十分な教育資金と老後資金のために

 2014年1月第3週が終わりました。
 3週目とはいえ、立会は2週目となります。

 週末にPFの状況などを振り返っておきたいと思います。


<全体相場感>
 日経平均は今週で1.1%下落し、年初来では3.4%の下落となりました。
 やはり2013年の年末の相場で先物主導での高騰の反動が出ているように感じます。
 一方、東証2部やJASDAQは引き続き堅調でそれぞれ年初来で5.9%、4.8%の上昇です。
 NISAからの買い入れによる新興、中小型株への買い入れが本格化しているためと、
 解説されることが多いですが、私は半信半疑です。
 個人が買っているのは間違いない(※)ですが、NISAはその理由のひとつではないと思います。

 税制の変更による利益確定の買戻しが本格化していることや、
 ファンドが主体的に買わないような時価総額の低い小型株を中心に、
 個人の選定が進んで買われているなどの複合的なものだと思います。

 ※東証発表によると1月1週は海外は1593億の売り越しに対し、個人は3006億の買い越し。


<PFの状況>
 この1週間で、全資産(完全に寝かしている資産も含む)では、
 0.8%の上昇と引き続き控え目です。
 一方、実質的に日々の運用を行うマネックス証券の債券を除く
 株式+現金では1.9%の上昇となりました。
 年初来では、3.5%の上昇となり、東証2部やJASDAQには負けていますが、
 日経平均はもちろん、TOPIXをアウトパーフォームしているのでまずはよしとしたいです。

 ◆資産推移表(金額ベースの推移)
SnapCrab_NoName_2014-1-18_22-53-17_No-00.png

 
 目標である15%ライン(あくまで線形での近似線)を上回っています。
 まだ始まったばかりなのでなんともいえませんが、
 とりあえず目標ラインの上側にあるのは気分がいいものです。
 これから一本調子で行くことはありえないと思っています。
 ですが、この目標ラインに沿った動きであるかはこれからもきちんとモニターしたいです。


 ◆パフォーマンス推移表
 SnapCrab_NoName_2014-1-18_22-53-34_No-00.png


 各指標との比較では、絶好調の東証2部指数やJASDAQにはアンダーしていますが、
 それでも好調過ぎる状況と認識しています。
 これから来るであろう調整局面を常に念頭に置きながら、
 市場のパフォーマンスを意識してリスク管理したいです。

 ◆主な保有銘柄
  ・マネックス証券(日本株個別銘柄)
    SnapCrab_NoName_2014-1-19_0-19-33_No-00.png
  ・SBI証券(投資信託)
    SnapCrab_NoName_2014-1-19_0-20-8_No-00.png



<その他>
 今週は2405 フジコー を利益確定しました。
 本来の保有目的は、バイオマス事業の本格参入(エナリス社との協業)を皮切りに、
 事業化を達成されることで現在の時価総額が見直されるだろうとの思いからです。
 ただ、この達成前にストップ高2連騰ということと、
 その理由が都知事選という話題性先行であると思われたため、一旦様子見することにしたものです。
 本来の保有目的のシナリオは変わっていませんので、また近く買い戻す予定です。

 そして、売却後、案の定、大幅に下落して調整しましたので、
 これから買戻しの機会を探ろうと思っていましたが、金曜日の後場に高騰して
 再びストップ高になりました。

 出来れば600円台位まで選挙後にでも調整してくれればな、と思います。
 縁があるとよいのですが・・・。

 それから今週は新規銘柄の買付を検討しました。
 結局どれも買わなかった(買えなかった)のですが、
 翌週以降、また機会を伺っていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/14-12431967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り