十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

 2384SBSHDから上方修正のIRが開示されました。
 お昼休みの時間でしたので、後場寄り付きで上方した後、
 引けにかけては値を消して・・・といういつもの展開でした。

 元々資産ポートフォリオ見直しに伴うビル売却を発表しており、
今回はその分での特別利益を積んだ修正となりました。

以前にIRにも照会しており、ようやく発表されたかといった感じです。

ですので、上方修正そのものは織り込み済でしたが、
今回は増税の反動減が限定的との文言もあり、
これにより、本業の儲けである営業利益も上方修正されています。
またビジネス自体も活況のようで、売上高も上方修正しています。

ガソリン高騰、人件費高騰と物流業界全般における懸念材料もあって、
その点、利益面で少々心配しておりましたが、
今のところ、問題なく推移していることが確認出来てよかったです。

今回は通期も修正していますが、
当然コスト増の懸念については言及がされており、
上期の修正に比べると比率的には控えめな修正に留まっています。
結果的にこの部分のコストコントロールと原油市況の状況によっては、
再度の修正があるかもという期待も残るものと感じました。

株価は一時的に高騰しましたが、結局通常の範囲内の上昇幅に留まりましたが、
長期で見れば、きっとよい方向になっていくと思います。


さて、今回の修正で今期のEPSは89.89となりました。
最新の予想は、当初の会社予想の64.19に対して82.0でしたので、
これを上回ってきたことになります。

当社は中期経営計画を掲げており、
2017年12月期に向けて年平均成長率を売上で14%、営業利益で20%を予想しています。
当期純利益がどの程度の成長性になるかは開示されていませんが、
15%~20%程度の成長は望めると考えます。

このため、適正なPERは15倍はあってもよいと考えます。
ただ、物流会社は全般的に市場評価が低く、
PER一桁が多いのも事実です。
この点をどこまで織り込むかということですが、
他にも運送業全般に景気の変動リスクも被りやすい点や、
競争激化で利益率が低い構造である上に、
当社は自己資本比率も低く財務面でも決して岩盤とはいえません。
この辺りから一定のリスクを考慮して、
適正PERは12倍~14倍と考えます。
すると、1080円~1260円が当面の目標株価になるでしょうか。

17年12月期では15%成長を続ければEPS165位となり、
同じくPER12倍~14倍で評価すると、
長期では1650円~2310円という青写真となります。

本日の高騰が誤差のような目標株価になりますが、
本日の修正を受けてざっくり考えるとこのような見立てになりました。


あとは特別利益とはいえ、これだけ利益を出しているので、
増配もあるかもしれませんね。
ただ、インド進出など投資も増えているようですし、
今回の特別利益もM&A費用に充当するようですから、
内部留保で然るべき投資に回して更なる成長を遂げて欲しいとの思いもあります。
増配は増配で嬉しいですが、複雑ですね。。。

久々に「業績予想の修正」を前向きに読むことが出来ました。
最近、このお題目を見ると、ろくなことがなかったので、
株価の反応は限定的だったものの、
それに勝る安堵感により、少しは救われた気分になりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/214-95fe5200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り