十分な教育資金と老後資金のために

 エイジアが昨日のオプション追加リリースに続き、
 今日はWebアクセス分析ツールとの連携についてのリリースが発表された。

 今日の株価は、昨日のリリースを受けて相変わらず軟調に推移し(笑)、
 なんだかな、と思っていたところへの追加リリース。

 この動きそのものは主力商品の「WEBCAS e-mail」の競争力強化に資するものであり、
 好感しているが、立て続けのリリースにどうしたのかなとも思う。

 今期の当社の業績予想はレンジ開示であり、
 大型案件の受注可否によって大きくブレるということになっている。
 
 今期の大型案件は2件あるとのことで、
 その受注に向けて最初の山を登り始めたということなのか。
 より当社の魅力を訴求するためにこのように立て続けにリリースしているとも深読みも出来る。

 肝心の本日のリリース内容だが、
 詳細はリリース文の通りだが、
 WEB閲覧履歴などの顧客の行動情報までをもマーケティング履歴に使うというわけなので、
 有効に機能しそうだなという印象を持つ。

 Googleなどで検索履歴を元に広告が表示される仕組み(Adsence)にも似ているが、
 これを高速かつダイレクトに大量配信出来る当仕組みはマーケティングの現場で重宝されそうだ。

 ビッグデータ分野は、その話題性からビックデーターそのものがなんとなくもてはやされているものの、
 実際にそれをどこまで活用出来ているか、
 ビジネスとして考えるとまだまだ成長出来る分野でもあると認識しており、
 当社も地に足のついた具体的なソリューションを提供することで、その分野の開拓に尽力してもらいたいと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/183-e6bdab1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り