十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

 成売で損切りをするのは、勇気がいることです。

  これまで私は成行での取引は経験はほとんどありませんが、
 最近、少しずつ活用(?)するようにしています。 
 本日は、6059ウチヤマHDを昨日の決算を受けて、
 成行で全て損切りしています。
 結果的に10%程度の損切りとなりましたが、
 一時は10%近い含み益もあったため、
 (たった10%!?という突っ込みはなしでお願いします(笑))
 こういった時に成行売りを出すことは
 私にとっては大変勇気のいることです。 

 今回のようにネガティブな決算が出た場合に、
 よくあるのが寄付が底値圏で一旦買い戻しが入る場合が多い印象です。
 ですから、こういった時に処分のタイミングとして
 少し様子を見てから処分をしようとする方もおられますし、
 私もこれまではそのように行動していました。 

 しかしそうすると今度は、少しでも戻るかもという欲にかられて、
 なかなか躊躇してしまうものです。
 そしてこのような非建設的な欲に縛られて躊躇している時のストレスは、
 相当に大きなものになります。
 自分としては撤退の気持ちが決まっている、
 つまりその銘柄への期待度が下がった状態で、
 少しでも戻るかもというのは実に後ろ向きなスタンスなわけです。
 それでもやはり寄付処分後の値動きは気になってしまうわけですが・・・。

  実際今回も私は寄り付きで処分していますが、
 その後、株価は値を戻しています。
 今回も損得勘定の結果論としてみれば、寄付の成売ではなく、
 少し様子をみるべきだったかもしれません。
 しかし、朝一番でちょっとした勇気を持って注文を出してしまえば、
 あとはなるがまま処分されていきます。
 初値がついて、その後どのように板が動いていって
 というようなストレスを仕事中に抱えることなく済むのは
 それはそれでメリットかもしれません。 

 そして本当に重要なのは、この時の悔しさを次に活かすことです。
 その授業料と思ってこの損失を素直に受け入れて
 何がよくなかったのかをきちんと振り返っておきたいと思います。 

 ただ、振り返る際に難しいのは、銘柄毎に特性も異なりますし、
 今回の反省が必ずしも個々の次の取引に活かせるとは
 限らないと思われる点です。

 例えば、今回、主力事業以外の多角化している場合に、
 きちんと主力部分への注力さがうかがえるかを
 確認する必要があるだろうという当たり前のことを反省材料とした場合、
 では多角化していることが悪と決めつけるのも稚拙なわけです。

 きちんとシナジーが出るようなものであれば、
 むしろ多角化しているメリットだって出てきます。
 これをメリットと捉えるのか、ネガティブリスクと捉えるのか、
 今回のウチヤマHDの場合は私にとってはネガティブとなったわけですが、
 結局は個々の事情で判断も変わってきます。
 こういった時に今回の反省を活かすといっても、
 なかなか一筋縄ではいかないな、というのが率直な思いです。  

 日々の取り組みで反省をすることは、
 自分の投資スキル向上のためには、
 絶対になくてはならないスタンスだと強く認識する一方で、
 では、それを汎用的に次に活かすための方法論については
 非常に悩ましいなとも思います。 
 当面は汎用的に活かせる姿を模索しつつも、
 まずは足元でひとつひとつの取引に対して、
 愚直に反省事項を並べて、
 自分なりのナレッジを蓄えていくことしかないのかもしれません。
 それが蓄積され、いつかトレンドが見えてきたところで
 体系化して整理すると、
 共通的な課題が浮き彫りになって
 汎用的に活かせる要素が出てくるのかもしれません。

 最初から、汎用化を夢見て方法論に拘って、
 肝心の反省そのものをしないことが一番愚弄だと思いますので、
 まずは淡々と反省をしていくのだと思います。
コメント
この記事へのコメント
私も売ると決めたら成行売りか、凄く安い値で指値売りします。

売ると決めた時点で保有する価値がない
(正確には今日寄り付くであろう価格よりも自分の感じている価値が低い)
わけで、保有価値がないものを売り渋りする意味がないからです。

1日単位で見ると寄り底になるかもしれませんが、
数日経ってから急落というパターンも多いので
売ると決めたら欲張らずに断固売りが自分好みです。

1%や2%のロスを嫌がって、数日後の10%安を喰らうのは最悪です。
2014/08/12(火) 19:21 | URL | まりも #-[ 編集]
>まりもさん
こんばんは、コメントを頂きましてありがとうございます。

売ると決めた時点で保有する価値がない、とまで言い切れる程、
実は私はまだ自分に自信が持てないのですが、
しかし、未練がましくぎりぎりのラインで指値をしていた頃から比べると、
随分割り切りが出来るようになってきました。

仰るようにその日だけを見てしまうと残念な結果であっても、
その後の動きまでを含めて考えると、
とっとと確定させておいた方が、
気持ちを入れ替えて次にもいけますから、
決めたら素直に負けを認めるのがやはりよいのでしょうね。
2014/08/12(火) 23:19 | URL | まるのん #-[ 編集]
こんにちは。

ウチヤマHD売却されたんですね。

私も売るかどうか迷いましたが、引き続きホールドすることにしました。


損切りして負けを認めるといのは、やっぱり難しいですよね。

業績を細かく分析されており、その上で損切りされたの流石だなと感じました。


それから、まりもさんが仰っている「1%や2%のロスを嫌がって、数日後の10%安を喰らうのは最悪です。」。

これは明言ですね。自分に言い聞かせたい言葉です。

まるのんさんのブログはコメント欄も良質ですね。

引き続き更新を楽しみにしています。
2014/08/13(水) 08:31 | URL | ジャンボ #gsa4BnPs[ 編集]
>ジャンボさん
こんばんは、コメントを頂きましてありがとうございます。

色々考えて保有を継続していましたし、
含み益の頃もあったので、私として勇気の必要な決断でした。
しかし、前回の決算で私が期待していた介護事業での減速に加え、
主力外(と私は思っている)事業へ傾斜姿勢がみられる上に、
足元で不調が続いている点が決定打になりました。
介護事業では一過性というIRからのコメントを私なりに解釈して、
想定していたラインより大きく減速が確認されたので、
ルールに従い売却を実行しました。

引き続き、ホールドされる決断をされたのは、
それはそれでジャンボさんにとって正しい判断だと思います。
当社はそれでも指標面では割安水準であることは間違いないですし、
1部指定替えなどのカタリストも残されています。
フィディリティという機関も入っていますし、
株価がどのように推移するかなどわかりませんからね。
ご自身の保有理由が明確になっていれば、
それはその方にとって正しい判断だと思いますしね。

ジャンボさんやまりもさんなど、
コメント欄を通して最近読者の皆様と少しずつではありますが、
このように交流させて頂けること、何より私が大変嬉しく感じています。

記事の内容はなかなか目新しいことも書けませんし、
皆さんのためになるようなことなどほとんどないかもしれませんが、
せめて何かを感じるきっかけにはなってくれればいいなと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。
2014/08/13(水) 22:21 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/230-fb22c8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り