十分な教育資金と老後資金のために

 最近仕事が急激に忙しくなり、
 こうやって週末に書き溜めていますが、
 つくづく中長期スタンスでよかったと思います。

 サラリーマンとの兼業投資家の場合、
 日常的に相場と向き合っている時間はありません。
 ただ時間がないながらも、
 出来るだけ状況モニタリングをするように心掛けています。
 アフターファイブに余裕があれば、
 保有株の状況、業界の動向チェック、
 他の新たな銘柄探し、監視銘柄の状況チェックなど
 やりたいことは沢山あるのです。
 仕事に余裕のあったこれまでは、
 それなりに時間も割けていたので、
 少なくてもやりたいのに
 出来ないというストレスは小さかったです。

 しかし、毎日終電で帰宅し、ヘロヘロになっていると、
 これらの作業をすることは難しいのも実情です。
 そうなると、なかなかやりたいことが出来ず、
 それがストレスにもなってしまうわけです。

 ただ、唯一の救いは、保有株について、
 最低限のIR情報にだけ目を光らせていれば、
 とりあえずは右往左往する必要性は低いです。
 基本放置していてもそこまで痛手にはなりません。
 
 こういった時に板の状況がついに気になってしまい、
 仕事も手につかないとか、
 ちょっと大きく値下がりしたら、不安で仕方ないとか、
 そういう状況に対して冷静でいられないのであれば、
 やはり兼業投資は難しいと思います。

 周りにももう不安で仕方がないなどが理由で
 投資をしていない人が多いのですが、
 こういった人は、単に投機的なギャンブルになっているのでしょう。
 確かに投機になってしまうと、
 仕事も手につかなくなってしまいそうですね。

 私もファンダメンタルの裏付けもなく、
 値動きのよさでバイオやゲーム関連などに手を出して、
 投機的な行動に出てしまうと、
 きっと同じ状況になってしまうと思います。

 ですから、ファンダメンタルを中長期展望で見通して、
 推敲に推敲を重ねて資金投入することで、
 投資をするまでに時間と手間はかかりますが、
 結果的に兼業投資家としてやっていくためには、
 避けられない手法だと考えています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/161-0adbf0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り