十分な教育資金と老後資金のために
 昨日のIRにおいて、
 2384SBSHDがインド拠点の物流会社をM&Aを発表した。

 SBSHDの中計を改めて振り返ってみると、
 数値目標は以下のようになっている。

 SBSHD_中計
◆IR資料より抜粋

 M&Aは3年で売上で450億、営業利益で18億分ということになっている。


 一方で、今回M&Aの対象先の経営成績は以下のようになっている。
2384_MA先情報

 最新の数値だと、売上140億、営業利益5億となる。
 毎期毎にM&Aをしていきたいという意向のようで、
 ほぼ3分の1程度の規模のM&Aをやったという印象。

 経営成績の中身だが、
 売上が急拡大する一方で、利益面では何かしらの事情があって停滞していること位しか読み取れない。
 この利益の停滞が東アジア地域進出の本格化のための投資によるものということであれば、
 この売上の目覚まし伸びからも期待が大きい。

 SBSHDとしては今回の買収でオペレーション力を主にテコ入れし、
 既存インド子会社の運輸力とのシナジーを発揮すること、
 またこれまでに獲得してきた多くの優良顧客の開拓という時間を買ったものとなる。

 M&Aは失敗が多いというのが一般的であるが、
 今回のM&Aがよい方向のシナジーへ繋がり、
 翌期から本格寄与する際には当社自体の成長エンジンの一角を担ってくれるといいなと思う。

 ちなみにSBSHDの今期の営業利益予想は46億のため、
 今回の営業利益18億のM&Aはそれなりに大きな寄与度(40%程度か)になるため、
 動向に期待していきたい。


 また、M&Aによる調達費用は約77億円。
 
 総資産82億
 純資産47億
 純利益3億~5億

 私はM&Aのことは全くわからないが、決して安い買い物ではなく、
 相応にプレミアムを付けての高額な買い物のように思う。

 当社は既に負債もそれなりの規模なので、
 例えば増資などのリスクはないのかがちょっと気掛かり。


 最後にM&Aする会社のクライアント情報を見ると、
 日系企業もそれなりに多いようだ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/184-efad04f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り