十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

 今週も仕事で遅くなるため、書き溜めた記事です。

 気まぐれで、後から当日のPFの状況を書き足すかもしれません。


 先週、株主総会に出席しました。
 複数の株主総会に出席したのは、
 今年が初めてでした。

 まず不思議なのは、質疑応答の時間に
 ほとんど質問が出ないことです。
 不思議というか驚きました。

 私なんかいくらでも聞きたいことがあって、
 むしろどうやって絞って聞けば、
 把握したいことを網羅出来るかで悩んでいます。

 さすがに三菱商事のように大企業になれば、
 参加人数も数百人は軽くいたでしょうし、
 挙手をする人も多数です。
 一方で私がPFで保有している中小型株なんて、
 せいぜい数十人ですので
 ある程度挙手をすれば質問することが出来ます。
 なのに、誰も手を挙げないんですよね。

 というわけで、色々私は質問したのですが、
 質問をすることは大変難しいですね。

 出来るだけ自分の「知りたい」という意図をもって、
 かつ、本音を聞き出せるような質問でないといけません。

 または質問することで何かしらの
 経営陣へのメッセージ性を込めるという要素も必要と思います。

 例えば、取締役の選任決議は多くの会社で議案になっていますが、
 我々個人株主であれば、余程のことがない限り、
 反対を投じることはないと思います。
 だって減点要素を見ようにも、取締役の実態がどこまで機能しているか、
 判断のしようがないですからね。

 となると、取締役選任に関する決議も、
 馴れ合いですべて再任者ということも多々あります。
 再任自体が悪いわけではありませんが、特に社外取締役などは、
 有益な助言があり・・・などの注釈があると、
 ついつい、具体的にどのような事業貢献があったのかなどを聞きたいわけです。
 こういう質問は恐らく経営陣は想定しておらず、
 シャンシャンで決議を取れると認識していると思います。

 ですので、きちんと選任フェーズから日々の取締役会でも、
 正常に機能していることを確認(牽制)するといったメッセージ性のある
 質問も有効なのではないでしょうか。


 あとは答えにくいものをどうやって聞くかですね。
 例えばマザーズ銘柄だと事業の成長と共に、
 会社の成長をどこまで大事に考えているか、
 上場指定替えも含めたスタンスを聞きたい時とかですかね。

 単刀直入に1部目指してます?って聞いても、
 ありきたいの答えしか返ってきませんよね。
 特に形式要件を満たすために予兆として、
 優待実施をすることがあるとも思い、
 回りくどく、優待検討は?株主構成の裾野を広げる考えとか、
 流動性を高めるための分割とか、
 色々なアプローチも必要かもしれません。

 そしてこれらの質問はまぁおまけです。
 やはり当社の成長性や安定性をきちんと確認しておきたいです。

 成長性については、ゆうゆーさんのブログで勉強させて頂きましたが、
 各観点での施策を質問したりします。

 わかりやすいエリア拡大による成長では、
 例えば現状の会員数の地域分布や手薄な地域の理由とストレッチ施策についての
 見解を聞いたりします。(シュッピンで質問しました)
 このほか、海外進出についても同じですね。

 新商品導入による成長では、
 今後の研究開発の見通しや方向性を質問して、
 その商品の有望さを推測したり、実際に発表後に詳細を整理したりでしょうか。

 こういったことを銘柄分析を少しでも深くして、
 より核心に迫った質問が出来るようになりたいものです。

 そのためには、まずは、自分がその企業の事業などについて、
 十分勉強しないとなりませんね。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/172-2e3a0675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り