十分な教育資金と老後資金のために


 相場の動きを予想することは出来ないし、予想した所で意味もないと思います。
 結局相場がどう動くかなど、短期的には結果論に過ぎず、
 そういった相場のご機嫌に左右されることがないスタンスが必要だと認識しています。

 とはいえ、相場の動きはやはり気になるものです。
 その単なる憶測だけで、売買をすることは愚弄だと思いますから、
 その動きを気にしたところで、フラストレーションしか残らないかもしれません。
 それでも気になってしまうのが人情というものです。


 日経平均が15,500円台を回復したことで、
 相場は堅調だという報道が各所で見られるようになってきました。

 証券会社のWebサイトはもちろん、
 アナリストらも相場の堅調さをアピールする方が増えてきた印象です。

 YAHOOのトピックスにも株価回復の文字が躍り、
 WBSでもアナリストが個人買いも旺盛になってきており、
 売り物が減ってきたというコメントが放映されています。

 これまでの私の短い投資経験上、
 こういった楽観論が支配的になってくると、
 大きな調整が来ることが多いように思います。
 個人の買いが最後の上昇を演出するような気もします。

 そのうち、日経平均は年末にかけて18,000円台だとか
 20,000円大台だとか眉唾ものの予想が出始めてくると、いよいよ末期かもしれません。

 こういった憶測による株価を予想することそのこと自体には、
 冒頭に記載の通りあまり意味を成さないと考えていますが、
 そういった局面になった時の振る舞いはあらかじめ想定しておく必要があるとも思います。

 監視銘柄に対して、真に買いたい価格、買ってもよい価格というものを
 きちんと自分で算出しておくことで、衝動的な取引を防止することが出来ます。

 落ちるナイフは・・・とかも言われますが、
 自分があらかじめ冷静な環境で規定したルールを取り決めておけば、
 それが単に舞台から飛び降りるような危険な取引なのか、
 ロジカルな取引なのかはっきりします。

 買ってしまえば、飛び降りて買ったのも、ロジカルに考えて買ったのも一緒だよともいえますが、
 ロジカルに考えて買った場合、その後の値動きにも冷静に対処が出来ますし、
 その結果がどちらに転ぼうが、納得性という効果もあります。

 近く、そういった調整局面が来るかもしれない、という気持ちで
 警戒してPFを小手先でいじるのではなく、
 監視銘柄に対する対応スタンスをきちんとルール化しておき、
 冷静に対応できるようにしておきたいなと思います。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/210-c4b97e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り