十分な教育資金と老後資金のために
 週末の保有株の状況を整理しておきます。
 明日は暴落でしょうから、特に明日の暴落局面でどうするのか、
 結論を中心にメモをしておこうと思います。
 一旦ポジションを解消しておく方がよいかもしれませんが、
 昨年のGWのような長い調整にはならないのではないかと思っています。
 というわけで、基本的には買い増しを検討したいと思います。

◆2173 博展 691
前期の実績EPSは64なので、実績PERは10.8倍。
次期EPSを85として考えると、予想PERは8.1倍。
PER10倍割れは、当社の成長性などを考慮すると割安と考えます。
明日実績PERベースで10倍割れ水準である640円付近まで調整が入れば、
買い増しを考えたいと思います。
仮に次期EPSが80を切るような発表があれば、損切りを実行したいと思います。
なお、17.3期ではEPS117、PER17.5倍想定で2000円を目指せればと考えてます。

◆2374 セントケアホールディング 1427
前期の実績EPSは102なので、実績PERは14倍。
今期の予想EPSは125として考えると、予想PERは11.4倍。
次期の予想EPSは142として考えると、予想PERは10.5倍。
25日線が1360円付近。
25日線がうまくサポートしてくれればよいのですが、
ここがサポートとして機能するようであれば中長期での買い場のように思います。
ということで、明日の寄り付き後しばらく状況を見て、
1365円付近で買い増しを行いたいと思います。

◆2384 SBSホールディング 1680
前期の実績EPSは132なので12.7倍。
今期の予想EPSは84.5として考えると、予想PERは19.9倍。
次期の予想EPSは150として考えると、予想PERは11.2倍。
ただ、今期EPSはブランド統一などの一時的要因もあり低下しているが、
需要減や競争激化の影響もあるようで、次期は読みづらいです。
四季報では186、クイックコンセンサスでは130(但し1社)なので、結構ばらつきがあります。
ただ、クイックコンセンサスでは、更に翌期ではEPSも156まで伸びているので、
まぁ150位までは考えてもよいかもしれないとざっくり考えました。
ただ、既にPF内の比率も当社は多いため、あまり買い増しは考えていませんが、
次期のPERで10倍程度の1500円では買い増しを検討してもよいかもしれません。
明日はボラティリティが高まるでしょうから、一旦様子見したいと思います。
週の途中で相場が落ち着きを取り戻した時に1500円付近での調整ところがあれば、
改めて買い増し検討したいと思います。

◆3276 日本管理センター 1045
前期の実績EPSは55.8なので18.7倍。
今期の予想EPSは80として考えると、予想PERは13.1倍。
次期の予想EPSは100として考えると、予想PERは9.9倍。
チャートはようやく25日線を上離れしたと思ったら、
週後半の相場悪化で再び割り込んでしまいました。
チャートから言えばとても買える感じではないかもしれませんが、
安定して収益は伸びていますし、
今後も当面は安定して収益は向上していくと踏んでいます。
というわけで次期のPER10倍水準は買いということで、
1000円割れでは買いたいと思います。

◆3660 アイスタイル 564
前期の実績EPSは32なので17.6倍。
今期の予想EPSは17.5として考えると、予想PERは32.2倍。
次期の予想EPSは24として考えると、予想PERは23.5倍。
まず前提として、当銘柄は大幅に含み損を抱えています。
ただ事業については期待も大きいと考えています。
特に化粧品分野で口コミといったビックデータを持っているのは、
今後の事業展開や競争優位性といった意味で大変大きいと思います。
ただ、改めてPERをはじめとした指標でみると、
とても買い増せるものではありません。
既に損切りも出来ずに塩漬け状態ということで、
このまま耐え忍ぶ日々が続くと思います。
強いていれば、優待を妻にプレゼント出来ることくらいでしょうか(笑)
いずれにせよ、今週の暴落局面でも取引はしません。

◆4750 ダイサン 898
前期の実績EPSは60なので15.0倍。
今期の予想EPSは105として考えると、予想PERは8.6倍。
次期の予想EPSは110として考えると、予想PERは8.2倍。
PER8倍は割安には思いますが、過去にもこの程度までしか買われていないようです。
協業のSRGタカミヤでは15倍くらいまでは評価されてもよいように思いますが、
改めてIRを見比べると、住宅中心のダイサンに対し、
SRGタカミヤでは施設やインフラ構築にまで浸透しているようですし、
オリンピック需要など息が長い所が評価されている可能性があります。

いえ、諸々加味したとしても8倍割れは売られ過ぎでしょうから、
800円代前半では買い増しを検討したいと思います。
ちょうど25日線や13週線もこの付近ですし、ここがサポートして機能すればよいと思います。

◆6059 ウチヤマホールディング 656
今期の予想EPSは94として考えると、予想PERは7.0倍。
次期の予想EPSは88として考えると、予想PERは7.5倍。
割安であることに変わりはありませんが、
相場が弱くなると急落も想定しておかないとなりません。
損切りルールの適用をすると概ね600割れで損切りとなります。
もったい気持ちもありますが、きちんとロスカットを行いたいと思います。
なお、新規の購入は検討しません。

◆7879 ノダ 635
今期の予想EPSは113として考えると、予想PERは5.6倍。
次期の予想EPSは120として考えると、予想PERは5.3倍。
割安ですが、一方で万年低PERです。
今後、高齢者住宅や施設の増加に伴い、
競争力が高いと思われるッション材を始めとした商品が、
今後も成長するだろうと思っていますが、その成長力は私の想像より緩やかのようです。
というわけでは、買い増しは行いません。一方で含み益も少ないため、放置でいきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/24-355c8efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り