毎期20%成長は堅めの数値であるとのことです。
   私はふるさぽに注目していますが、2015年までは伸びるが、
   2016年では伸び率は鈍るとの見解でした。
   私も想定していましたが、補助金絡みの収入減となり現時点で見れば確かに
   その通りだと思います。この点をきちんと盛り込んでいる点も、
   当たり前のこととはいえ、堅めに数値を見ているという裏付けにもなっています。
   ふるさぽの成長鈍化を考慮しても、
   2016年まではきちんと20%成長を実現していけるとの見解でした。
   この点はより成長性への評価の安心材料と捉えることが出来ました。

 ・離職率について
   離職率は不動産業界ということもあり大変気掛かりな点でもありました。
   当社の社員数は100人ちょっとですから、少数精鋭といえます。
   ですから、優秀な人材の流出状況次第で、大きく業績への影響も懸念されます。
   当社は中計のひとつにエクセレントカンパニーと掲げており、
   この離職率はひとつの指標でもあると考えます。
   そして、離職率の推移ですが、2年前の1/3程度にまで減少しているとのことです。
   具体的には現状の結婚退職を含めてた離職率は、10%台とのことです。
   これが大きいのか小さいのはそれぞれの評価があるでしょうが、
   厚生労働省から開示されている大卒の卒業3年後離職率という統計データを参照すると、
   不動産業界は平成24年で18.2%となっています。
   ということは、ほぼ平均並みということです。
   これは過去には色々やんちゃをしてきて人材流出もあったものの、
   上場したこともあり新卒採用も安定化してきて、人事制度設計もそれなりのものとなり、
   結果として、標準並みまで改善してきていると見るのがよいと思います。

   この点から、今後大きな人材流出によるリスクは、
   そこまで大きく捉えていなくともOKと判断しました。
   会社内でも21:30以降残業できない仕組みになっていたり、
   サーバが止まって残業抑制の制度も打たれているようです。
   いわゆるブラック企業はいくら会社が成長していても、
   いつかそのしっぺ返しが来ると思いますので、
   その点が明確になったのはよかったです。

 ・当社のリスク要因は?
   リスクは社長自身ということでした。
   現状では、新たな発想で新規事業を発想するなどの取り組みは、
   実績として社長自身しか出来ていないということです。
   既存ビジネスモデルの枠内で一定の成長は、
   現社長がいなくてもやってはいけるだろうけど、
   新たな成長までをも期待する場合のリスクとしては、
   社長依存度が高いといえそうです。
   社長がものすごく歳を召しているなどの場合、
   そのようなことも懸念しますが、
   現時点ではそのリスクは限定的に捉えておこうと思います。
   ちなみに、かつて保有していたウチヤマHDなどは、
   私は社長依存度を相応にリスクとして認識していました。
   社長がそれなりに歳を召されていて、
   かつ社長のカリスマ性の要素が強いと認識していたためです。


 ◆目標株価と自分の対応について
  前回の記事で、成長性を22.5%、評価PERを18倍~20倍で算出しました。
  2期先で予想EPSは133.6となり、
  想定評価PER18倍で2,405円、想定PER20倍で2,672円となり、
  ざっくり2,500円としました。ちなみにこの時のPERは18.7倍となります。

  今回のIRセミナーを受けて、やはり買い増ししたくなるわけです。
  ですが、買うためには買うなりのロジックが必要です。
  安易に勢いで目標株価を修正するのは頂けませんし、
  今回の成長性と評価PERの算出結果は冷静に考えてみると、
  見直す材料とまでは言えません。

  強いて言えば、利益成長率20%がより確かなものと捉えて、
  評価想定PER20倍まで見てもよく、
  目標株価を2,672円まで上げてもよいのですが、
  現時点ではまだ時期尚早な気もします。

  一方、現時点の私のポジションですが、
  取得平均単価は1,138円となります。
  本日の終値で1,639円ですから騰落率は約44%となります。
  本日下落した1,500円台後半で買い増すか真剣に昼休みに悩みました。

