十分な教育資金と老後資金のために
 まるのんPFは、年初来で+0.8%、週間で+1.6%となりました。
 TOPIXは、年初来で-7.7%、週間で+1.7%となりました。

 今週は若干ですが反発しています。
 ただ、先々週までの下落が大きかったわりには、
 戻りが弱い印象で、今週もイマイチな1週間でした。

 この主要因については後述しますが、
 資金配分が一番多い2352エイジアが、
 戻りの局面にも関わらず比較的大きく下落しているためです。

 各指数の週間パフォーマンスは以下の通りです。

  日経平均・・・-10.2%(+1.0%)
  JASDAQ・・・-2.2%(+3.8%)
  東証2部・・・-1.7%(+2.8%)
  マザーズ・・・-19.0%(+7.7%)
  ※()内は先週末比

 今週は新興中小型株が強かったですね。
 マザーズに至っては驚異的な戻りです。
 これまでの下落も大きかったですから、反発力も凄まじいです。
 またマザーズ程ではないにしろ、
 JASDAQや東証2部と、私が好んでいる市場にも、
 順調に買戻しが入っているようです。

 こういう相場環境だったからこそ、
 なぜ私の保有銘柄には、きちんとした買いが入らないのか、
 不安にもなってきます。

 報道などを通して、相場では益々銘柄選定が進み、
 パフォーマンスに大きく差が出てきていると聞きます。
 昨年のアベノミクス相場のように何でも騰がるわけではなくなったと。

 こういう時に、きちんと先行して買いが入りそうな銘柄を、
 自分としてはきちんと論理的に結論付けて保有していますが、
 今週のように置いてけぼりを喰らうと、
 やはり心配にもなります。

 一方でそんな簡単には光はあててもらえない、
 中小型株をメインに投資するのであれば、
 じっと評価されるのを待つという姿勢が必要だとも思えます。

 きっと今は耐える時ということなのだということにしておきます。 


◆主要運用ベース
20140530_主要運用(資産推移)
20140530_主要資産(パフォーマンス)

※クリックすると画像が大きくなります。

 PFはなんとか各指数をアウトパフォームしてきていますが、
 東証2部やJASDAQのパフォーマンスとの差が、
 だいぶ縮まってきました。

 別に指数をアウトパフォームすることを
 目標にしているわけではありませんが、
 やはり私の主戦場である新興中小型株の指数は
 意識をしています。

 考えても仕方のないことですが、
 相場から評価されないのは何かしらの理由もあるかもしれません。
 保有株に対して色眼鏡をかけず、
 客観的に状況を振り返るようにしておきたいと思います。
 特に懸念がなければ、前述の通り、「耐え忍ぶ」だけです。

 


◆全運用資産ベース(参考)
20140530_全資産(資産推移)
20140530_全資産(パフォーマンス)

※クリックすると画像が大きくなります。
※全運用資産ベースでは、未投入の家族名義NISA資金が眠っており、参考値です。

 妻のNISA用資金を現金のまま放置しているにも関わらず、
 初めて主要運用ベースをアウトパフォームしてきました。
 確かにNISA保有銘柄や海外ETFの調子がよいため、
 好転しているとは思っていましたが、ここまでとは思っていませんでした。




◆保有株の状況
 マネックス証券では、日本株の個別銘柄を日常管理しているメイン口座です。
20140530_マネックス株式
 
 SBI証券では、インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座です。
20140530SBI株式


◆個別銘柄の状況
20140530_監視銘柄の状況

 まず、下落銘柄ですが、2352エイジアです。
 今週は取締役に対する新株予約権の新規導入を発表し、
 この発表翌日から4連続下落です。
 内容からみても、
 新株予約権の導入が直接的な材料にされたとは思えません。
 今日の出来高も少ないですし、板も薄いようですので、
 あまり気にする必要はないかもしれません。
 昨日決算説明会の資料が公開され、
 今日はその模様が動画公開されていますのでゆっくり視聴します。

 2374セントケアHDも下落しています。
 こちらは先週も下落しております。
 いずれも小幅な下落ですし、
 まぁそんなに気にする必要はないかなと思います。

 一方上昇銘柄ですが、3660アイスタイルは無視します(笑)
 4750ダイサンは翌週に14.4期通期決算発表を控えています。
 今期は業績絶好調のはずですが、翌期の悪化懸念から、
 大きく売られていましたが、そこから反発してきています。
 私も翌期の見通りはかなり保守的に出してくると考えており、
 決算を持ち越すかちょっと悩んでいます。
 今日の買いは、
 引け後に今期の上方修正でも期待したものかもしれません。
 実際には発表はなく、このまま想定範囲内の決算になるのでしょう。
 となると、益々決算で出尽くし感で売られるのが目に浮かぶようです。
 そうなるまえに・・・と思うわけです。
 前々から考えている本命銘柄の2445SRGタカミヤにいくか・・・
 いずれにしても今週の上昇は一過性のものになりそうな気配です。

 7743シードも上昇幅が比較的大きかったです。
 先週も週間で12.3%の上昇ですから、
 2週間で18%弱上昇していることになります。
 当銘柄は元々下落し過ぎと思っていたので、
 ようやく少し買戻しが入っているのかなと見ています。
 ただ、やはり出来高が低調で、私は追加で買い増せずにいます。




【参考】PF資産管理について
 PFの管理は全資産ベースと日常管理している主要運用ベースの2つで管理しています。

 全資産ベースとは、金、RETI、投信などの定額買付を含む資産で、
かつNISA用の現金(夫婦で200万分)を合算した運用成績です。
一方、主要運用ベースは、私が日常取引で売買している日本株の個別銘柄と
その運用向けの現金にフォーカスを当てた運用成績です。
今年の目標として、この主要運用ベースで年利回り15%を目標としています。
TOPIXなどの主要指標との比較の観点ももうひとつの目標に取り入れたいのですが、
まだ定められていません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/143-9be8edf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り