十分な教育資金と老後資金のために
 暴騰銘柄を保有していないこともあり、
 最近のパフォーマンスは冴えない状況が継続しています。

 暴騰銘柄どころか、最近では自信度が低い銘柄については、
 売却を行っており、トータルでは若干の損を出したことになります。

 こんな相場が堅調に推移する中で、
 その波に乗れないことは不満といえば不満なのですが、
 では私は暴騰銘柄を保有したいと思っているのでしょうか。

 暴騰銘柄を保有していた方がよいに決まっていると思うのですが、
 敢えて自問してみたいと思います。

 そもそも暴騰にもいくつか種類があると思います。

 よく見る暴騰している銘柄に一番ありがちなのは、
 いわゆる投機的な動きに起因するものです。
 特に材料が出たわけでもなく、
 いきなり火を噴いたようにストップ高まで上り詰める銘柄です。
 こういう銘柄は時にして連続ストップ高を演出して、
 数日で数倍という驚異のリターンを生み出します。
 こういった銘柄の例として、
 先日、ストップ高で連騰していき、
 倍々ゲームのように株価が暴騰したミクシィとかが挙げられます。
 既にファンダメンタルでは買えない水準だったところから、
 更にストップ高を演出していくわけですから、当然理屈では説明がつきません。

 当然、私はこのような銘柄にありついたことはありませんが、
 これはある意味必然なのかもしれません。
 なぜかというと、そんな理屈で説明がつかないような銘柄を、
 そもそも投資対象としていないためです。
 仮に保有していたとしても上昇局面ですぐに説明がつかなくなって、
 早々に売却をしてしまいますから、やはりその驚異のリターンを得る機会はないでしょう。
 またこのような説明がつかない銘柄は、
 結果論としてストップ高を演出することがある反面、
 一転してストップ安となる下振れリスクも存在するわけです。
 実際にミクシィも暴騰後、暴落という動きになりました。(今はまた持ち直しているのでしょうか)
 そのような上下限双方のリスクを自らの投資手法でヘッジしているということは、
 結局、投機的な暴騰銘柄を保有することは自ら望んでいないことになります。
 暴騰とはあくまで結果論なわけです。
 ですから、本日のストップ高銘柄の一覧を眺めて、投機的な動きによるものを
 羨ましく思うこと自体がナンセンスなのです。

 そのような銘柄を持っていたら、という「たられば」で物事を捉えても、
 百害あって一利なしと思いますので、
 こういう銘柄は全く世界の違うものと割り切っておく必要があると思います。


 さて、暴騰銘柄はなにも投機マネーによるものだけではありません。
 市場からの評価がなされていなかった銘柄が、
 何かしらのきっかけで陽の目を見るパターンです。
 こちらの暴騰の場合は、適正な水準への上昇を演じるケースもあり
 本質的な上昇になることもあると思います。
 このような銘柄はぜひとも保有しておきたいとは思いますが、
 一方で現実的にはなかなか難しいでしょう。
 というかそんな僅かな可能性にかけるよりもう少し汎用的に通用する
 投資手法を今は取っている認識です。
 つまり、ある程度成長性が望めることも周知の事実で、
 私のような素人でもそれが推し量れるくらいのわかりやすい銘柄です。
 その上で、そこそこの値ごろ感があって買えるものを保有しているつもりです。

 市場からの評価もされていなくて、
 成長シナリオへの自信度も相対的に低いけど、
 高騰を夢見て、買うぞ~となると割安度で下落側のリスクは一定程度はヘッジしたとしても、
 そもそも投機になってしまいます。

 一か八か高騰するからもしれない銘柄へ投資するより、
 ある程度緩やかながらも着実に成長していってくれそうな銘柄を中心に保有しているわけです。

 私がよほど、特定領域へ知見があって、
 誰もがまだ気が付いていないものを発掘できるかもしれないという淡い期待は、
 ろくに専門性も持っていないのに、期待だけする妄想でしかありません。
 私は地に足のついた「投資」をしていくことを目指していますので、
 現時点で私が持っている分析力で、
 そのような銘柄を発掘することだけに重きを置くこと自体は時期尚早なのです。

 当然、いつかはそのような分析力を高めるために、
 現時点からそのような分析力を養うために、
 個別銘柄に向き合う訓練は必要だと思い、実践しているつもりですが、
 あくまで訓練ですので、現時点で大事な資金を無鉄砲に振り向けるわけにもいきません。

 そういった意味で、やはり指を咥えて観ているしかないシーンは、
 今後もあると思いますが、その悔しい気持ちの蓄積が、
 自分の分析力や銘柄の見方を研ぎ澄ましていく上では欠かせない要素になると思います。

 なんだか、ダラダラ書いていてよくわからない記事になりましたが、
 暴騰銘柄を保有したいと思っているのかという???な自問に対しては、
 当然保有しているに越したことはないけども、
 現時点の自分自身の投資手法として、そのような銘柄にはありつけることは、
 まずないだろうということです。

 だったら、そういう銘柄の動きを見て気持ちを乱したり、
 そういう銘柄を保有していてパフォーマンスを上げられている方々と自分を比較するのは、
 精神衛生上もやめておきたいと思います。

 地に足の着いた投資のために、今後も自分の投資手法を確立していきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、こんにちは。

株式投資って、投資家自身が難しくしているだけで、
他人よりももっと高いリターンを上げてやろうと欲張らない限り、
そんなに難しいものではないと思うんですよね。
(もちろん、ある程度の勉強は必要でしょうが・・・)

難しいやり方を試みたり、分析が難しそうな銘柄を選ぶから、
株式投資が難しいものになってしまうのだと思います。

誰が見ても「その会社は成長するだろう」というような会社こそ、
大した分析力もない私のような投資家が持つべき銘柄ではないか、と思います。
もちろん、そんな銘柄でさえ期待を裏切ることはありますが、
そういう銘柄を何銘柄も見つけて分散していれば、
ポートフォリオ全体として見た時に成長しないなんて有り得ませんよね。

誰が見ても「ああ、そのやり方なら上手くいくだろう」と言える投資法を、
私も研鑽してゆきたいと思います。
2014/07/31(木) 12:01 | URL | ゆうゆー #-[ 編集]
〉ゆうゆーさん
こんばんは、いつもコメントを頂きまして、
ありがとうございます。

仰るように、より良いパフォーマンスを得ようと、
自分の見識が及ばない範疇にまで、
背伸びをして難しく考えてしまい、
逆に不自然な分析をして火傷をするというのが、
少なくても今の私には起こり得ています。

背伸びをせず、原点に立ち返って淡々とやれば、
出し抜くことはできなくても、
それなりの成果は得られそうですね。

まずはそういう基本を自分に定着させて、
それから徐々に応用も効かせていくという、
段取りも意識するようにしたいと思います。

なんとかパフォーマンスを上げようと、
気持ちばかり焦っても空回りするだけですからね。

受験勉強みたいですね。



2014/07/31(木) 18:46 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/212-ebc4a77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り