十分な教育資金と老後資金のために
 私は現在住宅ローンの返済中で、
 実は株式投資に思うように資金を充てられずにいます。

 ローンを頑張って繰上返済していくのがよいか、
 資金を自分で運用しつつ全体のバランスを見ながら、
 ゆっくり返済していくかはいつも悩ましいところです。

 一般的には前者で資金返済を前倒しすることで、
 大きな元本に対する利子負担を減らすのが、
 取るべき対応だとは認識しています。

 しかし、実際には私は後者で、
 繰上返済にも充てられる、
 余剰資金を運用しているわけです。

 私はフラット35を利用しており、
 全期間固定金利ですので、
 変動金利と異なり金利変動のリスクはヘッジされています。
 単に利率そのもの以外にも、
 将来を予見できるという意味では
 安心感のような保険だとも考えています。

 会社の利子補填などもあって、
 実質的には1.0%の金利負担で全期間を考えればよく、
 そういった意味ではとても恵まれています。

 繰上返済をしないわけですから、
 少なくても年利でコンスタントに1.0%以上の
 運用利回りが必要ですし、
 将来に渡るキャッシュフローを元にして
 目標は高くということで、
 年利15%を目指しています。

 宣言した初日からほぼ半年が過ぎて、
 未だ7%前半というパフォーマンスですから、
 やはり並大抵のことではないと認識しています。

 まずは繰上返済に充てるより、
 きちんと自分で運用していてよかったと思える水準で、
 今後も頑張っていきたいものです。

 ローンがなければ、もう少し現預金の比率を下げて、
 こちらで公開している現金へ加算して、
 運用していきたいのですが、そういうわけにもいきません。

 まずは今ある範疇の中で育てていくしかありませんので、
 頑張りたいと思います。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/168-8316d04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り