十分な教育資金と老後資金のために

 IRセミナーは、机上の分析の枠組みだけではなく、
 企業の生の声を聞き、自らの視点を広げる意味で有益な場だと思います。
 こういう機会はサラリーマンとしての本業に影響を及ぼさない範囲で、
 活用するようにしたいと考えています。

 私はこれまでもいくつかのセミナーに興味本位のものも含めて参加しましたが、
 投資のノウハウを伝授します的なセミナーは興味が持てません。
 ●●式とかいうような類のものです。
 絶対負けないという謳い文句や、やたらと連勝記録をアピールするような情報は、
 敢えてこれからも避けていきたいと思います。 

 また評論家のマクロトレンドの予想のようなものも、
 ふ~んという感じです。
 ただ、そのことをインプットに自分の考えるきっかけを得られる意味では、
 単に投資法のノウハウに特化したものよりかはまだよいように思います。
 特によく研究されている方がその専門的な分野について講話される場合は、
 勉強になることもありますから、そういう好機に恵まれればラッキーですね。

 ただ、やはり原則論からいえば、
 ノウハウもトレンド予測の類もわざわざ足を運んでまで、
 聴講するような価値はこれまでのところあまり感じませんでした。
 やはり、IRセミナーのメインであり醍醐味は、
 個別企業の説明会だと思います。

 特に新興企業であれば、直接社長のプレゼンをされる場合もありますので、
 直接的な材料がそこで出ることはIRポリシー上もあり得ないわけですが、
 調子がよいのか、何が強みになっているのか、事業の方向性についてどう捉えているか、
 他にも様々な肌で感じる情報を元に、
 今後の成長性について自分なりの考えを纏める上で大事にしたい情報源です。

 また留意したいポイントですが、単に話を聴く側では魅力半減してしまいます。
 アンテナを高くしておくことが求められるでしょうし、
 その企業に様々な疑問、課題、興味を主体的に持つ必要があります。
 そうでないと、単にプレゼンに魅了されて、
 あたかもその企業が投資対象として魅力的なのだと、安易に結論付けてしまいそうです。
 ですから、疑問、課題、興味を主体的に持って臨むようにしたいものです。
 これは置き換えれば、セミナーの最後の質疑応答の時間で
 質問力となって自ずと自分の程度が浮き彫りになります。

 プレゼンを聴いて、なるほど、よくわかった、満足。
 ということで帰路につくようであれば、
 私にとっては行く必要がないというか行く資格がなかったセミナーと捉えます。

 プレゼンを聴いていて、もしくは従前より抱いていた疑問、課題、興味に即した
 質問が出来るようでなければ、そもそもそこまでの理解しか出来ていない銘柄と認識すべきで、
 そしてその回答に満足がいくものであって、
 初めて投資対象としてよいという位に考えています。
 
 きちんと質問出来ることが、本質的な理解への第一歩だと考えています。
 ですから、質問が出来ないことは、
 そもそも理解することのスタートラインにも立てておらず、
 まずは理解をしようとしている対象についてよく学び、考える必要があります。

 主に以下のようなセミナーに足を運んでみる予定ですが、
 いずれもこのことを肝に命じて、自分を律していきたいと思います。

 なお、今日は有給休暇のため、これからSBI主催の日本管理センターのIR説明会に参加予定です。
 昨日から2連続で記事にしている通り、最近値動き、材料共に多くなっており、
 ホットな銘柄ですので、気を引き締めていきたいと思います。

 ・日経IRフェア
 ・モーニングスター社主催IRセミナー
 ・読売ブリッジサロン
コメント
この記事へのコメント
私も先ほど新宿で行われた説明会に参加して来ました(1番目に質問したのが実は私です)
日本管理センターの説明会に出ると毎度この会社を持っていてよかったなと感じますが、今回も例外ではありませんでした。
木曜日と比べて参加者の年齢が若かったこともあって質問者のレベルも高かったのでとても有意義な会でした。
2014/08/26(火) 21:43 | URL | ぺんぎん #-[ 編集]
>ぺんぎんさん
こんにちは、ぺんぎんさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

私も昨日のIRセミナーに出席しました。
出席した所感は簡単になぐり書きの記事にしましたが、
初めてのライブでの武藤社長のプレゼンは非常に魅力的なものでした。

東証1部指定ということも手伝っていたのか、
動画で見るよりも一層力が漲っているようにも思いました。

質問についても、私が質問しようと思っていたことを、
矢継ぎ早に質問されており、やはり同じところを気に留めているのだな、と
なぜか嬉しく感じたりしていました。
確かに質問の質も高いように感じました。
いつものように(?)、
優待出せとかお土産くれというようなものがなかったですからね(笑)。

ですから、私は優先度を低くしていた質問をしましたが、
それはそれで私としては得るものがありました。
(離職率やふるさぽについて質問していたのが私です)

このような形で実際にブログを通して交流させて頂いている方と、
同じ会場で同じ企業の説明を受けて魅力について共感していけるというのは、
非常に面白い経験で、その点でもよい経験をさせて頂いております。

今後も、お時間が許す限り、コメントを頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします。
2014/08/27(水) 18:13 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/249-9745b859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り