  仮に1,575円で購入した場合、平均取得単価は1,283円となります。
  これを許容するかどうかです。

  目標株価2,500円に対するGAPは95%程度ですから、
  私の投資スタンスとしては、十分投資妙味があることになります。

  またPERの水準は、今期予想PERを89としているため、
  今期予想PERで14.4倍。成長性を22.5%とみているため、
  こちらも魅力は失われません。
  一方会社予想今期EPSは85ですから、15.1倍です。
  これでもOKですね。
 
  前期実績EPSは約70ですから、実績PERは18.3倍です。
  こちらはそれなりに高い数値になります。
  が、成長性を考慮すると問題ないと判断出来ます。

  ということで、1,575円で買い増してもOKと頭の中で、
  昼休みに皮算用したのですが、決断出来ませんでした。

  これは引けでプラス引けしたから悔しいとかそういうことではなく、
  (ちょっとはありますけど(笑))
  せっかく数値面できちんと材料を組み立てられているのに、
  それが実行に移せない点は、まだまだ自分の見立ての自信のなさの表れなのだと
  改めて実感して次第です。
  また買い増し決断が出来なかったのは相場環境にも起因しています。
  相場指数そのものが堅調に推移してきている中で、
  近く相場の調整があってもおかしくないということも念頭にあります。
  これは、相場や株価に動かされない投資スタンスという点に反することであり、
  その反してしまったことを恥じると共に、
  一方でそのような慎重な姿勢を取る必要性も一定程度はまだ念頭に残っており、
  悩ましい限りなのです。
  この微妙な心の揺らぎが皆様に伝わるでしょうか。
  スタンスをきちんと持っておりそれに堅実に対応できる優秀な投資家であれば、
  この揺らぎを嘲笑うかもしれませんし、共感して下さる方もおられるかもしれません。

  また、IRセミナーなどで熱を帯びた状態で勢いで買い向かわないことは、
  これまでの経験上も学んでいたことで、抑制力になっていたこともあります。
  
  色々挙げればキリがないわけですが、結局どちらの対応が正しいのか、
  またそれはその後の株価で証明されるものなのかもよくわかりませんが、
  明日以降の買い増しタイミングを改めてよく検討したいと思います。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん
私も昨日のIRセミナー参加しておりました。
イーベストについては、仲介手数料商売なので、売上金額への貢献は小さいが、利益の伸びが想定以上というニュアンスでしたね。社内の目標を超えてきている、目標が小さすぎたかという話になっている、というような話だった気がします。11月に何らかの発表がありそうでしたね。私も上方修正ではないかと勘ぐります、期待も込めて。
2014/08/27(水) 21:20 | URL | くっぴー #-[ 編集]
>くっぴー さん
こんばんは、くっぴー さん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
また昨日のIRセミナーの内容について、
フォロー頂きましてありがとうございます。
仰るようなやり取りがありましたね。
11月に・・・というのは実は口が滑ったのではないかと、
敢えて質問等で深堀り出来ませんでした。
3Q決算の時かその直前なのかわかりませんが、
その時に精度を見極めて上方修正を出したいということだと思います。

四季報予想の今期EPSは88.7、会社予想は84.7ですから、
一定の上ブレは想定されているでしょうが、
昨日の話ぶりからするに、この四季報予想からも上ブレしそうですね。

個人的には買い増しが出来ていないので、残念ですがこれは仕方ないです。
2014/08/27(水) 23:30 | URL | まるのん #-[ 編集]
DVx が東証一部ですか?もう少し時間かかると思いましたが、サプライズです。今日も株価さえなかったので明日から楽しみです。PTSは、100円以上上がってます
2014/08/28(木) 00:02 | URL | 花火 #-[ 編集]
>花火さん
こんにちは、花火さん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
DVxの1部昇格ということで、私も驚きました。
根拠はなかったのですが、もう少し先のことと思っていました。
買い増し出来なかった反省などを午前中にも記事をUP予定です。
ぜひ、こちらの記事も読んで頂ければ、
私がこのニュースをどのように受け止めたかがわかって頂けると思います。
実はだいぶ醜いものになっています(笑)。
2014/08/28(木) 06:39 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/251-167d7f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り